会議でうまく話をする準備のコツ、自分をアピールできる場所


話し方のスキルをうまく
活かせるチャンスであり、

発言、アウトプットする場として、

ビジネスマンであれば、

小規模の会議でうまく話をする
説得力のある話ができれば

あなたの人生とキャリアに
大いに役立つ事でしょう。

そしてそのコツは準備にあります。

大人数の前でスピーチしたり、
マンツーマンで人と会話したり、

コミュニケーションスキルを応用する
形は多岐にわたる物ですが、

会議と言うのはある種特殊な場所です。

職場では、あなたは絶えず
誰かから値踏みされている。。と言う事を
先ず理解しておきましょう。

ビジネスの人間関係においては、

意識するとしないに関わらず、
周りの人々はあなたの

人間性、実務能力、競争力、信頼度

と言った項目別に点数を付けているのです。

恐らくあなたも他の人を
値踏みしているでしょう。

だから、会議と言うのは
キャリアにとって重要な行事と
考えなければいけません。

そして最高のアピールを
できる場所と心得ましょう。

うまく発言する事が出来れば、

それが出世、ビジネスチャンス、報酬、
給料、サポート、売り上げ…など

すべての結果につながるのですから、、

スポンサーリンク

有益な会議をするメリット

ただ、、多くの人にとって、

就業時間の半分ほど
占める事もある会議ですが、

たいていその時間のほとんどを準備
不足で無駄になっていると感じています。

生産性のない会議は必要ないのです。

ただいるだけ、、ただ聞いているだけ、、

では「いない」のと同じです。

無駄な時間や電気など使うぶん、
やらないほうがマシかもしれません。

何のアピールにもなりません。

たとえ出席者が数人でも、
行き当たりばったりの会議を
開くべきではないのです。

説得力のある提案をそこでは
しなければいけません。

マネジメントの神様
ピーター・ドラッカーは

「会議は経営者にとって不可欠の道具である」

と述べています。

「経営者」というのは、
結果に対して責任を問われる物の事です。

だからあなたも含めてすべての人が
事実上の「管理者」と言えるのです。

しかし道具というのは使い手次第で
有益にも不利益にもなるものです。

有益な会議ができれば
ビジネスを成長させる事ができます。

それができなければ、、残念ながら
ビジネスも衰退していくでしょう。

それほど大切な要因なのです。

そして会議でうまく話をするコツは…

とにかく必要なのは「準備」

一人や二人、或は少人数の前で
発表や提案を行う会議の機会は

数えきれないほどあるでしょう。

しかし、そういう場合も
大きな会議でも全く変わらない
大切な心構えが、

綿密で適切な準備が必要だと言う事。

どんな分野でも当てはまる
成功法則なのです。

うまく話をするためには
準備がどうしても必要なのです。

そのひとつひとつがあなたのお金になり
出世を左右する一大事なのですから。

数年前に、パートナー企業さんと共同で
ある戦略立案の会議をしたときの事です。

全国ら社長さんや役員が何人も集まり、
会議が始まったのですが、

何人かは明らかにこの会議に対する
熱心さに欠けていました。

対照的に、遠い場所から来たある
若い二人はしっかり準備してきており、

私たちの質問にも積極的に
答えていました。

…休み時間に入り、

私は会議の進行について
パートナーと話をしました。

そして彼も

「とても役に立つ発言をする
二人の若者に気づいたか?」

とその二人に注目している事が分かりました。

主催企業の社長さんも
その姿に感心していたのです。

そして数ヶ月後、

その会議に熱心だった二人はある有名企業の
副社長に異例の早さで出世しました。

たったひとつの会議での功績が
出席者全員の記憶に残り、

彼らの人生を大きく変えたのです。

その若手社員は経った一回の会議を
自分をアピールできる場所にして、

成長、出世の足がかりにしたのです。

一方で、黙って座っているだけで
議論に貢献しなかった人たちは

何のアピールも出来ず、
「早期退職」と言う結果になりました。

彼らの人生もまた、たったひとつの
会議で大きく変わってしまったのです。

とにかくできることはたくさんある

会議の効率を上げるためには、
先ずは準備を怠らない事です。

準備が十分かそうでないかは
参加者にはすぐに分かります。

あなたが会議の主催者側であれば、

綿密なプランを立てましょう。

進行表を作り、
出席者をしっかり選び、
事前に役割を知らせておきます。

会議をあなたの仕事の中心に
据えましょう。

実際にそれだけの価値がありますから。

逆にあなたが招かれる側でも準備は必要で、

会議の目的を調べ、
自分に何ができるか考えます。

最適の発言ができるように
備えておくべきなのです。

会議でただ黙って聞くだけ
座っているだけの人も多いですが、

それでは、何の考えもないと思われ、
あなたの評価は下がるだけです。

準備をしていれば発言もできますし、
提案もできるのです。

準備をしているだけで
上手く話をする事ができます。

できる限りの事をやらないと
時間の無駄になってしまいます。

そして会場には早めに行き、
注意して席を選びます。

あなたが主催者であれば、

入り口と反対側の壁側の席を
とると良いでしょう。

ここは部屋中を見渡せて、
人の出入りも確認できます。

私は重要な会議を開くときには
あらかじめ座席表を作る事にしています。

重要人物に相応しい場所に
座ってもらうためです。

また招かれた場合でも

入り口が見える場所か、主催者の
はす向かいか向かい側に座りましょう。

自信がない場合は、主催者の
指示に従うのも良いですが、

壁際や会議の中心人物と
目が合いやすい席など、

希望があれば遠慮なく言い
席を替えてもらいましょう。

結局の所、会議に出席する目的は、
発言して自分を印象づける事なのですから、

4つの種類の備えるポイント


そしてどんな会議でも
開始時間は守るべきです。

遅刻者がいても始めて構いません。

出席者に感謝の意を伝え、
会議の趣旨を述べ、

どう進行するかを説明します。

終わりの時間も知らせておきましょう。

そしてあなたが招かれる場合には
決して遅刻をしては行けません。

せっかくの準備が遅刻で
水の泡とならないようにしましょう。

さて、ビジネス会議には
基本的に4つの種類があります。

1.問題解決のための会議

問題について話し合い、
解決策を決めるのが目的、

2.情報共有のための会議

最新のデータや通達を知らせ、
変更事項や指示を徹底させるのが目的、

3.新製品の発表の会議

新しく開発される(または予定の)
商品やサービスについて社内に広めるのが目的、

4.現状報告のための会議

各自が自分の取り組んでいる仕事と、
その進歩状況を報告する、

組織に不可欠の連帯感を高めるのが目的

たいていの場合この4つの
種類を意識してそれぞれ準備をすれば

恐らくどんな場面でも
積極的な発言ができるでしょう。

会議でうまく話をする準備のコツを
ぜひ参考にしてください。

そして退屈で受け身の会議…を
自分をアピールできる場所にするのです。

次回以降、また会議を上手く進めるための
積極的な上手い話し方ができるように
なるためのコツなども紹介しておきますが、

先ずは今回紹介した基本をしっかりと
押さえておきましょう。

会議を制する物はビジネスを制します。

スキルをあげる価値のある物ですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>