傷つけ合う恋人同士の会話が犯す過ち、誤解、勘違い、大間違い


今回のテーマは、

傷つけ合う恋人同士の会話が犯す
過ち、誤解、勘違い、大間違い

について紹介します。

女性との長い付き合いを成功させるために

あなたが彼女との関係を
情熱的で健全なものとするために、

これだけは心にとどめておきましょう。

女性とのロマンティックな関係を
台無しにする最も効果的な方法は、

その女性を男友達並みに扱う事です。

そしてたいていの男が
やってしまうのは、

恋人や妻に対しての会話で、
男友達を相手に言うような

冗談を言ったり、
からかったりすることです。

そんな事大した問題じゃない…

と思うかもしれませんが、
これは大きな問題なのです。

「お前馬鹿だよな〜」

男同士で笑い合えば、
たいていの場合は絆は深まっていきます。

逆に男友達に会うたび

「お前は本当に良い奴だな」

と言う褒め言葉を架けるのは、

気恥ずかしいですし、
逆に関係がぎくしゃくしがちです。

…しかし、

男女関係ではこのルールは
当てはまらないのです。

スポンサーリンク

恋人同士の犯す過ち、誤解、勘違い

確かに、

ちょっとした会話で傷ついても、
別れることまでは発展しません。

短い付き合いを卒業し、
長い付き合いを求める段階であれば、

喧嘩や口論が即別れる原因にもなりません。

しかしです。

長い付き合いだからこそ、

ちょっとした会話の誤解や
気づかず傷つける言葉が、

積もり積もってしまうのです。

もしもあなたが週に一度でも

恋人に向かってからかい半分の
そして侮辱的な冗談を言ったなら、

年に50回以上も、
あなたは必要もないのに
彼女を侮辱している事になるのです。

その瞬間、瞬間は我慢できるものでも、

積もり積もって大きな
フラストレーションとなり、

恋人同士の関係にヒビが入る恐れがあります。

あなたはそれほど意識をしない
侮辱やからかいは大きな問題なのです。

身近な人を軽視するのは大間違い

そして彼女がこれに気づいていない
とは思わない事です。

彼女はこの事に気づいています。

また彼女は仕返しをしてこない、、

とタカをくくってもいけません。

彼女はしっかり報復します。

そしてそれは、彼女が卑劣で
執念深い人間だからでもありません。

あなたが仕返しをするように
仕向けたのです。

それが普段の恋人同士の会話を
傷つけ合うものに変えるのです。

特に日本人は、

身近な人を軽視して、
他人を尊重する文化があります。

謙遜の意味も込めて、

部下や子供、家族や身内を
下げるような言い方をしてしまいます。

しかしこれは間違いだと思います。

恋人関係であっても、

まだ付き合う前や付き合って
まもない浅い関係の時であれば、

優しく意識的に相手を立てる
付き合い方ができるものの、

深い関係になったら軽視してしまう。

傷つけ合う恋人同士でなく癒し合う恋人同士に

人間は慣れの動物ですから、

身近な大切な人ほど
ないがしろにしてしまいがちです。

しかしこれは逆にすべきでしょう。

大切な恋人関係だからこそ、

意識的に相手に思いやり
心遣いを持って接するべきなのです。

またこんな風に考える事も出来ます。

お金と心遣いは似たようなものです。

男女の関係を
銀行口座に例えれば、

あなたが「ちょっとした心遣い」を
見せれば見せるほど、

またあなたがロマンティックにふるまい、
女性をうっとりさせればさせるほど、

あなたの口座の預金額は増えて行きます。

そして差引残高が大きいほど、
女性はあなたを喜ばせるために
何かしたいと思うようになるのです。

逆にあなたが女性の心を
傷つけてしまうと、

あなたの預金残高は減っていきます。

やがて負債が大きくなり
借金を抱える事があるかもしれません。

からかい半分の
ちょっとした冗談で

彼女を傷つけた代償は、
思いのほか高くつくのです。

そして差引残高がマイナスになると、
彼女はあなたへの復讐を開始し、

お返しにあなたを
痛めつける方法を見つけ出します。

これは何も彼女が悪い人間なのではなく、
帳尻を合わせているだけの事なのです。

どこからどう考えても、
傷つけ合う恋人同士でなく
癒し合う恋人同士になるほうが

二人の関係は上手くそして
充実したものになります。

金銭的健康を守るにも、
早めの対処が大切です。

月1万、2万程度の借金であれば
早めに返せば何とかなりますが、

複利で増えていってしまい、
雪だるま式に増えてしまえば、、

もう取り返しがつかない事もあるのです。

傷つけ合う恋人同士の会話で犯しがちな
過ち、誤解、勘違い、間違いは

ちょっとした心の隙から生まれます。

十分に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>