売れるセールスマンと売れないセールスマンの特徴と違い

売れるセールスマンと売れないセールスマンの特徴と違い
今回は売れるセールスマンと
売れないセールスマンの特徴と違い
について紹介します。

当然、ビジネスを行う以上、

扱う商品が良い商品であるに
越したことはありません。

しかし実際の所、
商品はそれほどではなくても

セールスマンによっては
売れる商品になる事があります。

同じものを売っても
売れるセールスマンと売れないセールスマン
がいます。

この特徴の違いは何なのでしょうか?

運や環境、上司や所属会社の違い…

と考える人が多いようです。

確かにそういった部分に違いはありますが、

やはり一番の違いは、

セールスマン自身の考え方、
マインドセット、習慣、行動なのです。

スポンサーリンク

売れるセールスマンと売れないセールスマンの違い

カーセールスをしている二人の話です。

人気車種が発表され、
シュールームが黒山の人だかりになるほど
お客様が訪れました。

売れるセールスマンはこの状況で、

お客様が列を作るほど盛況になり、
みるみる契約を決めて行きます。

一方、売れないセールスマンの特徴は

納期が遅い」なとという
お客さまの意見に振り回されて

結局売れずじまいで終わってしまいます。

売れないセールスマンは

お客さまの問題解決の
お手伝いをするはずが、

お客さまの問題を一緒に悩んでしまう・・

これでは
商品を売り込むことはできません。

売れるセールスマンには売れる考え方があり、
売れないセールスマンには売れない考え方があるのです。

売れるセールスマンは

外的環境や時代、
商品の良し悪しに関係なく

常に売れる理由を考えるのです。

売れるセールスマンになるためのステップ

商品やサービスを通じて、
どのようにお客様に貢献できるか
という事を真剣に考えるのです。

これらを踏まえて正しい売り方を確立すれば、
必ず売れるようになるのです。

しかもお客さまの利益を優先するので、

「良いものを勧めてくれてありがとう」

と客さまに感謝されるのです。

お客様に喜んでいただくと言う
使命感が仕事を楽しくし、

セールスを喜びに満ちたものにする

そういった正のサイクルに入るのです。

セールスを苦手としたり、
売り込みに罪悪感を感じる人がいますが、

これは見当違いと言えます。

お客様の満足を叶えてあげるための
重要な仕事なのです。

もちろん、、

お客様にアプローチする瞬間は
誰でも勇気がいるものです。

最初怖さを感じるかもしれませんが、
それは誰にでもある事です。

そういった怖さを感じた時は

「お客さまに満足してもらえるのは自分しかいない」

という初心に立ち返り、

商品知識を身につけ、
セールストークを磨きましょう。

そして自信を持ってセールスをする

それが売れないセールスマンが
売れるセールスマンとなるステップです。

そしてそれがお客様を満足させ、
購入を決断して頂く方法なのです。

売れるセールスマンの特徴を
これから詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>