飛び込み営業、セールスを成功させるコツ

飛び込み営業、セールスを成功させるコツ
飛び込み営業、セールスを
成功させるコツは、

数と量をこなす事、

どんな分野であれ
数と量をこなせば道は開けるものです。

セールス、営業の世界も
例外ではありません。

新米セールスマン時代、
私も1日100件を目標に
お客様を訪問したことがあります。

もちろんそれで売れるほど甘くなく、
結果の出ない日々が続きましたが、

黙々と上司に言われた通り、
飛び込み営業を続けました。

必ず成約を目指せば
心が折れるかもしれませんが、

みずからのノルマを課し、
100軒訪問すると言うのは、

肉体トレーニングのように
自分を鍛えると言う感覚で
楽しく続ける事が出来ます。

スポンサーリンク

飛び込み営業で成功を掴んだきっかけ

そんなある日、
質屋に飛び込み営業をしたときのこと、

「こんにちは、○○会社の吉野です」

といつものように元気よく訪問しました。

すると案の定、

「毎日、次から次に来る
セールスマンの話を聞いていたら仕事にならない」

と取り合ってもらえません。

他の営業仲間たちからも

「あの人は気難しい人だよ」

と聞いていました。

しかし私も若さゆえの
反骨精神があったのでしょう。

負けてたまるかと自分に言い聞かせ、

ご主人の眼を見ながら、
提供したい商品についてしっかりと
話し続けたのです。

すると御主人も

「こんなセールスマンは珍しい」

と興味が沸いたのでしょうが、

話を進めるうちに
かたくなに見たご主人も、

次第に耳を傾けてくれるのが分かりました。

相づちを打ちながら話に聞き入り、

その日の内に商品の
販売契約をして下さいました。

これが飛び込み営業で
初めて契約できた瞬間で、

さらにその後も、
お客様をたくさん紹介してもらいました。

そして私自身、これがきっかけで
自信を持つ事ができ、

その後のセールス、ビジネスにおける
飛躍のきっかけとする事が出来ました。

飛び込み営業の世界はフェアな世界

この経験以来、
訪問しやすい所と、
訪問すべきでない所は違う事が
肌で分かってきたのです。

やがて、自力で訪問先を開拓し続け、
自分のマーケットを作ることができました。

一つ一つ
当たり前のことを熱心に努力している
セールスマンは、

先行き大きなマーケットを
手に入れることができます。

飛び込み営業の成功のコツは、
数と量をこなすこと抜きに考えられません。

セールスの世界は公平です。

数をこなし、
優秀なセールスマンになろうとする
努力は必ず報われるのです。

アポイントなしで
相手先に直接訪問して
担当者に会うのが飛びこみ訪問です。

飛びこみ訪問数は
業種によっても異なりますが、

1日30~100軒が目安です。

数多くこなすことで
セールスの力も鍛えられます。

様々な種類の飛び込み営業

実践を通じて、
さまざまなタイプのお客様に
対応する能力を磨けます。

飛びこみ訪問には以下の様な種類があります。

・ローラー作戦(ブルドーザー作戦)

軒並み訪問のことで、
地域を限定して各戸をしらみつぶしに
訪問していきます。

効率はあまりよくないですが、
数多く訪問することで、

色々なケースに直面できるので、
セールスに対する自信も湧きます。

・パラシュート作戦

オフィスビルや中規模以上の
マンションを

最上階から最下階まで
訪問する方法です。

ちなみに中規模マンションは
総戸数が50~200戸未満のマンションを指します。

・業種別訪問

特定地域の一定業種に
マーケットを絞って訪問する作戦です。

営業資料や顧客リストの
入手を主目的にして訪問するので、

簡易カタログや名刺を用意します。

これらの訪問営業を日課とし、
毎日一定数のお客様に会い、

セールストーク力を磨きましょう。

妙な裏技を目指すより
よほど近道の成功法則なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>