出産の医療介入は常識だが、伝統の自然派のお産も検討するべき


今回のテーマは、

出産の医療介入は常識だが、
伝統の自然派のお産も検討するべき

について紹介します。

現代社会では

テクノロジーの力に
重きが置かれすぎていて、

自然に備わる
女性の直感や新生児の能力が
軽んじられています。

そのいちばん分かりやすい例が、

恐らくお産の時に経験する
ことになるでしょう。

自然派のお産は最近では
少しずつ見直されてきましたが、

まだまだ少数派です。

歴史上を通してみて見れば、

伝統的に女性は誰にも邪魔されず、
家で子供を産むのが普通でした。

分娩というのは

人生につきものの自然な
出来事であり、

医療の対象ではなかったのです。

妊娠中、出産時、お産の後

と病院では色々な
処置がなされますが、

しっかりと勉強してみると、

それぞれの背後事情が分かってきます。

出産に関わる医療介入の
デメリットが見えてきます。

そうしてみると、

医療に関わるよりも、
昔ながらやのやり方に
戻した方が快適で安全だと、

感じる事が多々あります。

親になると、

習慣に従って、

子供が数えきれないほどの
医療介入をされるのが
目の当たりになります。

が、少しだけ疑って
色々なお産のあり方を
検討してみるのが、

賢いやり方ではないでしょうか。

スポンサーリンク

出産の医療介入は常識だが…

病院出産の医療介入では、

管理されたり、後回しにされたり、
拒否されたりする事も含めて、

医師と患者という立場を
受け入れる必要もあるでしょうが、

いわゆる常識的な
標準的であると勧められている
赤ちゃんや新生児の世話の仕方には、

多くの場合、はっきりとした
エビデンンス、科学的論拠が
ないという事を、

ほとんどの両親は
分かっていません。

インフォームドコンセント
という考え方もありますが、

結局は我慢を受け入れる
為の納得のためですから、

子供に検査や投薬をするとき、
もっと慎重に考えなければいけません。

副作用やリスクを踏まえた上、

そして他の選択肢があると言う
前提でなければ、

インフォームドコンセントは
その意味をなさないのです。

乳幼児や子供は意見を
述べる事は出来ないのですから、

治療や薬について
適切な情報はもらえませんし、

知らされてもどうなるかを
理解は出来ません。

そう言った状況ですから、

親であるあなたが子供に
変わって意見を言う事になります。

親が子供の意思決定を、

或は意思決定の不能力を
代わりに行う事になります。

というわけで、

親の権限に置いて、

その治療を法的に、
そして道徳的に、

受け入れるか否かを
決断する事になります。

出産の医療介入VS伝統の自然派のお産

赤ちゃんが生まれれば、

医療上の処置が習慣的に
いくつも行われるものです。

新生児のこうしたケアに
賛否両論があり、

それを耳にしたお母さんは
悩んでしまうかもしれません。

ただ、

お産に関わるこうした習慣的な
医療行為というのは、

必須ではなくあくまで
選択肢のひとつと考えましょう。

周りが皆やっているから
正しいというのは危険な考えです。

病院出産や自然派のお産のあり方など、

自分で色々と調べた上、

メリットとデメリットを
検討していくべきです。

このサイトでも参考にして欲しい
情報提供をしていきますが、

最終的に決断をし
責任を取るのはあなたなのです。

どのような道を選ぶにしても、

ひとつだけ
覚えておいて欲しいのが、

生まれたての赤ちゃんの健康も、

将来の健康、賢さ、幸せども、

生まれた瞬間の赤ちゃんが
どう扱いを受けるかどうかで、
変わってくるという事です。

あなたができる限りの
適切なケアをしてあげるのが
最も良い選択肢だと思います。

新生児に対する常識的な
ケアと言っても、

分娩場所によって
驚くほど違いがあります。

自分の住む地域の病院、
助産院、自宅出産の場合など、

それぞれの場所で、

染んだ行為が習慣的に行われる
しっかりと調べておく事に
越した事はないのです。

常識的な出産の医療介入のリスクから
伝統の自然派のお産まで

それぞれ具体的な事例を
次回から紹介していきます。

ぜひお産のあり方の検討の
参考として活用してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>