母乳で赤ちゃんのビタミンD不足の欠乏症状は予防、回避できる

母乳で赤ちゃんのビタミンD不足の欠乏症状は予防、回避できる
今回のテーマは、

母乳で赤ちゃんのビタミンD不足
の欠乏症状は予防、回避できる

について紹介します。

赤ちゃんの健康にとって
十分すぎる成分のある、

母乳だけでは、

ビタミンDが不足する
ことを心配し、

医学界ではしばしば
ビタミンDの補給を

乳児や子供たちに推奨
することになります。

本当に補給を必要とする
乳児や子供たちは少数ですが、

確かに、その少数の赤ちゃん
たちに関しては、

補給をする事で、
確実に欠乏症を免れるでしょう。

ビタミンDが欠乏すると、
ひどい場合には、

赤ちゃんはくる病になります。

骨が柔らかく、脆くなる
恐ろしい病気です。

だからこそ、医学的処置は
大切ではありますが、

その他大勢の赤ちゃんにとって
ビタミンDを余計に補給することは、

不要であるどころか
弊害ともなりかねません。

スポンサーリンク

母乳とビタミンD不足の欠乏症状

医学界の勧めに従えば、

完全母乳や混合授乳の
赤ちゃんは、

生まれてすぐから離乳まで、

一日当たり400IUの
ビタミンDをとり続けることに
なります。

ここにもまた自然は
「不完全」であると言う
考えが現れています。

確かに、顕微鏡で見た
数値だけを考えれば、

ビタミンDは不足しているように見えますが、

その不足が欠乏症状を起こす
と考えていますが、

実際の所、

赤ちゃんは滅多なことでは
ビタミンDは不足しません。

母乳に含まれている
ビタミンDの量は少なくても、

そのビタミンDは、

赤ちゃんがとても消費しやすい
形になっていて、

大部分の赤ちゃんには
十分な量となります。

母乳をたっぷり与えていれば

赤ちゃんのビタミンD不足の
欠乏症状は予防、回避できるのです。

赤ちゃんのビタミンD不足の原因

それでも、欠乏する場合には、

それは母親にそもそも
ビタミンDが欠乏している
可能性があります。

その理由として考えられるのは、

現代的なライフスタイルはに
原因があります。

ビタミンDは太陽光を浴びると

分泌すると言われています。
つまり、母子ともに、

日光不足であることが
挙げられます。

ビタミンDは本来的な意味では

補酵素として働くビタミンでは
ありません。

紫外線B波(UVB)に当たることで
体内で作られるホルモンです。

適度の日光浴から
必要とされるビタミンDの
大半が得られるように、

私たちの身体は出来ているのです。

赤ちゃんのビタミンD欠乏症状を予防する

赤ちゃんは自分やお母さんの
日光浴が足りない時にだけ、

ビタミンDの欠乏する
リスクにさらされます。

従って以下のような場合、
欠乏症状も考えられます。

・日中は家にこもっている。

・高緯度に住んでいる。

・高いビルや大気汚染が
日光を遮るような都市部に
住んでいる

・肌が黒い、つまりメラニンにより
紫外線が体内に浸透しづらいことから、
ビタミンDの生成量が少ない

・日焼け止めを使っていて、
生成量が少ない

・外出する時に、身体のほとんど、
あるいは全体を覆っている

しかし基本的に母乳で
赤ちゃんに与える分は十分です。

ビタミンDを補給する自然な方法

もし心配な場合は

一般に、外に行って
お出かけすれば、

母子ともに十分な量の
ビタミンDを生成することが出来ます。

太陽光の弊害もあるので、

赤ちゃんはたくさん
日に当たる必要はないですし、

毎日外出しなくても大丈夫です。

ビタミンDは脂肪に溶けて
肝臓に貯蔵され、

先々の備えになります。

週にたった30分、
おむつ姿で日に当たりさえすれば
事足ります。

冬場には、服を着たままで
帽子はかぶらず、

週に二時間ほど日に当たれば
良いのです。

夏の間は、日に当たりすぎると
日焼けをしますから、

皮膚がんのリスクが高まり
かねません。

できるだけ優しく太陽光が
降り注ぐ時間帯、

午前であれば十時前か
午後であれば3時以降の
外出がお勧めです。

後は母乳をしっかり飲ませれば
ビタミンD不足の欠乏症状知らずの
健康な発育は望めるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>