華僑がお金を節約する、大胆におごる意味や目的、メリットとは?


人の行動を見るとき、

一方的な見方では真実は見えません。

が、

その人のお金の使い方を見ると
かなりの部分までその人となりが
分かってきたりします。

そして凡人と成功者、資産家の
お金の使い方はまるで違います。

華僑のお金の使い方を見ると
トコトンまでお金を節約する所と、

大胆におごる所が極端です。

節約する場面だけを見れば
「あの人はケチだ」と思い、

おごる場面だけ見れば
「あの人は太っ腹」と思うでしょう。

しかしそのどちらも
極端に使い分ける華僑は、

特殊なお金の使い方に関する
哲学があるようです。

その判断基準や意味や目的とは
どういったものなのでしょうか?

華僑成功者の多くは自分の事に
ほとんどお金を使いません。

事務所の経費も1円単位で計算し、

お茶の1杯を淹れる電気代も
節約しようとしたり、

100均で買う5本入りボールペンも
最後まで大切に使います。

一方で、

仲間に回すお金はケチらず
食事をおごる金額も桁違いです。

こうしたお金の基準というのは
一般的な日本人から見れば謎です。

この辺りの意味やメリットを
詳しく見ていきましょう。

迷ったときの判断基準


お金の判断基準がなければ、
ついつい迷ってしまいます。

やるべきか、やらないべきか、
買うべきか、買わざるべきか、

など買い物やお金を使うときに
迷いはつきものですが、

私もついつい何か買うときに
どうすべきか迷ってしまい、

「じっくり検討しようか」
「値下がりするまで待とうか」

と時間をかけてしまうのですが、

ここで華僑のシンプルな
判断基準は大変参考になります。

・ビジネスがらみで迷ったら絶対に買え
・嗜好品は1回でも迷ったら絶対買うな

つまり、

「オフィスの椅子が
ぐらついて仕事が捗らない、、」

どうしようかと迷うときは、
節約せずに買いなさいという意味で、

「あのブランドものを買おうか?」

と迷ってしまったなら
時間もお金ももったいないから
買わずに節約しろという意味です。

(嗜好品でも絶対に欲しいなら
「買え」という事ですが、、、)

私の行動パターンはこれが逆でした。

仕事に必要なものであっても、

「ちょっと高いし我慢しよう…」

とお金を出すのを渋る一方で、

ショッピングセンターで
見かけたオシャレな服を見ると

「これは高いけど自分へのご褒美♪」

などと言って買っていました。

そして貧乏なままでした。

この華僑の教えに従い、考え方を
少しずつ逆転するようになりました。

意味のある買い物、ない買い物


そして少しずつ資産を築く意味が
理解できるようになりました。

例えば、

最近の私はパソコンを頻繁に
買い替えるようにしました。

今の私にとって仕事で
パソコンは欠かせません。

起動にかかる1秒でも
ソフトウェアの便利さ1mmでも、

積み重ねれば大きな差になります。

仕事の効率がそれだけ上がるので、

古いパソコンではなく最新の
パソコンがビジネスには必要です。

そうした場合は「迷わず買え」です。

一方で、

もう何十年も冬場のコートは
同じものを着ています。

最新の流行ファッションに
目移りする事もありますが、

まだ着れるコートを何着も持っていても
私のビジネスに何の影響もありません。

ただ私が嬉しいだけです。

それだけのためにお金を使うのは
もったいないと考えているので、

「嗜好品は迷ったら買うな」なのです。

お金を使う事は目的によって
「投資」にも「消費」にもなります。

節約ができなければ
貯蓄は絶対にできないですし、

投資にまでお金が回りません。

そうなれば将来の成功の
道が閉ざされてしまいます。

ただ節約がどんな場面でも
大切な訳ではありません。

自分の仕事に役に立つなら
積極的にお金を使うべきです。

それ以外は無駄使いはしない方が
メリットが大きいです。

華僑が大胆におごる意味とは?


ここで、

何よりも人とのコミュニケーションを
重視する華僑は

毎日のように仲間と夕食を共にします。

誰かがホストとなって
自宅に招く事もありますが

初対面やまだ仲が深くない相手なら
知り合いの店で外食が基本です。

ここで注目すべきなのは
食事が終わった後の会計時です。

十中八九おごり合戦が始まります。

華僑が5人いれば5人全員が

「俺が出す、出す」と言い合い、

ようやく誰かが支払うと決まっても

「もう1軒行こう、次は自分が出す」

というおごり合戦が飛び交うのです。

日本人の場合、

同僚との食事や飲み会なら
割り勘がスタンダードですが、

華僑には割り勘の習慣はなく、
必ず誰か1人が全員分を払います。

ここに節約という概念はありません。

しかし…

ここまでしてなぜおごるのか?

その意味は単純で、

誰かがおごれば次につながる、
おごり合戦でスキンシップも生まれる。

親しくなりたい相手との距離を
自然に詰める事ができるから

こうした目的、メリットの為に
華僑はおごり合うのです。

彼らにとっておごる事は
投資でもあるのです。

他人へおごる事は節約しない


大胆におごる事にも
メリット、デメリットがあり、

厳しく節約する事にも
メリット、デメリットがあります。

だから大切なのはメリットを見極め

上手く使い分けられるように
「よく考える」事なのです。

日本人の普通の感覚では、

他人におごるのは出ししぶり節約し、
自分にお金を使ってしまいがちです。

これは華僑は逆の考えを持っています。

経済的合理性から考えれば
華僑の考えに軍配が上がるでしょう。

なぜなら「消費」と「投資」が
しっかりと区別されているからです。

また日本では食事に誘った方が
支払うのが礼儀とされていますが、

華僑は子供の頃から、

「おごってもらうな!おごれ!」

と投資思考を叩き込まれているので
我先に財布を出す癖がついています。

とは言え、もちろん

おごり合うのもレベルが同程度の
相手やグループの場合です。

圧倒的に自分よりお金持ちなど
レベルの高い人を相手におごる
回数を競うのは無謀です。

「勉強させてもらったので
自分が出します」

と感謝の意で財布を出すのが
精一杯でしょう。

そこで使えるテクニックが
タバコやフリスクです。

いつもカバンに普通のタバコと
メンソールのタバコを用意して、

或はフリスクを用意して
人にあげるために持っておきます。

食事中に相手がタバコをきらせば

「これ吸ってください」と
差し出すととても喜ばれます。

最近では喫煙者が少ないので食後に
フリスクを差し出すようにしています。

これは色々な人に応用が利くテクニック
ですのでぜひ参考にしてください。

特に華僑は自分のためにお金を節約し
他人に対しては大胆におごります。

その意味を良く考え賢くお金を
使っていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください