彼女はなぜキスを拒否し断るのか?キスを受け入れる条件

彼女はなぜキスを断るのか?
彼女はなぜキスを拒否し断るのか?

キスを受け入れる条件というもの
について今回は紹介します。

男女の恋愛において、
キスは大切な愛情表現であり

それ以上の深い関係に進むための
恋愛の第一関門とも言えます。

そして男性と女性の
キスに対する価値観は
大きな隔たりがあるのです。

前回、段階を踏む事を
怠る事がキスをする際の失敗の原因
と言う話しをしたのですが

初めてキスをする時には、

必ずいくつかの条件が
揃ってなくてはなりません。

さもなければ、

キスをしようとするあなたの
試みは失敗に終わるでしょう。

条件がすべてそろうまでは
キスは我慢したほうがいいでしょう。

断られるのがオチでしょうからです。

逆にもしも条件がすべて
満たされていると感じたならば

どんどんキスを迫っても構いません。

彼女の受け入れ態勢が万全だからです。

スポンサーリンク

彼女はなぜキスを拒否し断るのか?

ところでここで一つ
知っておいてもらいことがあるのですが、

このサイトでこれから示す例よりも早く、

彼女のキス受け入れの条件が
満たされる場合もあると言う事です。

「キスが成功するには段階がある」

と聞くと、

時間がかかる、面倒なステップがある

などと時間と手間を
かけなければいけないと言う
イメージを持つ人もいるでしょうが。

案外タイミングは早く来る事があります。

むしろ女性との恋愛体験が
少ない初心者にとって、

あまりに早いタイミングで
チャンスを逃すケースもあります。

キスは何回目のデートで…

という明確なルールが
ある訳ではありません。

お互いに何かしら惹かれるものがあり、
「イケル」と感じたのであれば、

いつでもキスを迫っても良いのです。

そうなるのはもしかしたら、

最初のデートが終わろう
とする時かもしれませんし、

その途中かもしれません。

さらにはあったばかりの女性でも
彼女があなたに夢中になり、

すっかりその気になっていれば、
そのままキスという事も可能です。

人間がキスをする理由

なぜ人はキスをするのでしょうか?

動物の習慣の名残であったり、

宗教的な儀式や挨拶が起源と言う説

古今東西の文化によって
キスの意味や形は変わると言います。

また、触れ合う唇や、唾液から、
男性ホルモンなどホルモンを
相手の女性と交換し、

「マーキング」をしている
のではないか?

という話しもあります。

アメリカの大学の実験結果では

キスによって男性は
ストレスホルモンが減少し、

女性はオキシトシンという
愛情ホルモンの増加すると発表しました。

あるいは、私たちの身体に
存在する500種以上の常在菌、

キスに酔って男女が体内菌を交換し
お互いに免疫力をあげるという
説も存在します。

つまり、、

何が正解かは分かりませんが、
いかなる学説が正しい場合でも、

人類がキスを求めるのは
至極当たり前の本能です。

彼女もキスを待ち望んでいるのです。

だからこそ彼女がキスを
受け入れる事を拒んだ場合、

そこにはある理由があるという事です。

彼女がキスを受け入れる条件

彼女がキスを拒否し断る場合、

すなわち「嫌われた」と
考えるのは早計です。

大抵の場合、

何度かデートをしている
間柄であれば、

「あなたを嫌ってキスを拒否」

という事は考えにくいです。

そのメッセージの本質は

「今はまだ早計だ!」

という事です。

キスを断られたと言って
焦ってしまってはけません。

むしろ、今後の展開を
有利にするチャンスが生まれた

と考えるようにしましょう。

彼女の心理を知るきっかけ
となるからです。

初めてのキスを迫る前に
満たすべき条件は次の通りです。

・彼女がキスに驚かない事

・彼女があなたとのキスや
それ以上のことを思い描いている事

・あなたにその気があることを
彼女が知っており、それを好ましく
感じていること

・・・

以上三つの条件です。

しかし一体どうしたら、これらの条件が
満たされていることが分かるでしょうか?

その為のテストがあります。

初めてのキスを迫る前に
このテストをすることによって

彼女に心の準備ができているか
どうか確かめることができ

同時に、心の準備を整える
手助けをすることができるのです。

ぜひこのテストを試して
彼女の反応を見てみましょう。

それからキスを実行に移せばいいのです。

次回はそんな彼女の好意を図る
テストの方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>