貯金を目的別に短期、中期、長期と種類に分けるメリットと効果

貯金を目的別に短期、中期、長期と種類に分けるメリットと効果
今回のテーマは、

貯金を目的別に短期、中期、長期
と種類に分けるメリットと効果

について紹介します。

小さな行動の違いでも、

それが積み重なることで
将来大きな差が生まれます。

お金持ちとそうでない人の

お金との使い方には
ちょっとしたコツがあります。

お金を効率的に貯めるため、
知っておきたいポイントがあります。

例えば、

私が資産家のメンターに
教わった貯金法として、

「貯金には大きく分けて
三つ種類がある」

という物があります。

貯金というのはただお金を
貯めておけば良いのではなく、

役割があるということです。

貯金はすればそれだけで良い
と考えていた私にとって

その考え方は新鮮でした。

貯金を目的別に
短期、中期、長期と分けると、

資産運用にさらなる
メリットが生まれます。

スポンサーリンク

短期的な貯金のメリットと効果

一つ目は、

「短期の貯金」です。

これはいわば緊急用の
予備資金の事で、

いざという時の支出に
備えておく貯金です。

事故や病気でも

とっさの場合に使えるように
タンス預金や家の中の金庫、

に入れておくのも良いでしょう。

もちろん、盗難や泥棒は
リスクとしてありますが、

それほど多く持っておく
必要はありません。

或は家のいちばん近所にある
銀行の普通預金に入れておく
のも良いでしょう。

保険のような役割を担うので、

この貯金は緊急の遊びの
お金に使ってはいけません。

金額としては、

家族全員が一ヶ月
生活できる費用を計算し、

最低でも3ヶ月分、

出来れば6〜9ヶ月分を
めどに貯金できれば効果的です。

一ヶ月の生活費が
15万円であれば、

45万から135万円を
貯金するのが目標でしょう。

短期の種類の貯金で、

この程度の貯金があれば

急病や事故で入院しても安心ですし、

急な出費にも対応できます。
(消費ではない)

こうした貯金は安心感
生む効果があるので、

クッション費用などとも
言われます。

急な衝撃から身を守る
クッションの役割をするからです。

中期の貯金のメリットと効果

二つ目の種類が

「中期の貯金」です。

これは目的がはっきりした
モノに使う為の貯金です。

例えば、

マンションを買いたいから
頭金を貯金する、

クルマを買う為に貯金、

海外旅行用にお金を貯める、

子供の入学金を貯めている

…などというケースです。

中期の貯金は目的を
果たせないと大変ですから、

リスクにはさらせません。

タンス預金などは避けて、
銀行に預けておきましょう。

元本を割らない金融商品
での運用が望ましいでしょう。

つまり、銀行口座への貯金です。

国債などもリスクは低いですが、
やはり貯金が無難です。

海外であれば利子の少しでも
高い所を探す案もありますが、

日本ではその必要もありません。

ただ必要な時期が
ハッキリしているならば、

その時期が満期になる定期貯金も
効果的な貯金法と言えるでしょう。

長期の貯金のメリットと効果

そして最後の種類が

「長期の貯金」です。

これは言うなれば、
老後の生活資金です。

ただし、この長期という
のが実はくせ者で、

長い間時間が経てば、

お金の価値が目減りしてしまう
という特徴を認識しておく
必要があります。

現金というのは時間が経つと
価値が下がる傾向にあります。

そのリスクがインフレです。

例えば、

40年前のラーメン一杯の平均的
な値段はいくらだったでしょう?

北海道の函館市では
当時30円くらいだったそうです。

今が600円とすれば、
実に20分の一です。

つまり、40年で物価は
20倍に増えたという事、

この意味は、

昔は1万円で買えた物が、
今では20万円出さないと
買えなくなったという事です。

それだけお金の価値が
減ったという事です。

では40年後の老後のために
貯金をしていたとすれば、、

物価を見てみると、

家電製品のように
技術の進歩によって
価格が下がる物もありますが、

基本的には長い間に
お金の価値は下落します。

これがお金の価値が目減りする
インフレと呼ばれる物です。

だからこそ、
長期の貯金の目的は、

インフレ率に対抗できる
利回りの金融商品で運用する
必要があるという事です。

その投資先を見つけるために
プールしておくために貯金をします。

貯金を目的別に種類に分ける

以前、資産管理のコツとして
銀行口座を分ける方法を
紹介しましたが、

こうした風に短期、中期、長期と
三つ別に分けておくのも、

一つのやり方かもしれません。

日頃から倹約を心がけ、

毎月可能な限り
貯金に回すという人がいます。

もちろんそれはとても
立派な生活習慣ですが、

その貯金のすべてを

ただ銀行の普通預金か
郵便局の普通貯金に
預けているだけの人が多いです。

貯金を目的別に
短期、中期、長期と

種類に分けるという
発想をもっていれば、

短期の貯金は緊急の際の
予備の資金なので、

最大1ヶ月の生活費の
6ヶ月がメドになります。

毎月の生活費が15万なら
90万あれば十分なのです。

この金額は出し入れが自由に
できる所に入れておきましょう。

でも例えば
500万円の貯金があれば、

短期の貯金はもう十分な
金額に達しているので、

全て普通預金に預けていても
メリットはありません。

目的があれば中期の貯金、
或は投資に回しましょう。

このように短期だけではなく、

中期、長期の貯金と言う
お金の色分けの視点を持てば、

よりお金持ちに近づく
お金の貯め方が出来ます。

メリットとデメリットを
補完しあえれば、

効率的なやり方ができます。

だからこそ、

「貯金には大きく分けて
三つの種類がある」

という事を知りましょう。

「自分は貯金をしているから」

と安心していてはいけません。

まだまだ貯金術というのは向上
改善の余地がある物なのです。

一つずつしっかりと
やっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>