彼女をハグして、軽く抱きしめる事で好意、反応を見る方法

彼女をハグして、軽く抱きしめてみて反応を見る方法
彼女をハグして、軽く抱きしめる事で
好意、反応を見る方法もあります。

前回「手や指で軽く触れる」
テストについて紹介しましたが、

さらに一歩進んで、

女性を軽く抱きしめてみて
その反応を見る事も、

女性のあなたへの思いを
確かめる一つの方法です。

相手への愛情表現として、

街中であってもあまり人目を
気にせずできるのが、

ハグの良いところと言えるでしょう。

街中でキスすることに嫌悪感、
羞恥心を覚える人はいても、

軽いハグや抱きしめる事なら
他人にも嫌な印象を与えにくいもの。

キスもハグも、大切な愛情表現のひとつですが、

抱きしめる事でより相手の体温を感じ

安心感や愛情を感じるものです。

だからこそ相手の女性の
好意や反応をテストする事が出来ます。

デートの相手を抱きしめる時に
まず守るべき事は、

長く抱きしめない事です。

挨拶かと思われるくらい
短く、短く、ほんの一瞬にしておく、

これは彼女の受け入れ態勢が
整っているかどうかを調べるためのもので、

あなたの性的な欲求や
女性との接触欲を満たすための
ものではないのですから。

このテストをしっかりと
クリアできたのであれば、

そちらについては、
後でいくらでも満たすことができるのです。

それではこのテクニックの
心理的なメカニズムの有効性を
詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

彼女をハグして、軽く抱きしめる事

「このままキスに進んでいいのか?」

と悩んでしまっている時は、

「こんにちは」「さようなら」

のあいさつをする時に

さりげなく彼女を抱きしめて
みるのもいいでしょう。

ハグをする感じで
抱きしめるのを一瞬にしておけば、

彼女を怖気させる事もなく
彼女の反応を見る事も出来ます。

さてこのとき彼女はあなたに
身を押し付けてくるでしょうか?

もしそうならばそれは良いサインで、
その場でキスを迫るのも良いでしょう。

不意打ちでキスするよりも

ハグをして間を作ってから
キスをするほうが、

ロマンチックなムードで

ハグをして彼女にキスを
意識させることができる

極めて効果的な方法です。

さらに、ハグに距離感を
感じる場合でも、

まだ焦らずに次の機会を
待つ事が出来ます。

彼女の心の準備がないチャンスで
いきなりキスをすると嫌われる
可能性もありますが、

このペースまで進めば
彼女の好意はある程度高まります。

焦らずしっかり進めば、
確実に次のステップに進めます。

女性が守る縄張り、パーソナルスペース

そしてこの好意、反応を見る
方法のもう一つの利点が、

心理学的にも実証されています。

人にはそれぞれ
パーソナルスペースと呼ばれる
ものがあります。

一種の心理的な縄張り
といえるものなのですが、

通常、縄張りであるだけに、
人はパーソナルスペースを
侵されると非常に不愉快になります。

電車やバスに乗って
女性が欲となりの席に荷物を置くのも

一種のこの縄張りを
守る為の行動と言われ、

「ここから中には入って欲しくない」

というサインです。

アメリカの文化人類学者の
エドワード・ホールが提唱した

4つの距離ゾーンがあります。

1.密接距離(0〜45cm)

恋人同士、家族間で観察される距離

2.個体距離(45〜120cm)

友人、知人など、親しい
関係の中で観察される距離

3.社会距離(120cm〜360cm)

商談などビジネスシーンで
観察される距離

4.公衆距離(360cm以上)

講演会や公式な場で
観察される距離

このなかで1の密接距離に
彼女が入っているようであれば、

彼女はあなたに行為を
持っている事の証拠でもあるのです。

通常は、4から1に徐々に
親密度を増していくものですが、

焦って最初から密接距離に
引き込んでしまうと、

相手は嫌悪感を感じます。

だからこそ私たちは、

声をかける所からプレデート、
そして本番デートと、

徐々に距離を近づけてきたのです。

そして、もう後一歩の所まで来ています。

彼女をハグして、軽く抱きしめてみて反応を見る

海外とは違いもともと日本には
ハグと言う文化はありませんでした。

しかし相手に対する愛情表現として
さりげなく気軽にできるのが

ハグ、軽く抱きしめるという行為です。

だからこそデート中に
ハグをする事で好意をテスト
する事が出来ます。

もしも彼女が、あなたの腕から
すり抜けたがっている様に見えれば、

まだ彼女をロマンティックな
気分にさせるための工夫がまだ
足りないと言う事です。

しかし、この距離にあなたが
入れるという事は

彼女の無意識内に
縄張りを侵されたくないという
意識は極めて低いということ、

「あなたには好意はある。
が、まだ少し早い…」

というサインと受け取りましょう。

しかし、あなたのハグを
好意的に受け止めたならば、

もうキスをするのに
準備万端という事です。

また、抱きしめてみるのと同じように
軽くキスして見るのも反応が見れます。

つまり彼女の頬にキスをして
反応を見てみるのです。

もしも彼女が、あなたに体を
預けてほほ笑めば、

それはキスに関心があると言う事で、
次に唇にキスしても受け入れてくれるでしょう。

彼女が身を引いたり、
たじろいだ様子を見せた時は

もう一度、振りだしに逆戻りです。

ほほにキスされる事さえ嫌がっているなら
唇へのキスを許す可能性はほとんどありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>