エニアグラムと性格パターンの限界と本質、魂の成長の目覚め

これまでエニアグラムの発展の
経緯を振り返ってきたわけですが、

エニアグラムの中核にある真理は、

「私たちは性格をはるかに超えた存在である」

という事です。

単なる性格判断をして占いのように
楽しむというものではないのです。

それぞれのタイプごとの特徴を見て

「確かに当たっている!」とか
「あの人はそういう性格だよね」

と確認して終了というものではないのです。

また、

「性格には長所と短所があるから
足りない部分は補って、強みを生かすよう
人生に円滑な人間関係のため活用しよう!」

というのも部分的なものです。

とても役に立つ考え方ですが、それは
性格心理学の本質的な目的ではないのです。

性格というのは、

誰もが持つ大きな可能性のうちの
馴染みのある限定された部分にすぎないのです。

エニアグラムはその深みに導く
地図のようなものであり、

性格タイプの特徴というのは
その入り口にしか過ぎません。

私たち一人一人は、

性格という限界を超え

「本質(エッセンス)」

と呼ばれるほとんど認知されていない、

大きな広がりとしての存在
(Being or Presence)

として生きる事を目指すのです。

スピリチュアル的な表現をするなら、

私たち一人一人が
聖なる輝きを個人レベルで表現する。

誰もがより高次の存在(神と呼んでも良い)
と繋がる経験をする可能性を持つもの

と言えるでしょう。

ただ、

私たちは日々の忙しい生活に埋れ、
この根本的真実を忘れてしまうのです。

「あなたはその性格(例えばタイプ1)
だからこういう行動をする」

ということではなく、

「あなたはその性格に逃げ込んでいるだけ」

とも言えるのです。

本来持っている自分の本質を忘れ、
眠ってしまっているようなものです。

性格で仮想の自分を繕いそれを
アイデンティティにしているだけ

なのです。

それを起こすきっかけとして、
エニアグラムや性格パターンを
活用するのです。

性格は可能性の制限なのです。

そして同時に性格はその可能性を
解放する鍵にもなるのです。

普段私たちは、

自分自身の無限の可能性を
気づかずに生きてしまっています。

普段私たちは自分自身が
神聖な存在であるとは感じられません。

他人に対してはもっと聖なるものの
現れとは感じられません。

日々ストレスを感じ、問題を抱え、
摩擦を感じ、なんとかもがこうとして
でも日々を過ごしてしまいます。

そして、

往往にして頑なになり、
皮肉を言ってしまい。

他人を敵視して、自己満足のために
利用するのです。

それが性格としてあくまで
パターンとして現れているのです。

これがもしかしたら、世界中の
さまざまな問題を生み出す要因
となっているかもしれません。

一人一人が自分の可能性、本質を解放し、
他人の持つ可能性や本質に触れたならば、

世界はよりよくなる場所になるはずです。

ところで私たちは特別な勉強をせずとも
性格とは何かをある程度知っています。

ただ、

こうした本質という考え方は
あまり馴染みのないものでしょう。

ここでいう本質というのは、

私たちの

「根本的存在」
「本質的自己」
「存在の基盤」

といったところでしょう。

宗教なら神と呼んだり、仏と呼んだり、
ワンネスのようなキャッチフレーズも
最近では目にすることもあります。

魂、スピリットという
言葉を使っても良いでしょう。

言葉として表すのはとても難しいことです。
が、何かしら感じて欲しいと思います。

本質というのが水そのものであれば、
私たち人間の魂は特定の湖や川のようなもの。

大きな存在としての水、
そして一生という大きな流れがあり、

そして性格というのはその水面に立つ波、
あるいは川の凍った氷の塊のようなものでしょう。

つまり、

性格(1つの波)があなたなのではなく、
あなたはもっと大きな存在(水)なのです。

一般的に、私たちは本質やその多くの
側面を体験することはありません。

現代社会はあくまで科学、物質、ルールに
縛られているわけですから、

そちらに合わせて人生を生きることが
あまりに当たり前になっているのです。

だからこそ、

私たちの意識も、性格に支配されることになります。

性格があるからこそ、
私たちは自分を守れるのです。

個性なしに今の現代社会を
逞しく生きるのは難しいですね。

でも、このテーマで伝えたい1つは、

性格を意識するにつれてそれはより透明になり、
自らの本質をより直接的に体験することができる

ということなのです。

エニアグラムを理解するればする程、

日常的に機能しながら聖なるものと繋がっている
ことへの気づきが増えていくことでしょう。

自らのうちにも、周囲にもある、

絶えず奇跡的に展開している
神聖な存在の一部であることに
気づくのです。

自分は本来スピリチュアルな存在である、

という深い真実を思い出せないのは
何故かを知ることにもエニアグラムは役に立ちます。

性格心理学というのは、

人生をどのように生きるのか。

地図のような役割を果たしてくれる。

これまでも何回か解説してきた概念です。

エニアグラムは、もちろん
自分を心理学的に、極めて具体的に
解説して、理解を深めてくれます、

どちらの方向に向けて自分は
取り組んでいけば良いかを教えてくれます。

でも。。

本来の自分とは何か?

それを語ってくれる概念はほとんどありません。

私はユングの性格論、エニアグラム、
この2つは単なる性格心理学を超えた
概念を教えてくれるものと感じています。

通常、

「自分とはどんな性格か」を
分類して、パターンを教えてくれるもの。

これが性格心理学です。

つまり、

性格=あなた

という視点の考え方です。

でも、ユングとエニアグラムは

性格がいかに本来の自分を制限してきたか、

を教えてくれます。

私たちを箱に閉じ込めるのでなく
(性格を分類する)

既に入っている箱について、
そしてそこからどうやって出れば良いか
について教えてくれるものです。

性格を知ることで
自分は性格に縛られていたか気づく、

これがこれから伝えたい
性格心理学の本質的な目的なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください