エニアグラムと図形の考え方の歴史と起源、ルーツを探る

私たちが過去を振り返るとき、

例えば歴史を勉強するときであれば、
普通は教科書を読むような

〇〇年代にどこの国で誰がいて、
こんな出来事があった!

というデータを覚えるような
やり方をしてしまいがちです。

しかし、

過去の人間の全てに
私たちと同じような心の機能があり、

日々の生活を営んでいたわけです。

そう考えると、データの背景にある
よりダイナミックな心の動きに
注目してみると、

色々と興味深い事でしょう。

人間が生まれてから
心は常に存在してきたのですが、

その心を扱う心理学という学問が
体系化されたのは比較的新しい歴史です。

では、

性格タイプの代表として
エニアグラムの名は知られていますが、

そのルーツはどこにあるのでしょうか?

…もちろんそれは1つの確固たる
説があるわけではありません。

でもそれは古くからの知恵の伝統と
現代の心理学がうまく融合し1つになった
ものとはいえるでしょう。

非常にシンプルなものですが、

原型から発展を続けてきた
深い歴史を感じる事ができます。

その起源について、

様々な書籍の中で推測されていますので
ここでもいくつか紹介していきましょう。

エニアグラムに熱心な人は、
歴史と発展の仕方について、

様々な「伝説」を見出しています。

しかし、その信憑性は
いかがなものか分かりません。

伝言ゲームのように
伝説というのは尾ひれがつき
真実を歪めてしまう事があります。

エニアグラムのシステム全体を
イスラムのスーフィの導師が
創ったという説がありますが、

しかしそれはどうも違うようです。

エニアグラムの歴史を理解するには、

シンボル(図形)と「9つの性格タイプ」
を区別する必要があります。

エニアグラムの図形そのものは、

約2500年以上前に
遡る古代のものであることは
確かようです。

古代史を少し学ぶと感じる事ですが、

通常私たちは過去に戻るにつれ
素朴で原始的な知恵を持っていると
想像しがちですが、

いわゆる先史時代の名残を見ると
現代よりはるかに進んだ知恵を
彼らが持っていた可能性も感じます。

もちろん、真実は分かりませんが、

古代の知恵をシンボルとして伝えている、

そういったケースは洋の東西問わず
各地で見られます。

エニアグラムのシンボルも、
恐らくそういったものの1つでしょう。

書物や教えは残りにくいですが、
シンボルは長い時間を経て
伝承する事ができます。

シンプルで抽象的なシンボルだからこそ、
その情報量は非常に豊富だったりするのです。

そして、性格タイプを
9つに分けるという心理学の
発達に至った考え方のルーツは、

少なくとも4世紀に遡れます。

プラトンやアリストテレスの時代から
人類は複雑な心の働きを体系化
しようと努力し続けました。

いわゆる心理学という学問体系が
形成され始めたのは、

18〜19世紀のことでしょう。

エニアグラム以外にも
様々な性格心理学、発展心理学の
モデルは存在します。

こうした学問は科学的手法により
さらに発展を遂げ、私たちの心の
理解は進んできたのです。

けれどもこの2つの知恵の流れが
一緒になり融合したのは、
ここ数十年の間なのです。

エニアグラムの図形の正確な起源は、

歴史上、不明になっています。

車輪や文字と同様に、それは
どこから来たのか分かっていません。

紀元前2500年ごろのバビロンを
起源とするものという説もありますが、
直接的な証拠は殆ど見つかっていません。

エニアグラムにつながる
抽象的概念の多くは、

幾何学的、数学的由来からして、

古代ギリシャの思想に
ルーツがあるのかもしれません。

図形の背後にある理論は、

ピタゴラス、プラトンや
一部の新プラトン学派哲学者の
考え方に見られるものです。

いずれにせよ、

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、

と言った3つの主要な宗教の
全てで見出す事ができる

神秘的哲学
(神秘学、グノーシス派など)

を見出した、西洋の伝統の一部に
エニアグラムの図形の元になった
事は確かな事でしょう。

そうした、紆余曲折を経て、

私たちが現在知るエニアグラムの
図形を世の中に表した人物が、

グルジェフでしょう。

彼について次回詳しく紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください