赤ちゃんの自立心を育てる抱っこ育児の愛着と発達のメリット

赤ちゃんの自立心を育てる抱っこ育児の愛着と発達のメリット
今回のテーマは、

赤ちゃんの自立心を育てる
抱っこ育児の愛着と発達のメリット

について紹介します。

赤ちゃんを抱っこしすぎると、
「過保護」になり、

自立心が損なわれる!

という話は産業化以降の
先進国に住む両親なら

一度位は耳にした事が
あるのではないでしょうか。

これは残念ながら
自然とかけ離れた、

間違った認識だと思います。

幸いな事に、

親の本能というのは
良く出来ているもので、

こうした赤ちゃん産業の
商業主義のマーケティングが
作った風潮に、

打ち勝ち始めています。

抱っこやおんぶで育児をする
ことが見直されてきています。

私たち先進国は再び
自然に回帰し始めて、

自然に備わった、昔からある
育児法を再発見しています。

スポンサーリンク

抱っこ育児は自然の理になっている

抱っこ育児のメリットは、

親にとっても楽しく、

人間工学に基づいて
動きやすく、

赤ちゃんが、肉体的、社会的、
感情的に発達するのを
サポートしてあげられるやり方です。

布を使った赤ちゃんを抱っこして
身につけておくのは、

最近の流行ではなく、

実施には人類に育児が始まって
以来ずっと行われてきた方法です。

何千もの間、子を持つ親は
布やスリングで赤ちゃんを
身体に巻き付け、

密着したままで日常生活を
送っていたのです。

それで自立心をしっかり
育ててきたのです。

赤ちゃんを抱っこしすぎると、
「過保護」になり、

自立心が損なわれる!

…というのはいかがなものでしょう。

赤ちゃんの自立心を育てる抱っこ

世界中のどんな文化でも、

赤ちゃんは歩けるようになるまで

いつまでも普通に一日中
抱っこで連れ回されるのが自然です。

一切までの赤ちゃんは特に

触られたいという欲求を持っています。

その欲求を満たす事で
愛着が気づかれていき、

満足すれば自立心が芽生えていきます。

逆にここで満足できず
欲求不満になる方が、

将来の自立心は損なわれるのです。

一日中抱っこしてもらえれば、

赤ちゃんはその後、
必要以上にまとわりついたり、

依頼心がありすぎる子供
にはならないでしょう。

抱っこ育児の愛着と発達のメリット

実際は、

抱っこ育児をするほど、
赤ちゃんの自立心を育てる
メリットがあるのです。

抱っこで育った赤ちゃんほど、
ぐずりも少なく、

赤ちゃんイスやベビーラックや
ベビーベッドやその他
プラスティックで出来た

多種多様な装置の中で

人と触れ合わずに放っておかれるよりも、

幸せで賢く、自立して愛らしく、
社会性のある子供に発達します。

触れられたいと言う
欲求に応えてあげるのは、

赤ちゃんの求めに応じて
食べ物をあげたり、

温かくしてあげたりする
のと同じくらい重要です。

密着して暮らすのは、

身体的にも精神的にも
赤ちゃんの為になります。

赤ちゃんは安心と満足と
愛着を感じ、

自分に確固とした自信のある
子供に育つのです。

抱っこ育児は依存心でなく
自立心を真に育てるのです。

赤ちゃんの自立心と子宮外胎児期

人の赤ちゃんは、

哺乳類の中でも
未熟な状態で生まれます。

赤ちゃんを抱いたまま
暮らすと、

赤ちゃんは子宮にいてお母さんと
どこでも一緒だった頃と
似た状態になります。

キチンと包んであげれば
安心して心地よく、

温かさと自然な揺れを
追体験できるのです。

人類学者であり科学者でもある、

人間主義者の
アシュレイ・モンターギュ
によれば、

妊娠期間は子宮の中で9か月
子宮にでて9ヶ月の

合計18ヶ月と言います。

新生児というのは、生まれてから
もう9ヶ月ないし10ヶ月

モンターギュ博士の言う
子宮外胎児期の間に

成熟する必要があるのです。

この時期にあえて抱っこを辞め

妙な自立心を育てようとすれば
歪んだ発達をしてしまいかねません。

一方、子宮外胎児期を
しっかり抱っこ育児をして
愛着を学んだ子供ほど、

その期間の終わり頃に

しっかりハイハイを始め、
お母さんに頼らず1人で
動けるようになります。

子宮外胎児期にいる
赤ちゃんは、

愛してくれて、助けてくれる
人を常に必要とします。

おっぱいやぬくもりと同じく
抱っこを欲しがる赤ちゃんに、

いち早く適切に応えてあげたいと、
抱っこをしてくれる人が必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>