彼女と恋人関係、長い付き合いを持続し幸せに充実させる秘訣


今回のテーマは、

彼女と恋人関係、長い付き合いを
持続し幸せに充実させる秘訣

について紹介します。

私たちはありのままに、
自然に無意識のままに、

幸せに成功するようにはできていません。

もしそうであれば、

こんなに楽なことはありませんし、

世の中幸せな成功者は
もっとたくさんいるはずです。

幸せも成功も、

意識的に意図的に計画的に
努力して、積み上げて行くものなのです。

彼女との充実した
幸せな付き合いというのが

放ったらかしで生まれる事は
ほぼありません。

情熱的な短い恋が
勝手に生まれる事もないのと同じです。

気づけばお金持ちになっていた、、
無意識のうちに腹筋が割れていた、、

と言う事がないように、

彼女との充実した関係も
自然発生はしないものです。

スポンサーリンク

恋人関係を持続し幸せに充実させる方法

あなたは、
そういった関係を作りだし、育て、
いつまでも楽しさをなくさないための
努力をしなければいけません。

身体の健康を維持しようとするならば、

月の一回程度のトレーニングでは
とても十分とは言えませんね。

月に一度だけ食事を減らす
ではたいした効果はないのです。

習慣的に良い行動を出来て
始めて成功するものです。

健康を維持するのと同様に、
二人の関係を維持する為にも、

その事に常に関心を向け、
気を配り続ける必要があるのです。

彼女と恋人関係を幸せな
付き合いにするためには、

勝手気ままには行かず、
それに向かう適切な行動が必要です。

その為の秘訣を
これから紹介して行きます。

まず今回紹介したいのが

「ちょっとした心遣い」を見せ続ける事

長い付き合いになるほど態度が変わるのはなぜ

男性の多くは、長い付き合いになり
女性と結婚してしばらくすると、

一緒にいるのが当たり前になって
相手を軽んじるようになります。

ある女性がこんな話をしています。

「彼は結婚前は、週に一度は
夕食を作ってくれていたんです。

帰ってきたら温かい夕食が用意されていて、
素敵な音楽が流れている

そしてテーブルにはワインが用意されている。

本当に愛されている、、

という気がしたものです。」

…しかし

「ところが結婚したとたんに
すべてが変わりました。

彼は全く料理をしなくなり、

料理らしいことと言えば、

サッカーの試合を見るときに
冷凍ピザをチンするだけ

たまりかねてどうして料理しなくなったの?

と聞くと

『ああ、あれは君を口説くための戦略だよ
だけどもう結婚したからね』

…という答えが返ってきました。

5年後私たちは離婚しました。」

たいていの場合、
男性の態度がここまで
急に変わる事はありませんが、

男性の気持ちも分かる気がする人も多いでしょう。

彼女との長い付き合いを充実させる秘訣

あなたも少しずつ彼女に対する
「ちょっとした気遣い」を見せなくなっていく
という経験があると思います。

いつも彼女がいる事が当たり前になるにつれ
そういう気にならなくなっていくのです。

しかし恋人関係を持続するためにh、

気持ちを高め続ける努力が必要です。

付き合い始めたばかりの頃は、
あなたは彼女にすっかり夢中で、

彼女を幸せにするために、
何かしてやろうと

わざわざ考える必要もないほど、
自然に心遣いができたはずです。

彼女を喜ばせるために
ちょっとした事をするエネルギーは
尽きる事はないと持っていたものです。

彼女にそれほど恋をしていたからです。

しかしそれが失敗の始まりだったのです。

最初はあなた極自然に
彼女への情熱を感じるでしょう。

しかし残念な事に、
さらに避けようも無く、

時が断つに連れ情熱は薄れ、
彼女に対して無頓着になるのです。

そして心遣いを怠るようになれば、

ジムを一回サボると
運動がどんどん億劫になるように、

付き合いを充実させる
努力もサボるようになるのです。

だからこそ、、

解決策は、他の女性を探す…

ではなく、心遣いを見せる事を
意識して続ける事と言えるのです。

では次回から彼女と恋人関係、
長い付き合いを持続し幸せに
充実させるために、

具体的なテクニックを紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>