原始時代の育児と子供の食生活、パレオダイエットの効果と特徴


大人にとっても子供にとっても

日々何を食べるのか?

というのは健康状態を左右する、
大きなファクターです。

特に育児中子供に何を食べさせるか?

心身の成長に大きく影響しますから、
頭を悩ますお母さんも多いでしょう。

ここで面白い考え方があります。

狩猟採集が中心だった

初期の人間社会では、

人々は高度に健康であった
ということが、

栄養学者による
考古学的資料の調査で
明らかになったそうです。

洞窟に住んでいた時代の私たち
の祖先は、

ほっそりスリムで、
脂肪は少なく筋肉質、

元気で健康的だったようです。

ガンやアレルギー
心臓病といった

現代人を悩ませている慢性病や
成人病にかかるという事は
一般的にほとんどなく、

事故や怪我による病気は
多かったようですが、

健康的に暮らしていたようです。

そして人の遺伝子構造は

現代も石器時代も
ほとんど変わりはありません。

だからこそ栄養学的に言っても、

私たちの祖先は、自分たちで
採集したり狩りをしたりして
得る食べ物を食べる事によって、

適応し続けててきた訳ですから、

現代人もそれに従う方が、
健康的に暮らせるのではないか?

というのが、

パレオダイエットの考え方です。

スポンサーリンク

原始時代の食生活は自然だった

様々なダイエットノウハウが
日本で流行り廃りを繰り返していますが、

いわゆるダイエット(Diet)という
英単語は、食生活を指す言葉です。

人間の生存システムにとって
最も自然な形であれば、

健康も保たれるという考え方です。

文明の進化で私たちの生活は
大幅に便利になりましたが、

その反面科学の悪影響、

添加物やファーストフード、
インスタント食品や遺伝子組み換え、

現代社会の食の安全性に
疑問を持つ人も増えてきました。

子供たちの体と脳の健全な発育のため、

彼らに何を食べさせるべきか?

関心を持つ人が増えています。

人にとっての、自然な食生活というのが
どういったものであるか?

テクノロジーが発達する前、
公害や温室効果ガスの
問題が起こる前の時代の

食生活を調査してみると、

現代人の健康的な
食事の取り方の参考になります。

旧石器時代食事法
(パレオダイエット)

というのは、

原始人ダイエット
(ケイブマンダイエット)

とも呼ばれており、

農耕や動物の家畜化が始まる前に、

野生の植物や動物を食べていた
古代人類の食生活は、

こうしたものだったであろう…

と想定して栄養プランを立てたものです。

当然、1万年前から人類は
出産、育児を続けてきた訳ですから

子供たちも野生の自然の
食生活をしていた事になります。

そしておよそ1万年前の
食生活がモデルとなり、

この食事法の提案者は、

現代の人が「原始人」の狩猟採集生活に
立ち返った食生活をすれば、

現代社会特有の病気は
なくなるだろうと考えられています。

パレオダイエットの効果と特徴

パレオダイエットを行うと、

私たちの祖先が狩るか
たまたま見つけるかしたような

野生であり得る、自然のままの
食品だけを食べる事になります。

肉も、臓物も、魚介類も
その中に入りますし、

同様に、採集できるような食べ物、

卵、虫、果物、ナッツ
(クルミ、ブラジリアンナッツ、
マカダミアナッツ、アーモンドなど)

ベリー類(イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー)
種子類、野菜、キノコ、ハーブ、
スパイス

などを中心にとります。

逆にこの食事法を厳密に守るならば

1万年前の人間が
ほとんど口にしなかった

あるいは絶対に口に
しなかったようなものは食べません。

ジャガイモや豆類、
大豆、ピーナッツ)
お米やパンなど穀物
(シリアルやパスタなど)

も食べないのです。

ようするに、食べる前に
調理や加工が必要なものは
食べないというルールです。

そしてこの食事法をすると

乳製品、塩分、精製糖分、
加工した油分を避ける事にもなります。

自然の栄養と消化をサポートするのが
この方法の特徴です。

確かに、厳密にやれば難しいですが、

子供の健康的な食生活のため、
パレオダイエットの効果と特徴を
少しずつ取り入れると良いでしょう。

原始時代から人類は立派に
赤ちゃんを育て上げ、

たくましく生活していたのですから。

原始時代の育児と子供の食生活

もちろん、原始時代の
子育てや食生活など
どんなものであったかは、

正確には分からないので
想像するしかないのですが、

自然の知恵を取り入れるのは
やはり賢いやり方だと思います。

インスタントに何でも済ます、
現代病に侵されている我々に、

大きな気づきを与えてくれます。

農耕文明以降の時代の
食物を多く取り入れる食事法は、

健康に良くないという理屈は
確かに筋が通っています。

加工食品や精製食材など
そう言った食物は

身体にとって自然ではない
異物なのです。

私たちの遺伝子には新たに
適応する時間が足りず、

進化的圧力が加わっていません。

パレオダイエットを
実践するにあたり、

食べるものと食べないものの
簡単な見分け方は、

「これは何の手も施さず、
野生のままで食べれるのか?」

…と自問自答する事です。

もちろんすべてをそのまま
食べる事は難しいでしょうが、

現代の、高炭水化物、高脂肪
インスタントフード

がベースとなった食事法の特徴
を避ける方法として、

パレオダイエットの効果を
取り入れるのは良い事でしょう。

現代の食生活は
ビタミンやミネラルなど栄養価が
抜け落ちた加工食品が多く

それがゆえに健康に悪影響が
ある訳ですから、

子供の発育の為にも重要です。

現代社会の便利な世の中だからこそ、
太古の知恵を少し取り入れてみる。

メリットもあるでしょうし、
楽しめるのではないでしょうか。

パレオダイエットを家庭で
取り入れる事を検討する場合、

最近では書籍や情報源が
たくさんありますから、

それらも参考にして、
試してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>