ユダヤ人の教育方法の秘密、教育熱心さの源泉や伝統とは?


神から与えられた命を
大切にするユダヤ人、

どんな逆境でも生き延びる
サバイバルを重視します。

一方で、

命は当然永遠ではありません。

寿命で尽きる場合もあれば、
病気や事故で失う事もあります。

だからこそ、

知恵を次の世代に託すのです。

そして5000年もの間、

ユダヤの教えを受け継いできました。

そんなユダヤ人の教育方法の
秘密、教育熱心さの源泉は

一体どこからくるのでしょう?

ユダヤ人の優秀さの秘密の1つが
「教育」にあるでしょう。

もちろん日本人も教育を重視し、
教育熱心な民族ですが、

ユダヤ人は子供の頃からの
育てられ方が、

日本人とは大きく異なるようです。

彼らはどんな教育を
受けているのでしょうか。

今回は彼らの教育の秘密に
迫ってみたいと思います。

彼らの教育方法の源泉や伝統とは?


ユダヤ教では自分の人生
だけを考えてはいません。

自分の子供や孫の事も
判断に含めて物事を考えます。

その際に最も重要になるのが、

「教育」なのです。

ヘブライ聖書の記述にもこうあります。

「努めてこれをあなたらの子に教え、

あなたが家に座している時も、
道を歩く時も、寝る時も、起きる時も、
これについて語らなければならない」
(申命記6章7節)

ここで「これ」はユダヤ教を指します。

ユダヤ教は教える事が使命、
つまり教育を伝統にしているのです。

教育というのは神の掟なのです。

だから全身全霊をかけて取り組みます。

世界で一番始めに義務教育を行った
のもユダヤ人です。

紀元前からラビを先生にして
勉強する事が伝統でした。

紀元2世紀頃にできたタルムードでは

「ユダヤ人が150人いる所には、
1人の教師がいなければならない」

と書いています。

教育熱心なユダヤ人


前に紹介したように
タルムード自体に直接的に
成功の秘訣がないにせよ、

イスラエルでは学校でも
タルムードを学び、

それについての意見を述べ合います。

タルムードの記述を巡って

子供のころから

「疑問を持つ事」
「質問をする事」
「議論をする事」
「革新する事」

の訓練を日常的にされています。

彼らは記述されている事について、
多いに話し合います。

誰かと違う意見を言う事に
何の支障もありません。

相手が教師や先輩であっても、

です。

これは自然と成功のための教育が
できていることにつながります。

インプット主体の日本の教育と違い、
アウトプットを意識した教育です。

社会に出て結果を出す為には
アウトプット能力が必要です。

テストで良い点を取って
先生に褒められるだけでは、

知識は増えても知恵は増えません。

「知恵」

こそが人生を向上させてくれるのです。

人生を豊かにしてくれるのです。

だからこそ彼らは
非常に教育熱心になるのです。

そしてそれを実現する文化的な
伝統が彼らの日常にはあるのです。

日本人とユダヤ人教育方法の違い


その考え方は、日常の小さな事
にまで応用されているのです。

イスラエルにいるユダヤ人と
欧米にいるユダヤ人に、

本質的な差はないでしょうが、

イスラエル国籍のユダヤ人は

欧米などよりも、マナーに
それほど気を使う必要がないせいか

外国人から見ると
失礼な人が多いようです。

彼らは自由に話しかけてくるし、

思ったことを平気で言ったり、
批判をしたりするようで、

日本人の旅行者に

「そんな細い眼でちゃんと見えるの?」

と真顔で聞かれた人もいたそうです。

恐らくこれ差別的な意識ではなく、
単純な好奇心だったのでしょう。

彼らに悪意があるわけではなく、
意見や疑問に思ったことを
すぐに口にするのです。

日本での教育というのは

先生に教えられたことを守り
そのまま教科書を覚え理解し、
テストで良い点を取ること

と考えられていますが、

自分で疑問を持ち、考え、答えを出す、

社会で生活する為には
こういった習慣を持つ方が
圧倒的に成果は出せるでしょう。

ユダヤ人はそのための教育が
子供のころから自然と出来て
身についているようなのです。

対等に意見を言い合う習慣を持つ


「和を持って尊しとなす」

これが日本の教育方法の
根本のベースにあり、

日本人であれば、

言いたい事や聞きたい事があっても
ブレーキがかかってしまい、

無難な話しかしなかったりします。

ヨーロッパに住む友人のユダヤ人に

「日本人は天気の話か、
食べ物の話しかしない」

と言われたこともあります。

確かに、

当たり障りのない話題で
その場をしのぐということは、
私たちも思い当たる節があるでしょう。

ユダヤ人は意見をぶつけあることで
より良い結果を得られると考えるので、
対立を恐れません。

常に疑問を持ち、
権威にへりくだらない事は、

対立を恐れない態度から
生まれています。

ユダヤ人は上司、教師、医師、
弁護士、起業家、ラビなど

どんな身分の人に対しても
対等に自分の意見を言えるのです。

いわゆる社会的に「偉い人」に
対してもファーストネームで呼び、

堂々と意見を言います。

またユダヤ人の教師も、
ただ教えるだけではなく、

大きな責任があるとします。

特にメンターとしてのラビとなれば、

話し上手で聞き上手で、
ユーモアがあって、

生徒にただ教えるのではなく、

興味を持たせて才能を開花するよう
工夫していると言います。

教育方法が違えば行動が変わる


日本の教育事情を見ると

ゆとり教育や詰め込み教育など
本質がブレた議論を行っている
ようにも見えます。

もちろん何が良いか悪いかは
一概には言えません。

しかし教育方法が違えば
もちろん大人になったときに

考え方や行動に差が生まれます。

ユダヤ人の教育は

ビジネスや交渉において
有利な教育をしていると言えます。

欧米のビジネスパーソンたちも、

特に地位の高い人たちは、
イスラエル人の挑んでくるような、

ともすれば不躾な質問攻めに
最初は戸惑うようです。

一方でユダヤ人は、

自分よりも下の人の言う事も
謙虚に聞くのです。

ここは徹底しているそうです。

良く議論し相手の話をよく聞く

ここにユダヤ人の教育の
秘密の1つがあるようです。

教育の仕組みや伝統が重視され、

ユダヤ人は知恵を継承し、
何世代も前の記憶を残し続けています。

それが現在でも数多くの知的分野や
ノーベル賞、ビジネス界での成功に
繋がっているのは間違いないです。

これからこのサイトでは、彼らの
教育、学習テクニックについても
具体的に紹介していきますが、

人生を豊かにするために、

私たち日本人もとにかく、

ユダヤ人の教育熱心さは
見習うべきポイントでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください