エニアグラムのデメリット、性格の思い込み、とらわれから自由に

自分がエニアグラムの中での
9つの性格タイプのどれに当てはまるか

特定することは人生に
大きなインパクトを与えます。

自分を知ることは大事なことです。

人生で初めて、
これまでの行き方や振る舞い方に
どのようなパターンや根拠があるかを
知ることができるでしょう。

とは言え、

使い方に注意も必要です。

あまりに当てはまるがゆえに、
エニアグラムを絶対視するのは
非常に危険なのです。

最初は楽しいでしょう。

しかしある時点から、

自分のタイプを知ることが、

セルフイメージ
(自分自身についての思い込んだ見方)
に取り込まれてしまい、

それ以上成長できなくなる
恐れもあるからです。

これはデメリットになります。

実際エニアグラムを学んだ人に
こんなパターンが見られることがあり、

それを言い訳に、開き直る人がいます。

「どうせ私は妄想的ですよ!
だってタイプ6なんだから!!」

…などと言ったり、

「私はタイプ7だって言っているでしょう。
だからずっと走り続けなきゃいけないの!」

などと言った具合に。。

問題行動を正当化に使ったり、

頑ななアイデンティティを守り
自分を変えようとしなすぎるのは、

エニアグラムの間違った使い方なのです。

人は変わらないパターンがあることを
エニアグラムは教えてくれます。

でも人は変わることもできます。

それに気づく事が大事なのです。

エニアグラムは本質的には、

私たちが性格という
「トランス状態(催眠状態)」
にいかに囚われているか、

また本質からいかに切り離されているかに
気づく助けとなってくれることで、

本当のアイデンティティの神秘を
深く覗き込むよう誘ってくれます。

これは実際には怖い事です。

自分の奥深くを知ることは
楽しいことだけではありません。

エニアグラムを最初、性格テスト的に
活用して遊んでいるのは楽しいです。

しかし、

そこから先へ進むには勇気が必要です。

多くの人はそこでやめてしまいます。

中途半端な理解で終わってしまう。。

これがエニアグラムの持つデメリットです。

でも真の活用法は、表面的理解の先にあります。

それは自分自身を深く知るためのものであり、

私たち自身、そして私たちの
世界における役割について、

より深い真実に至らせてくれます。

もしエニアグラムを、
単に良いセルフイメージに至るために使うなら、

私たちの本質を明らかにする
プロセスを止めてしまうでしょう。

自分のタイプを知ることは
重要な情報を与えてくれますが、

それははるかに大きな旅の出発点にすぎません。

つまり、

自分のタイプを知ることは
最終目的地ではないのです。

エニアグラムの真の狙いは

こうした「気づき」により、
性格の自動的反応を止めることです。

個性や性格は、本当の私たちの
アイデンティティではないのです。

性格の持つメカニズムを
明らかにすることによってのみ、
私たちは目覚める事ができます。

性格からくる自動的反応を
直視できればできるほど、

私たちはそれと一体化、同一化
する事が減り、より自由になるのです。

優れた分析ツールであるエニアグラムの
こうしたデメリットを踏まえた上で
適切な成長のため活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください