モテる男は恋愛を維持する為デート相手を見極める、労力と効率


今回のテーマは、

モテる男は恋愛を維持する為
デート相手を見極める、労力と効率

について紹介します。

これまでのステップを踏み、
モテる男に磨きがかかって、

もうデート相手に困らない‥

というレベルに進んだら、

今度は逆に、付き合いを絞っていく

という風に少しゲームプランを
変える必要があります。

どんな恋愛関係であれ、
それを維持していくためには、

何らかの形で、関係の
メンテナンスをする必要があります。

であっても、バイクでも
メンテナンスのかかるものほど

時間やお金、労力を費やします。

もちろんそこが魅力と言う
部分もあるかもしれません。

しかし、始めからそういった
高燃費のものとつき合うのはどうかと思います。

モテる男はデートを効率化し労力を注ぐ

私の友人の一人が、
女性の事をさして

高メンテナンス女性(手のかかる女)
中メンテナンス女性(少し手のかかる女)
低メンテナンス女性(手のかからない女)

などと分類して呼んでいます。

「女性を分類するなんて
キーッひどい、差別主義者だ」

というような意見も出るかもしれませんが、

こんな風に女性を分類することは
あなたがモテる男になるためには
大きな意味があります、

限られた時間と限られた資源
体は一つしかない中で、

最高の恋愛をするためには、

デート相手は絞り、カットする、
あらかじめ避けるなど工夫が必要です。

これからそんなメンテナンスの必要性を、
早い時期に見分ける方法を紹介しましょう。

低メンテナンス(手間のかからない)な女性の特徴

・何があっても、それを自分への
非難だと受け止める事はほとんどない

あなたが口を滑らせたり、
間抜けな事を言ったりしても

いちいち文句をつけたりしない。

イライラすることがあっても、
上手に怒りを発散してしまうので
付き合いやすい。

・感情を抑制するのがうまい。

動揺しても、表には出さず、
あなたに八つ当たりする事もない。

自分の女性に責任を持てる女性

・訳の分からない事は言わない。

常に分別を無くさないように心がけており、
あなたを困らせない。

・自分を抑えられなくなることがない。

不安になったりイライラしたり、
ストレスを感じたりしても、

責任を持って自分の感情をコントロールする。

あなたが、彼女の心の揺れに
まったく気がつかないこともしばしばある。

・何事に対しても、まだまだ
学ぶことがあると考えており、

すぐに結論に飛びつこうとしない。

また自分の考えに固執し過ぎる事もない。

・彼女にとって、一時の感情は
それほど重要ではない。

自分の感情も大切にするが、
人生における決断は、

合理的に、そして論理的に考えて下す。

・スキンシップ願望がある。

ほとんどいつでもベッドインして
スキンシップがしたい欲求を
持っているか、

またはあなたを喜ばせたいと言う
気持ちから身体の関係に応じる。

・あなたに、自分の求めているものを
察して欲しいとは思わない。

自分で告げる事に喜びを感じる

・感情の起伏があまりなく、
気分が激しく変化することがない。

・他人にどう思われているかについて、
あまり気にし過ぎない

・彼女はあなたが好きで、男が好き

・生産性と創造性に溢れ、
自分を楽しませることができる

・めったに愚痴をこぼさない

恋愛を維持する為に必要な事

もちろん、メンテナンスのかかる
女性ほどつき合っていて楽しいと
感じる事はあるでしょうが、

こうしてある程度、女性の感情的
な部分を分類しておくと、

付き合いがスムーズになります。

デート相手を見極めることができ、

無駄な労力がなくなり
効率よく物事が運べるからです。

人間は性格や感情パターン
なかなか変える事が出来ません。

つき合ってから問題やトラブルを
起こすよりも、

デートして始めのうちに
女性のメンテナンス度を理解して、

面倒なタイプであればしっかり見極めて
避ける方にしておいた方が、

後々楽になります。

デート相手がいなくて困っている‥

という段階でこうした
デート相手の見極めは不要です。

自分のレベルが上がるまでは
とにかく手当たり次第量稽古です。

しかし、
このサイトで詳しく学んだあなたなら

いくらでもデートに誘う女性はいるのです。

恋愛における労力と効率という
概念も必要になってくるのです。

だからこそ、

「今この女性とつき合っておかなければ、、
後々チャンスは無いかもしれない」

などと焦って厄介な女性とつき合うよりも

じっくり理想の女性を捜していく方が
幸せな恋愛生活を送れるでしょう。

次回からそうした見極める
チェックリストについて、

考えていくことにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>