メールより直接会って影響力を与える華僑の行動スピードの教え


あなたは何かどうしても
伝えたい用件があるとき、

どうやって伝えますか?

手紙、メール、電話?

今ならLINEという手もあります。

もちろん何を使っても
情報を伝えることはできます。

が、その伝わり方は変わります。

ここで、

メールより直接会って影響力を与える

のがビジネスにおける華僑の教えです。

Eメールというのは、人々の
やり取りの形を劇的に変えました。

昔になればなるほど、
通信手段は限られていましたので、

わざわざ会いに行くよりも、一瞬で
情報伝達できるメールは便利でした。

が、ここに来て、

情報テクノロジーの進化は、
パラダイムシフトを起こしています。

そして、

どんなビジネスでも
スポードが求められる時代ですが、

とりわけ時間の価値を重く見る華僑は

コミュニケーション手段も
徹底してスピード優先です。

「今話して、今決めたい」

ので、リアルタイム性の高い順、

相手とつながる確率が高い順で

直接会う

電話

チャット

メール

となります。

だから華僑ビジネスマンの教えでは

もちろん直接会い影響力を
与えるのが最優先ですが、

インターネットを使う場合は

メッセンジャーやスカイプなど
チャットがメインです。

相手がいつ読むか分からないメールは
華僑にとって一方通行のツールで

自分宛に送られたメールも
すぐに読みすぐ返信して然るべきとは
考えないので、

華僑相手に

「メールを送ったから大丈夫」

などとは思わない方が賢明です。

面子をつぶさない華僑の教え


日本のビジネスシーンでは、

「メールは相手の時間を束縛しない
から相手のために良い」

と考える向きもありますが、

それはすなわち相手次第という事。

相手の都合によっては

たかがアポイント日時の調整に
3日かかる事だってザラですから、

メールは確かに便利ですが、

スピード勝負には向かない
手段である事は確かです。

さらに華僑がメールをあまり
使わない理由はもう1つあり、

それは、

「やり取りの証拠を残さないため」

です。

日本では証拠を残す事を
推奨するのがノーマルですから、

証拠を残したくないのは華僑側の
事情だろうと勘ぐられそうですが、

真実は逆で、

相手の揚げ足を取らずに許すため
華僑の優しさの現れだそうです。

例えば、上司、師匠が

上司:
「これできる?」

部下:
「はい、できます。」

というやり取りをした場合

メールを使えば「できる」と
答えた事実は残ります。

それなのにもしできなかったら

部下の面子は潰れ、
師匠のもとを去るしかありません。

面子を重んじる華僑文化において、
これは一大事なのです。

相手が約束を果たせなかったときに

「良いよ、しょうがない」

と済ましてあげるためにも
メールを使わないのです。

独特の慣習ですが、やはりその
裏には合理的な理由もあります。

まぁ、もちろん。

証拠を残さなければならないなら
確実にメールを使うという事ですが。

今会って、今決める影響力


このように証拠を残さずに
お互いの面子を守ろうとするのが
華僑の教えなのですが、

一方では

「言った、言わない」

のトラブルが起こりうる
デメリットも想定しています。

その対策としても、

相手と直接あって話し

「今決める」事が重要になるのです。

後日に持ち越せば
お互いに記憶が曖昧になり、

もめる恐れがありますから。

これが行動スピードの秘訣です。

メールであれば、
画面しか見ていない訳ですから、

緊張感もなければ、
相手の表情も分かりません。

考える余裕を与えてしまいます。

だからこその直接対峙なのです。

日本人同士であれば、

「ちょっと考えさせてください」

とか、

「しっかり契約書を作りましょう」

といった流れで即日即決に
至らないケースが多いですが、

華僑の商談にそんな余地はありません。

人にとって決断はストレスですから、
放っておくほど長引きます。

つまり、

無駄な時間がかかるという事です。

一方で華僑成功者の場合、

その場で商談内容の
メモを取り見せ合いながら

「これで良いね」

と決定します。

ゴルフ場の売買など、

何億という大きなお金が動く商談でも
華僑はメモだけで決めてしまいます。

このメモにしても証拠を残すためや
後で見直すためのものではなく、

その場でお互いが確認するための
議事録なので、

その役目を果たした後は
捨ててしまってOKだそうです。

文章のやり取りよりも
直接会った方が五感で
お互いを理解できる。

便利に慣れきった現代人は
ここを忘れがちになっています。

直接会う方がチャンスとなる


メールや電話で時間をかけて
やり取りを重ねるよりも、

直接会うチャンスを作る方が
影響力を発揮し効率が良いのは
もっともです。

一見非合理に見えて、
実に合理的なやり方です。

これは部下や仲間との
やり取りだけでなく

対外的にももちろん使えます。

例えば、

セールスで対面のチャンスを逃さず

「今決める」ために、

見積書や契約書を後回しにして
メモのみで商談する手は
使えますし、

会社員のセールスでも
使える手法でしょう。

行動スピードの早い華僑は、

見積書を出せと言われる前に

「今、決めてもらえるなら
これだけのインセンティブが可能です。

後日ですと上司に相談しなければ
ならないので、この金額は出せません」

と言ってカタログに金額を書き
ひとまずサインをもらう

そして上司には

「この金額で契約しちゃいましたが
代わりにサインはもらってきました」

と言えば話しも通しやすいはずです。

順番は違えど、結果が出るのは
こちらの方というわけです。

ビジネスの成功要因は沢山ありますが、

チャンスを見出せば、
即、出かけ、直接会いに行く。

即決即断。

行動スピードの速さは大きな
メリットになるでしょう。

即決を促すタイミングでない
顧客に対して、

「今決めろ」と迫るのは
無意味ですが、

迷っているなら早く決めて
もらった方が顧客のためにもなります。

時間こそが最も貴重な資源です。

自分の時間も相手の時間も
無駄にしないために

気持ちよく即決してもらえるように
背中を押すのです。

これは相手の事を思う優しさ

であるのが華僑の教えなのです。

自分を優しいとアピールするのは
気恥ずかしいとすれば、

それも日本人特有の
メンタルブロックでしょう、

ビジネスの成功を願うなら
思い切って破壊しましょう。

決断は相手にとってもストレスなので
早くこちらが決めてあげる

この気持ちが、行動スピード重視の
現代社会の成功法則となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください