男性が恋人とケンカ、言い争いをうまく解決する仲直りする方法


今回のテーマは、

男性が恋人とケンカ、言い争いを
うまく解決する仲直りする方法

について紹介します。

もちろん好きでつき合う恋人同士ですが、

違う環境で育ってきた人間同士であれば、

性格、考え方、習慣、行動も
違うのですから、

ケンカや言い争いになる事もあるでしょう。

もちろん、本音でぶつかると言う意味で
ケンカも悪いことばかりではないのですが、

発展しすぎて止められない…
勢い余って別れる、、
手が出てしまった、、

…ともなれば問題です。

また『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』

と言う言葉があるように、

その人や物を憎むあまり、
それに関わるすべてのものが憎くなる
様子のたとえですが、

だからこそ、ケンカの後
冷静に振り返ってみると、

「なぜあんなこと言ったのだろう‥」

と後悔することが多いのです。

スポンサーリンク

男性が恋人との言い争いをうまく解決する方法

男女の恋愛に関するケンカの発端も

最初は些細なきっかけ原因であっても、

お互いの感情が高まるとヒートアップして
お互い意地をはるようになり、

最初に何を言い争っていたのか、
見えなくなったりしがちです。

ここでは、そんな恋人との
言い争いを解決する方法、

そして仮に口論が発展しても
その後、しっかり仲直りできる方法
を紹介していきます。

まず考えてみましょう。

なぜ些細なきっかけで言い争いになるのでしょう。

議論や意見の食い違いはあるでしょうが、

喧嘩や人格攻撃にまで発展する
というのおかしいはずです。

冷静になれば、絶対に
喧嘩にならない方がお互い得です。

そこには強い感情が関わっています。

そこで一つの対処法として、

女性が感情的に突っかかってきた場合、

女性と言い争いになると、
あなたは言い訳がしたくなり、

自分がどういう人間で、
なぜそういう事をしたかについて
弁解してくなるでしょう。

しかしそれはやってはいません。

ケンカして言い争っても言い訳をしない

経験的に言えば、

そういう場合には彼女の質問に
ただ答えるだけにしておくのがベストです。

「あの時、〇〇って言ったじゃない!」

など、あなたのある行動について
なぜそんな事をしたのかと尋ねられたら、

最低限の答えをすればいいのです。

けれども、彼女が
怒っているからと言って、

あなたの行動の理由を
逐一説明する義務があると
思い込む必要はないのです。

こうこうこういう理由で、と
正当に論理立てて話せれば、

誤解は晴れると思ったら大間違いです。

恋愛にロジックは通用しません。

そこから先は、感情の争いです。

そこのは答えはないのですから、

何を言ってもお互いの気持ちが
エスカレートしていくだけです。

思い出してみて下さい。

あなたは女性にモテることで

自分の価値を決めようとは
思っていないはずです。

ケンカは恋人同士の目的ではない

自分の価値は別の所に見つけるのです。

以前解説したマインドセットを
思い出して下さい。

女性という存在は
男性であるあなたにとって、

あなたの人生に付加的に自信を
与えてくれるものですが、

あなたの人生の価値を決める
中心的な要因ではありません。

この原則を忘れてしまうと、

女性ともめた時に、

言い訳したくなるのですが、、

あなたはただ、自分にとって
何が一番かを思い出し、

彼女の質問に答えて、
争いをうまく切り抜ければ良いのです。

そして仲直りする方向に
意識的に持っていくのです。

ケンカ、言い争いを仲直りする方法

さらにコミュニケーションの土台は
相手への理解だと説明しましたが、

相手が何に対して感情的になり、
ケンカに発展しておくのかを知っておく
必要があるでしょう。

ちょっとしたいざこざは
お互いを理解するための、

学びにすれば良いのです。

不満も小さいものの段階ほど
感情的にならず大きくならずに済みます。

そしてケンカのきっかけは
ほとんどの場合は誤解なのですから、

お互いを理解しようとする
気持ちや心がけ次第で、

仲直りすることもスムーズにいきます。

人間同士のいざこざから
国家同士の争いまで、

喧嘩も仲直りも心理的には
似たパターンなのです。

次回から、ケンカに対する
女性の反応別のパターンを
解説したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>