唯一無二の存在である1人の女性だけを愛し続けるスキル


今回のテーマは、

唯一無二の存在である1人の
女性だけを愛し続けるスキル

について紹介します。

さて、これまで、

モテる男になる方法、

そしてどんな女性とでも
デートの約束ができるための、

様々なテクニックを紹介してきました。

そして遊びの恋愛をこなす事で、

男としての魅力を磨くことを、
色々と考えてきたわけですが、

こうした段階を経てやはり私たちは
次のステージに行かねばなりません。

短くつき合う恋愛を卒業し、

女性と長い付き合いをすると
決めるという事は、

他の女性には目もくれず、
その女性だけを愛すると約束する事

を意味します。

=結婚とまでは言いませんが、

人生の中において、
パートナーと呼ばる存在、

そんな女性を愛する事は
非常に重要な事と言えます。

スポンサーリンク

1人の女性だけを愛し続けるスキルは別物

その彼女はもはや、

「付き合っている大勢の内の一人」

ではなく、

唯一無二の存在となるのです。

彼女はあなたの大切な恋人なのです。

この段階になれば、
今まで培って来た恋愛テクニックの
多くは使えなくなるどころか、

邪魔をする事もあります。

以前につき合う前に絶対に女性の
悩みを聞き、相談に乗っては行けない
と言う話しをしましたが、

これからは、彼女の相談を
真剣に深く聞く必要があります。

深く相手を理解する必要があります。

デートでは
余計な口論や議論をしない
と言うアドバイスをしましたが、

この段階からは、
お互いの納得いくまで
話し合いを持つ必要も生まれます。

あなたはその彼女と
一緒に将来の計画を立てて、

彼女を裏切ったりしない。

相互依存のステージに入ります。

複数の女性と遊ぶVS女性だけを愛し続ける

そうしてあなたは
彼女と生涯を共にするつもりなのです。

お互いがお互いを唯一無二の存在
として認め合うようになる。

そして女性と長く付き合っていくようになると、

それまでの習慣の多くが
変わってしまいます。

当然、長くつき合うよりも
短い付き合いの恋愛
を楽しむ方が
ラクチンです。

責任もありませんし、

デートは楽しむことだけを
考えれば良いからです。

しかしこの状態をあまりに
長く続けてしまうと、

人間的成長もストップします。

たいていの男性は、
心のどこかで

長い付き合いは苦痛を伴うもの

と考えていると思います。

ささやかな自由や幸福を
取り上げられ、

足枷を嵌められて生きるものであると
感じているのです。

確かにそれは一部当たっています。

女性と長い付き合いをする事により、
諦めなければならない事はあります。

恋愛の次のステージに入る

しかし逆に得るものも多いのです。

すぐそばにいて
支えてくれる女性がいると言う感覚は、

他の何物にも代えがたいものです。

そして自分が一人の女性を
支えるということは、

新たな学びになるのです。

そして、
特定の女性との付き合いが

辛くて単調な生活になるのか、
うっとりするほど楽しいものになるかは、

あなた次第なのです。

スポーツを趣味で楽しむのと
鍛錬して上達しようとするのは、

まるで違いますが、

やはり上達していく上で何事にも得難い
経験を味わう事が出来るのは
まぎれも無い事実です。

1人の女性だけを愛し続けるスキル

あなたが長く付き合うのにふさわしい
女性の選び方を知っていて、

二人の関係を
いつまでも新鮮でイキイキしたものに
するスキルを知っていれば、

想像以上に多くのものを
与えてくれる関係を作り上げることが
できるでしょう。

しかし、その方法を知らなければ、

たとえ相手が考えられる限り
唯一無二の最高の女性だとしても、

あなたはその関係を台無しにし、
彼女とのやり取りの全てを
退屈で苦痛に満ちたものにしてしまうでしょう。

そうです。

すべてはあなたの腕次第なのです。

これから紹介する方法は、

長い付き合いを幸福なものに
して行くために欠かせないことばかりです。

これから話すスキルというのは
あなたのこれからの人生に関わることです。

実際に誰かと長い付き合いをする
と決めた日から、

あなたは一生、このスキルを
活かすことができるかと言う問いを

毎日のようにつきつけられるのです。

ぜひこのスキルをこれから
磨いていってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>