男がうまく恋愛関係を長続きさせる秘訣

男がうまく恋愛関係を長続きさせる秘訣
男がうまく恋愛関係を長続き
させる秘訣を紹介しましょう。

人生はどんな女性とつき合うかで決まる、

理想の女性と付き合えば、
精神的にも完全に満たされる
と考え違いをしている男性が多いのですが、

確かに満たされる部分が多いですが、
全ての欲求が満たされる事は
決してありません。

たった1人の女性との
付き合いによって

全ての欲求を満たそうとすれば
相手の女性にも、

そして二人の関係そのものにも
不当な期待をかけてしまう事になります。

それがストレスを生み、
欲求が満たされない事によって

そのストレスはますますひどくなります。

恋人ができると
男性がおろそかにしまいがちな
いくつかの事こそが、

本当は長い付き合いには
特に欠かせないものです。

女性と付き合うにあたって
ああなたの精神の健康を維持する為に
必要な事を紹介しましょう。

スポンサーリンク

男友達を大切にする

女性との長い付き合いを
うまく行かせたいならば、

男友達との交際を大切にしましょう。

恋愛し始めたばかりのころは特に
彼女以外の友人たちの事を
おろそかにしやすいのです。

しばらくはそれもいいですが、 

彼女との仲が軌道に乗ってきたら
男友達との付き合いを再開し、

一生付き合い続けることが大切です。

友人との付き合いは

女性に束縛されない
自由な空間を与えてくれます。

あなたはここで一息き入れる事で
恋人の前では見せない
様々な面を発揮する事が出来、

それが彼女との恋愛関係を
長続きさせる秘訣につながるのです。

いつもより乱暴な言葉遣い、
自由にゲップが出来たり、
下ネタでゲラゲラ笑い合ったり、

彼女の愚痴をこぼしても
トラブルになることもありません。

もしもあなたが、こうした
男友達を持っていなければ、

男ともたちとつき合うように
彼女とつき合ってしまいかねません。

そうすればお互いにとって
不快な思いをする事があります。

開放感を与えてくれる
男友達は彼女との恋愛関係を
長続きさせるのにとても重要なのです。

彼女に何もかも打ち明けすぎない

彼女との二人の関係を
長く続けて行くために、

あなたの考えが役に立つ事は
そう多くはないのです。

彼女より胸が大きい女性に
憧れる気持ちや、

彼女と時々離れたくなる…

といった考えを彼女に打ち明ける事は
必ずしも賢明なことではないのです。

例えば、男友達に
気軽に話す内容には、

女性には話さない方が良い物もあるでしょう。

こう言った会話は二人の交際とは
何の関係もなく、

ただ彼女をうろたえさせるだけ
のことになりかねません。

正直になる事は確かに
恋愛関係を長続きさせるために
必要な事かもしれませんが、

余計な事をわざわざ
話す必要も無いのです。

世の中には話さない方が良い事もある
事を理解していきましょう。

理想の自分の人生を生きる

恋人がいるからと言って
そのことに人生の価値を
見出せるわけではありません。

女性との交際において
自分の価値を見つけるのではなく、

自分の生き方に価値を
見つけるべきなのです。

その為には常に、
自分の理想の人生を手に入れる
努力を続けることが大切なのです。

結局のところ、

人生をあなたらしく生きる事が
最も重要なのです。

彼女はあなたの人生にとって
大切な物である事は間違いないでしょうが、

それよりも大切な事があります。

あなたは人生の目標
ビジョンに沿って生きるべきなのです。

この人生で何を達成するか、

人生をあなたらしく生きるために
努力を続けなければいけません。

仕事で思考したり、
趣味を極めたい、

この辺りの恋愛観が
男女の大きな違いかもしれません。

あなたの人生に対するパッションは、

そもそもあなたの恋人が
あなたに恋をした理由の一つでしょう。

彼女とつき合うようになり
あなたがその情熱を失えば、

あなたは彼女が恋をした時の
あなたとは違ってしまうのです。

それが恋愛関係を長続きできない

二人の間を引き裂く理由にもなるのです。

自分のパッション、ビジョンに生きる

これが男がうまく恋愛関係を
長続きさせる最大の秘訣と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>