子供の食生活は自然食品が理想、加工食品の影響と発達の問題点

子供の食生活は自然食品が理想、加工食品の影響と発達の問題点
今回のテーマは、

子供の食生活は自然食品が理想、
加工食品の影響と発達の問題点

について紹介します。

私たちの現代人の食生活は、

加工食品、肉類、揚げ物、
清涼飲料水、精製炭水化物、
食品添加物が

多く使われており、

自然の食生活からは
どんどんかけ離れています。

たいていの人はカロリー過多で

脂肪分、とりわけ
飽和脂肪、トランス脂肪酸、
悪玉コレステロールなど

健康を害する脂肪分が多いです。

伝統的な食の本来あるべき
姿に立ち返って、

採れたての新鮮な食材を
手に入れる事は難しく、

ファーストフードが社会に蔓延し、

私たちが口にする食品は、

工場ので機械のように作成され、
手を加え過ぎで、加工し過ぎで、

ホルモンや抗生物質など
薬品を含んだ、

添加物まみれの食料を
食べるリスクが上がっています。

そして多くの自然な治療家や
栄養士が語るだけでなく、

世界保健機構(WHO)も
伝える所によれば、

私たちはこうした食生活
を続ける事で、

肥満、糖尿病、ガン、心臓病、
脳梗塞、うつ病など、

心身に悪影響や問題点を及ぼす
という事が分かってきています。

スポンサーリンク

加工食品の影響と発達の問題点

ここで自然派育児を考える上で、
考えなければ行けないのが、

子供には複合的な
栄養素が必要であり、

現代のインスタントな
食生活事情では、

これは満たされません。

典型的な現代の子供であれば
普通に口にしている

加工食品は、工業流通の段階で、
ビタミン、ミネラルが不足し、

さらに農薬、添加物を
加えられています。

冷凍したり、揚げたり、
調理の際に手を加えすぎる
ことによっても、

ビタミンはさらに損なわれます。

また現代人の食生活で
当たり前のある原材料が、

子供に与える独特な影響
についても忘れては行けません。

それが白砂糖です。

子供の食生活の発達への影響

おかし、ドーナツ、シリアル

など子供の注意力に
影響を与え、

興奮しやすくすると言う
報告があります。

また人工着色料、香料、
保存料と言った物も、

思考や身体の協調、記憶力の発達にも
被害が及ぶとも言われています。

私たちの普段食べる
食生活についてもう一度
考えてみましょう。

そして加工食品、肉類、揚げ物
お菓子、インスタント麺、
精製炭水化物、食品添加物
ファーストフード

これらが普段自分たちの
食生活にどれくらいあるか?

直面すると驚きます。

脂肪や無駄なカロリー、塩分
があまりにも過剰な

不自然な食品を慌ただしく
いに流し込んでしまっていませんか?

そしてそうした食生活は
子供の食生活にも当然影響します。

できるだけ理想の食事を
あげるのも、

大事な教育なのです。

子供の食生活は自然食品が理想

子供には本物の食べ物を
料理して出してあげるのが
理想です。

元の形に近ければ近いほど
自然な状態であり、

軽く料理で手を加えれば
良いだけです。

いわゆる自然食品、ホールフード

こそこどもの心身の健康にとって
理想の食生活なのです。

加工食品や化学薬品、
明らかなアレルゲンなど、

食生活から取り除きましょう。

栄養があるものは、

加工されていない、精製
されていない食品です。

保存料、着色料のない
無添加で、

手を加えられていない、

出来れば農家でも無農薬の
有機の食材を入手できれば最高です。

ここで言う自然食品は、

果物、果物、ナッツ、卵、
鶏、魚など

好きなものを食べされば良いのです。

ただし自然な形でです。

例えば、

自然食品と加工食品の違いは、

加工=袋に入ったポテトチップス
自然=皮ごと焼いたジャガイモ

という事です。

「栄養強化」と銘打った

「ビタミン、ミネラル配合」

という食品も注意が必要です。

これらは体内で吸収できない
どころか弊害もあります。

どんなものであれ加工すれば
栄養が損なわれている場合があります。

そして食品業界の賢明な
マーケティング戦略により、

付加価値を与える事で
不足しがちな栄養素を補える
と訴えていますが、

「強化」するよりも
「自然」のが最もパワフルなのです。

子供の心身の発達に影響する
食生活のコツについて

一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>