短期間と長期間の勉強の違い、社会人の資格、試験勉強の弊害


前に紹介したグーグルの例のように

これから私たちが生きる社会は、

知識というのが貴重な財産である
という事実はまぎれもないことでしょう。

そのため、知識を獲得するための
勉強は以前にもまして重視されてきています。

平たく誤解を恐れず言えば、

「勉強すればするほどお金持ちになれる」

ということです。

もちろん突き詰めて考えれば

「お金」そのものを目指す社会
ではなくなるかもしれません。

しかし学べば学ぶほど「豊かになる」

そんな社会に移行していくのは
間違いないでしょう。

であれば、

学ぶスキルを身につける
勉強法をマスターするというのは、
非常に価値の高い事と言えます。

こういった知識を得る手段としての
勉強には大きく二つのタイプがあります。

短期間の勉強と長期間の勉強です。

一般に身近なのは、
短期の勉強の方でしょう。

受験勉強や資格の勉強は
短期間の勉強の典型です。

その特徴は試験の合格を
目的にした勉強です。

試験が終われば多くの場合、
勉強は終わり。。

そういう意味での勉強のスパンは
短いので短期の勉強ということです。

この短期の勉強の特徴は、

知識の獲得よりも合格を優先します。

そのために、場合によっては
妙なスキルを習得する必要があります。

短期間と長期間では行動も結果も変わる

長期的に考えることと
短期的に考えることでは

行動も結果もまったく違ってくるのです。

例えば、

ダイエットをしようと言うとき、

とにかく1週間など短期的に
痩せたいと思えば、

絶食をして、激しい運動をし
薬物を使ってまでやれば、

体重は落とせるかもしれません。

しかしその結果、大切な
健康を害してしまうことになります。

しかし長期間的に考えれば、

適切な運動野食事療法を使い
ストレスをコントロールすれば、

時間はかかるかもしれませんが、
健康的に体重を落とせるはずです。

お金儲けでも同じです。

とにかく今すぐ結果が欲しい、

短期間的思考で考えれば、

犯罪に手を出す、宝くじを買う…
と言った方法しかないかもしれませんが、

ご存知の通り、宝くじなど
一攫千金で大金を得た人はその後
不幸な人生を歩む傾向にあります。

長期的に考えれば、

しっかりビジネススキルを磨きながら
お客様に価値を与え感謝されながら
ビジネスを構築することができるでしょう。

短期間と長期間と言うフレームを変えると
思考も戦略も行動もがまるで違うものになります。

結果のみにとらわれてしまうと
大切なものを見失うのです。

勉強でもこれは同じです。

これは気をつけなければ、
社会人の資格、試験勉強などは
ときに弊害にもなりかねないのです。

これまで価値の高かった学歴なども

もちろんこれからもある一定の
評価であり続けるでしょう。

しかし、

結果だけが重視されるのではないのです。

そこにしっかりとした学力がなければ
肩書きは意味をなさなくなります。

社会人にとって短期間の勉強の弊害

例えば、

試験に合格するためには
試験に関する「傾向と対策」に
通じなければいけないということ、

つまり試験に通るための勉強の勉強
という側面があります。

しかし、こんなもの長けていた所で、
人間の成長に役立つとは思えません。

むしろ如才のない人間を作るだけでしょう。

それでも試験の通過が目的であれば、
「傾向と対策」に通じていた方が
明らかに有利なのです。

結果、ばかばかしいと思っても、

本筋とは離れた知識を
習得せざるを得なくなります。

例えば「囚人のジレンマ
という経済学用語があるけれど、

これは「受験生のジレンマ」と
呼べるものでしょう。

また重箱の隅をつつくような
試験問題に合わせて、

知識を獲得して
おかなければならないというのも、

短期の勉強の問題と言えるでしょう。

しかしこれもある意味
仕方ないことかもしれません。

「勉強法」と聞くといまだに
試験に合格するテクニックを
思い浮かべる人が多いでしょう。

しかしこれからの時代に大切な
勉強はそういったものとは違ってくるのです。

社会人の資格、試験勉強の弊害

例えば資格試験の場合、

試験する側からすると、
受験者が有資格者に必要な知識を
備えているかどうかは問題ですが、

試験の目的というのはそれだけではありません。

むしろ能力のある人は短期間、

逆の能力のない人には
長期間の勉強を強いるような
試験内容が好ましいです。

これにより試験する側は、

受験者が受験勉強にまじめに
取り組んできたかどうかを
検証できるからです。

よって、試験の内容は
重箱の隅をつつくようなものに
ならざるを得ません。

とはいえ、こういった問題点はありますが、

こうした試験突破を目的とする
短期の勉強が決して悪い訳ではありません。

これにより少なくとも
何らかの知識を獲得できるからです。

ここでは試験批判をしたい訳ではありません。

むしろ大きな問題は、
試験に合格したりして用が済むと、

せっかく仕入れた知識を
メンテナンスしなくなるという点です。

テスト前に一夜漬けで覚えた内容も
試験が終われば全て忘れる。。

そんな勉強は通用しなくなるのです。

短期記憶に入れて終わり…

これは知識が最も重要な
生産手段となる知識社会を
生んできていく上で好ましいことではありません。

長期記憶に入れ、その知識を
人生に活用できるようにする。

それがこれからの時代に必要な
学習テクニック、勉強法なのです。

そしてそのためのメソッドを
ドラッカーから学ぶことができます。

次回以降どうやって計画的に
長期間のプランで勉強を進めて行くか
なども紹介して行きますが、

勉強はただ闇雲にすれば良い訳でなく、

社会人にとって資格、試験勉強には
弊害があることも理解しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください