企業訪問における受付での対応法

企業訪問における受付での対応法
セールスのために企業訪問をしても、
はじめから担当者に会えるわけではありません。

まず受付などで取り次ぎを
頼む必要があります。

受付で話をする時は、
はじめから堂々と

担当者や決定権者に
会いたい旨を伝えます。

なお受付の係りの人は
商談相手ではないので、

用件を伝える必要はありません。

ぞんざいな対応にならないように
気をつけながら、

トークを展開していきます。

営業成功のためには

「物を売る」と言う事ではなく、
自分のことを相手に知ってもらうことが大切です。

営業マンは自分を売り込むのです。

信頼されるような態度で
企業訪問での営業を行います。

スポンサーリンク

企業訪問における受付での対応法

1.社名と氏名を名乗る

大きく口をあけて
明るくゆっくりあいさつしましょう。

「はじめまして」
「いつもお世話さまでございます」

など

2.面会を申し込む

「近くまで参りましたのでお伺いしました。
○○部の○○部長さまはいらっしゃいますか」

3.面接理由を尋ねられた時の対応

「近くまで参ったものですから、
○○さまのお顔を拝見したいと思いまして」

「突然の約束もなく伺いましたが、
○○社の佐藤太郎と申します。

名刺と資料だけでもお渡ししたいのですが、
よろしいでしょうか」

企業訪問の受付で断られた時の対応

「そうですか、本日お知らせする情報は、
他社でとても喜ばれているのですが、」

受付の人の判断で、
良い会い出を却下すれば

困るのは担当者の方ですよ
という意気込みで話します。

自信のある態度が、
相手の心を揺さぶります。

担当者に取り次いでもらっても、

はじめから面談室に
通してもらえるとは限りません。

立ち話程度の挨拶を
しているときに心をつかむ必要があります。

このときに

「お話を聞いて頂いてよろしいでしょうか」

などと要求しては、
お客様を警戒させてしまいます。

売り込む商品が、
お客様の役に立つものかどうかを
確認してから用件を切り出します。

「ノーニーズ・ノーセールス」が鉄則です。

初回訪問では、
インタビューしながら、

面談の必要性を
感じてもらうようにアプローチします。

企業訪問は面白い仕事

多くの会社で入社してすぐの新入社員が
営業マンとして

企業訪問や飛び込み営業をする
若者が4月5月になると増えてくるものです。

「度胸をつけるため」などと言う理由で
あまりノウハウも無く、

飛び込んでいきます。

当然、はじめての営業で
商談に結びつくようなことはほとんどなく

先方にきちんと話を聞いてもらえない
ことがほとんどかもしれません。

そこで仕事の厳しさ挫折感を味わい、
せっかく入社した会社を
辞めてしまう人もいるようです。

確かに、先輩や上司は企業訪問や
飛び込み営業はやっていない場合がほとんどで

非効率なものと言う気がするかも知れません。

しかし見方を変えると、

飛び込み営業ほどセールスの
実力がつく鍛錬は無いのです。

とくに企業訪問では

受付、担当者、多のビジネスマンなど
接する人乗り越える壁もあり

やりがいがあります。

成約だけにこだわらず
このサイトで紹介した秘訣を参考に、

ロールプレイングゲームの
レベル上げのように楽しんでみましょう。

将来必ず、これが力になりますし、
営業訪問でも成約をあげる事が可能になってきます。

特に新人、若者の営業マンほど
飛び込み営業に苦手意識を持たずに
積極的にチャレンジしてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>