デートを残念なものにする男と女の恋愛における口喧嘩

デートを残念なものにする男と女の恋愛における口喧嘩
今回はデートを残念なものにする
男と女の恋愛における口喧嘩
について紹介します。

大学教授の野口君とOLだった児島さんは
勝負デートに出かけました。

途中まではうまく行っていたのですが、

弾んでいた会話も児島さんの

「あなたは現実の世の中を
生きていないから大変でしょうね。

いつもあなたは大学の中にいて
いつもインテリだけを相手にしてるわけでしょう。

現実の世界に生きている人たちとの
付き合いには苦労すると思うわ…」

この彼女の一言で
デートは台無しになりました。

「俺は現実の世の中を生きていない?」
「大学の中だけで仕事をしている?」

「…(怒)」

児島さんの言葉は、

確かに、

彼を誉めているような、
侮辱しているような
どちらとも考えられます。

モテる男にとっては
これは冗談やユーモアに切り返せる
チャンスとして捉えるでしょう。

しかしこれを野口君は残念ながら、
侮辱として受け止めました。

「え?・・それってそういう意味?
俺は現実の世界を生きてるよ」

そう言い返してしまい、
言い争う口喧嘩に発展させてしまったのです。

そして結果的にデートは
残念な結果に終わってしまいました。

スポンサーリンク

男と女の恋愛における口喧嘩

あなたがこれまでに女性と
言い争ってしまったときのことを
思い出してみましょう。

そのほとんどの場合、

争いになる直前まで
会話が弾んでしまったでしょう。

ところが突然、
どちらかが侮辱とも受け取れられない
愚かな言葉を発してしまう・・・

言われた方はそれを侮辱と受け止め、
それが言い争い、口論に発展していきます。

時にはデートの相手が
あなたへの侮辱とも受け取れる
失言してしまう事もあるでしょう。

時にはまたあなたの方が、
その過ちを犯す事もあるでしょう。

しかし女性を口説く立場の
男性であるあなたには、

デートがうまく言っていると
確信する責任があるのです。

女性が言った事やした事を、
いちいち自分への非難だと
受け止めていては、

あなたは肝心の目的を見失う事になり、
女性を口説き落とすことにも失敗するのです。

あなたはその女性とどうなりたいのか、

これを思い出すべきです。

先ほどのケースで言えば、

「ははは、確かに
でもオレは現実の社会に生きているよ、

コンビニもいくし、切符も買えるし…

ただ、世間の会話では滅多に出てこない
話題ばかり同僚と話しているけどね(笑)」

などと少し冷静になって
ユーモアで返せれば、

その後のデートも楽しく過ごせたはずなのです。

デートを残念なものにする口喧嘩

気難しくてストレスのたまる
相手の場合は特にそうです。

女性の言動を自分への
非難だと受け止めて、

一悶着起こすのは、
驚くほど簡単なことなのです。

以下に女性がよくやることで、
自分への非難だと受け止めては
いけないものを列挙しました。

・電話してもかけ直さない

・約束に遅れてくる、または現れない、

・土壇場になってデートをドタキャンしたり
予定を変えようとする

・何かしてあげても喜ばない

・冷淡で、よそよそしく、無礼な態度をする。
或いは話しかけにくい

・口説いても乗ってこない

・あなたが挨拶しても無視する

男と女の恋愛における考え方は
まるで違うケースがほとんどです。

だからいつも目的を忘れずに
モテる男の態度を保つよう意識しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>