病院出産後に新生児にビタミンKを投与する理由、弊害と危険性

病院出産後に新生児にビタミンKを投与する理由、弊害と危険性
今回のテーマは、

病院出産後に新生児にビタミンKを
投与する理由、弊害と危険性

について紹介します。

日本ではビタミンKの
シロップを飲ませる形で普及
していますが、

アメリカでは新生児に
ビタミンKを単独の筋肉注射で
与える事を推奨しており、

ほとんどの病院出産では
当たり前に行われている行為です。

が、実際には、

出生児のビタミンKの投与には
色々な意見があるのです。

新生児の健康さや
将来にわたる賢さに
影響も及ぼしかねません。

スポンサーリンク

新生児にビタミンKを投与する理由

ビタミンKというのは、

血液の凝固作用を高めることで
出血を防ぐ物質ですが、

新生児は多少足りない
状態で生まれてきます。

ビタミンKが欠乏した
赤ちゃんは、

誕生後数日して体内で
ビタミンKが生成されるまで、

内出血しやすくなります。

するとわずかな確率ですが、
ビタミンKの欠乏から来る
脳出血に至る事があります。

それを防ぐ理由から、

新生児のほとんど全員に
注射をするか、シロップを飲ませる
という結果になっているのです。

確かに、

わずかな確率とは言え、
もちろんリスクは存在します。

しかし出血が起こるのは、
およそ赤ちゃん一万人に
1人の確率なのです。

そうした低い確率の危険を
避ける為に病院では当然として
投与するのですが、

その代償としての副作用も
忘れてはいけません。

ビタミンKを投与する弊害と危険性

もし新生児が生まれてすぐ
おっぱいを与えられれば、

ビタミンKを投与する
必要はさらになくなります。

いわゆる初乳と呼ばれる
産後すぐの母親のおっぱいは

すぐに出てきますし、

通常産後4日くらいで
栄養分も豊富になり、

中にはビタミンKも
含まれています。

ですから、出生児に
母乳を与えられた乳児は、

弊害や危険性、副作用ゼロの
天然のビタミンKを投与される
ことになり、

だんだんと体内のビタミンK
の濃度は高くなるのです。

また、母乳はビタミンK以外にも

赤ちゃんが腸内細菌を生成
しやすくする物質も含んでいます。

正常な量まで腸内細菌が
増えれば、

赤ちゃんは自分の体内で
ビタミンKを作り始めます。

つまり、母子隔離をせずに
母子同室でキチンと母乳を与えれば

ビタミンK不足という問題は
なくなります。

ということはつまり、

病院出産での措置の都合で
ビタミンKが不足するのです。

病院出産は自然なお産ではない

ビタミンKは後乳、
つまり授乳の最後の方に
出てくる母乳の中に、

よりたくさん含まれます。

後乳は脂肪濃度が高いからです。

ですから母乳中のビタミンKを
あまさず受け取ろうと思えば、

赤ちゃんは一方のおっぱいを
完全に飲み終わってから

もう片方に移る必要があります。

授乳の時間や回数を制限する
病院の指導もありますが、

それでは赤ちゃんが、
ビタミンKを十分な量を
とる事が出来ないのです。

さらに、ビタミンKを生成する
腸内細菌が住み着くのにも
時間がかかる事になります。

また新生児にすぐにシロップで
糖分を与えすぎる事も
弊害があります。

赤ちゃんは母乳を
欲しがらなくなりますし、

腸内環境も悪くなります。

ビタミンKを投与が危険な理由

へその緒を切るのが早すぎた場合、

新生児が出血するリスクは
高まってしまいます。

血小板やその他の凝固因子が
含まれる血液が最大40%も
奪われてしまうからです。

また、難産になると、

鉗子の使用や吸引が

痣や皮下出血をもたらす事があります。

そうなると、赤ちゃんは
凝固因子を使い果たしてしまいます。

病院出産では確かに
ビタミンKが必要な理由も分かりますが、

自然な出産ではむしろ
弊害の方が多いです。

生まれ出てくる新生児は、

感覚に爆弾が落とされるような
経験をしています。

突然むき出しにされ、
触られ、外気は冷たく、まぶしく、
自分の泣く声も聞こえます。

そんなときに
筋肉注射をされたなら、

どれほど辛く感じるでしょう。

極めて不快に違いありません。

そのストレスが将来の
脳への悪影響も心配されています。

新生児へのビタミンK投与を避けるなら

病院出産をするなら
ビタミンKを投与は
致し方ないかもしれませんが、

それ以外の選択も
知識として知っておくべきでしょう。

もし、ビタミンKをとらない
と決めたならば、

内出血の兆候によく
気を付ける必要があります。

子供が出血したら、

或は痣が出来たら、

お医者さんに診てもらう
必要はあるでしょう。

ここで言いたいのは、

ビタミンKをとるかとらないかは
選択ができるという事です。

どのようなお産であったかを、
注意深く検討してみてください。

お産の時に赤ちゃんが
出血するような

医療介入を受けた場合には、

念のためビタミンKを与えて、

血液の凝固を助けてあげたい
と考えるかもしれません。

さらに難産だったり赤ちゃんに
内出血の可能性がある場合も、

ビタミンKを与えるのが
望ましい状況となります。

ですが、正常な分娩で
新生児が健康である場合、

深刻なまでに出血する
リスクはかなり低くなります。

初乳に含まれるビタミンKで
事足りる可能性が高いのです。

その弊害をキチンと
天秤にかけられる
賢さが親は必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>