性格パターン、エニアグラムを学ぶ目的は「自分を知る事」

人間の心という広大な領域を
整理整頓し、理解を進めてくれるのが
心理学という学問の良さでは無いでしょうか。

これからこのサイトのこのテーマでは

「性格」というものに注目して
紹介をしていくつもりなのですが、

自分自身を良く理解し、
他人を理解すればするほど、
現代社会を豊かに生きることができる。

そのためのツールとして、

エニアグラムは特に有益と
個人的には考えています。

そんなエニアグラムは、

9つの基本的性格タイプと
それらの複雑な相互関係を
描いた幾何学的図形の事です。

エニアグラムという言葉は、
ギリシャ語に由来します。

「9」という意味のENNEA(エニア)
「図形」という意味のGRAMMOS(グラモス)

が結びついた言葉です。

つまり、

9つのポイントを持つ図形

という事になります。

性格パターンとして
現代のエニアグラムは有名ですが、

実際は様々な精神的、宗教的な
伝統がひとつになったものです。

その多くは人類普遍の知恵の凝縮であり、

キリスト教徒、仏教徒、イスラム教徒

などと深い関わりを持つものです。

中でも特にイスラム教徒のスーフィーと
ユダヤ教のカバラと縁が深いと言われ、

人類が何千年にもわたって積み上げた
永遠の哲学をシンプルなシンボルに
まとめあげたものです。

エニアグラムの中心にあるのは、

人間はこの世で肉体を持ちながら
不思議なことに創造主と同じ生命と精神を
体現している、スピリチュアルな存在
であるという人類普遍の理解です。

まさに神性を追求するほど
自分自身を深く知る事につながる訳です。

表面的な違いや見かけの元、

幻想のヴェールの背後に、
本質的には神聖なる光が一人一人の
中で輝いているのです。

けれども現代社会の環境や固定概念
など様々な力が、

その光を曇らせてしまうのです。

目に見えるものだけがこの世の全てではなく、
目に見えないところに深い世界がある。

エニアグラムはそれを浮き彫りにする
1つのツールとも言えるのでは無いでしょうか。

つまり、

エニアグラムというのは
ただの心理分析に終わらず、

そこに光を当てるものなのです。

それぞれのスピリチュアルな伝統は

いかに人間が神聖なものとの
つながりを失ってしまったか

を説明する神話や教義を
持っているは興味深いです。

古今東西の人間の心理が似ているように
世界中の神話が似たような物語を見せる、

そして今、私たちはエニアグラムを
通じて1つの真理を突き止めることができる

これからの人類にとって
非常に有益になることでしょう。

と、ここまでエニアグラムの
本質を説明しているのですが、

ある意味もう1つの
エニアグラムの長所の1つが、

こうしたスピリチュアルなあらゆる
教義から距離を置いているということです。

エニアグラムはいかなる宗教、信仰、
イデオロギーからも独立した存在です。

世界にはたくさんの信仰があり、
残念ながらその考えの違いのもと
争いも絶えない訳ですが、

例えどんな信仰を持っていても、

エニアグラムは自らを
スピリチュアルな存在として

根本的に同じであることを再発見
するようサポートできるものなのです。

例えば、

白人、黒人、黄人、
男、女、ゲイ、
カトリック、プロテスタント、
金持ち、貧乏人

といった違いを分かつ
表面的な違いではなく、

深いところで、全く新しいレベルの
共通した人間性を見いだすことが
できるのです。

だからこそ、

現代社会、そしてこれからの社会で
エニアグラムは極めて価値のあるもの
となるのです。

これはこれからますます加速する
情報化、グローバルな社会において
非常に重要なものとなります。

そしてその考えが、太古の昔から
東西の賢者の間で語られてきたことに
驚愕し感心するものです。

例えば、タイプ6であれば
他の全てのタイプ6と似ている。

そして、

同じタイプの人たちと同じ価値を
共有していることがわかるでしょう。

黒人のタイプ6は白人のタイプ6と
驚くほど似ているでしょう。

つまり、

過去の時代な愚かな偏見は消え、

新しいレベルの共通の基盤が浮かび、
昔ながらの無知や恐れが消えていく
鍵となるでしょう。

そうです。

エネアグラムは宗教ではないのです。

また個人の宗教的思考に
干渉することもないのです。

またスピリチュアルであるフリを
する必要すらないのです。

ただの心理ツールとして使っても
十分にその効果を発揮します。

が、学びを進めるうちに自然と
大きな存在や知恵を感じる
ことだと思います。

今はまだ性格タイプの1つとして
捉えることで十分だと思います。

ただ、

エニアグラムにはあらゆる
スピリチュアルの根本である

1つの要素に関わっている
ことは覚えておいてください。

それは、

自分を知る

ということです。

「自分を知る」ということがなければ、
私たちは心の旅をあまり遠くまで
進めることができません。

せっかくの成長や進化のチャンスを
逃してしまうことになります。

例えば、

旅番組を見て、実際旅をした気分になる

というようなことが起こりかねないのです。

エニアグラムの理論はよくできているため、
その理論を知っただけで「成長した」
と感じてしまいかねないのです。

その結果、自分を深く知ろうとする
ことから逃げてしまうのです。

悟りを開こうと修行を始め1年目、
瞑想をちょっとかじっただけで
自分は聖人の仲間入りをした気になる。。

こんな人は意外と多いです。

エニアグラムを知るだけでなく、
ワークをして、活用し続け、学び続ける、

何より人生をダイナミックに生きてください。

真に自分を知ることで
自己欺瞞から守られるのです。

自分をより深く見つめることで、
あなたはより大きな存在と出会えるはずです。

そしてエニアグラムはその体験の
意味を理解する助けになってくれるはずです。

1歩ずつ着実に進んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください