華僑が結果を出すためのコミットの法則、サボらない人の方法


人間は弱い動物です。

一度決めてもなかなか出来ない…

という事は良くあるのでは
ないでしょうか?

新年の決意をしてモチベーション
を上げたとしても、

結局続かないでサボってしまう…

「よしジョギングを続けるぞ!」

と思ったとしても

「まあ、今日はもう遅いし。。」

とそのままずるずるベッドに直行…

とか、私も何度も経験があります。

英会話をマスターしたければ…

勉強を続けるのが一番です。

ダイエットに成功したければ…

運動を続けさえすれば良いのです。

成功の真実はシンプルなものです。

仕事でも成功者や結果を出す人は、

コミット(決意)だけでなく、
その決意を続ける情熱があります。

結果を出すまでサボらないで
行動し続ける事が出来ます。

だからこそ成功するのです。

ここで結果を出すサボらない人は

実はその精神性や性格
優れているのではなく、

その方法に工夫があったりします。

ここで華僑成功者が実践する
コミットの法則を紹介しましょう。

結果を出せるサボらない人の方法


華僑の成功者の日常を見ると
本当に働き者です。

怠惰な人を見た事がありません。

そんな華僑の日頃の些細な習慣に
結果を出すための法則があります。

例えばその1つが、

「ちょっと喫茶店に」作戦です。

華僑の人たちは仕事に
ちょくちょく外出して

知り合いが営む喫茶店に行きます。

私はこれを単なる
気分転換をして仕事の効率を
あげるためだろうと考えていましたが、

それだけではありませんでした。

彼らが言うには

「会社には仕事があふれすぎている」
「家には情報があふれすぎている」

だから短時間で集中して
仕事を終わらせたい時は、

会社でも家でもない

「第三の場所」

つまり喫茶店に逃げるそうで

聞くほど納得です。

私も気分転換に、近所の
喫茶店やカフェに行きますが、

確かに気分転換にはなります。。

が、これで成功できるか甚だ疑問です。

しかしこれだけなら法則と言ってまで
紹介するには値しません。

そこには結果を出す工夫があるのです。

華僑のやるコミットの法則


私が感心したのが、

意思の力に頼らず仕事の
ノルマを達成するため、

店にいる第三者
(オーナー、スタッフ、お客)

コミットメント(公約)する

という考え方です。

人間は放っておけばサボってしまい
ついつい怠けてしまう動物です。

サラリーマンの不自由な生活に
嫌気がさし、独立し、フリーランス
の道に私は入った訳ですが、

独立して家で仕事をするようになれば
たっぷり仕事をする時間があるから、

「成功できるぞ」と
思い込んでいたのですが、

実際は…

全然仕事がはかどりませんでした。

会社にいた頃は、なんだかんだ
文句を良いながらも、

同僚や上司の目が気になり
仕事をするものです。

しかし、1人になれば自分を
律してくれる人はいません。

マンガを読んでもゲームをしても
誰にもとがめられません。

だから会社にいる頃より遥かに
自由な時間は増えたものの、

集中してする仕事の時間は
極端に少なくなってしまいました。

そこで考え方を変えねばならない、

華僑成功者のメンターの教えは
これに気づかせてくれるものでした。

1人だだらだらやっていても
結果は出せません。

そこで、

誰かに自分を監視してもらうのです。

知り合いの店に行けば、

挨拶代わりに軽い会話を交わします。

「いらっしゃい。おお、
今日はパソコン持参だね」

「チラシを作ろうと思ってね、
5時まで邪魔させてもらうよ」

このような会話が味噌なのです。

5時までにチラシを作るという
ノルマを店の人に言う事で

自分への強制力が働くのです。

第三者にコミットメントする事で

できなかった場合でも

「まあしょうがないか」

で済まされる適度な
強制力が生まれるのです。

これが怠惰に過ごす事を辞める
サボらない人の方法なのです。

人が見てると緊張感が生まれる


日本でもスターバックスなどで
仕事をする「ノマド」スタイルが
流行っていますが、

単にオフィス要らずというよりも

程よい衆人環視の緊張感によって
仕事が捗るメリットもあるでしょう。

現在、私はオフィスを構えていますが、

自分に締め切りを貸したい時は
なるべく外に出ようとします。

家で仕事をしていたときは

ついつい漫画を読んだり、無駄な
ネットワーフィンをしてしまいますが、

なぜか外だとそれをしません。

そして真面目に仕事ができます。

華僑流法則で言えば
知り合いの店がベストですが、

第三者と話しをする事ができる点では、

マニュアル対応を徹底する
チェーン店でも構わないでしょう。

サボリ癖のある人は
これをぜひ試して欲しいです。

重要なのは、同じ場所で時間を
共有する第三者とコミットする事、

自分の意志を口に出して
人に伝えることで

有言実行するべし」

と言う強制力が生まれるのですから

マニュアル通りの答えしか
返ってこなくても問題ないのです。

ただし、コミットメントによって
更なるメリットを得ようとするなら、

より活発なコミュニケーション
ができる「知り合いの店」を

1つ2つ確保しておくと
ベターでしょう。

サボらない人のポテンシャルを
引き出す方法なのです。

いつでも人脈を広げる法則


さらに華僑が知り合いの店に行く

更なるメリットが

「他の客」とつながる可能性です。

彼らの人脈を作る意識は
徹底しています。

同じ場所で時間を共有する
第三者は店の人だけではありません。

そこには他のお客もいる訳です。

とは言え、

たとえ顔見知りであっても
客同士では警戒心が解けず、

直接コミットするのは
なかなか難しいものです。

そこで間を取ってくれるのが店の人、

店の人は常連客の情報を
ある程度把握していますので、

以下のような会話から役立つ人を
紹介してくれるかもしれません。

あなた:
「今から企画書作るんだけど
パワーポイントが苦手でね。」

店主:
「そう、だったらあのお客さん
確かパソコン得意って言ってたよ、
声かけてみようか」

それがきっかけとなって客同士が
お互いの仕事について語り合い、

ジョイントやコラボにつながる
ケースもあるでしょう。

家に引きこもっていては
得る事の出来ない

「生産性」と「人脈」の2つを狙った、
したたかな方法と言えます。

ゼロとイチは大きく違う法則


喫茶店での些細な会話が
大成功のビジネスを生む…

そんなラッキーは滅多に
ないと思いますか?

確かに、

タイミングにもよりますが

毎度100%の確率で出会いに
恵まれる訳ではありません。

しかし、

「コミットするために時間を使う」

という動きを続けていれば

ある一定の確率で結果が付いてきます。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる

という法則を実践しているのです。

打たなければ当たる事はありません
から「打つ」行動に意味があるのです。

ゼロはいつまでもゼロですが、
イチなら百回やれば必ず当たります。

華僑は常にこうした原理、法則に
則して行動するのですが、

狙い通りの結果にこだわらないのも
華僑の成功法則なのです。

コミットによる強制力にしても

いつでも100%の効果を
発揮するとは限りません。

喫茶店に行ったけど
集中できなかった、

という日もあって当然です。

それでも行動していれば
一定の確率で上手く行く、

ですから一度ダメだったから
と言って否定せず、

また言い訳をしてはいけない
などとも思い込まず、

上手く行くまでやってみる
事が大切なのです。

サボらない人になるための方法を
ぜひ参考にして欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください