デートで起こるトラブルを避け気まずい関係性を解消する方法


今回のテーマは、

デートで起こるトラブルを避け
気まずい関係性を解消する方法

について紹介します。

これまでみてきたように、
勝負デートとプレデートには
劇的な違いがあります。

相手がどんな女性か知るための
プレデートとは違い、

ある程度の恋心をお互いが理解する
ためのデートが勝負デートです。

だからこれまでの
テクニックを有効に使う事で

恋愛関係にスムーズに発展するのは
もう一歩…と言う感じですが、

しかし勝負デートにも
トラブル、問題は起こるのです。

「ああ、もうこの女は落ちたな…」

と、最後の一歩にさしかかる時

気を抜いてしまう男性が多いですが、

こうした場面で間違えを
起こさないようにしましょう。

デートで女性の心が大きく動く時

この時期の女性の感情の
揺れは大きいものです。

長時間一緒に過ごしている事や
お互いの間に恋愛感情が芽生えそうな
気配を感じ取ることによって、

あなたも彼女も普段より
緊張気味になってしまうのです。

そしてお互いの間に気まずい
雰囲気が流れます。

そこで慌ててしまい

思ってもないことを口にしたりします。

そして彼女は自分の世界に引きこもり、

二人が結ばれるべき理由、
或いは結ばれてはいけない理由を考えます。

男性であるあなたはあなたで
恐らく自分の世界にこもって

言ってしまったバカな言葉について後悔し

彼女は楽しんでいるだろうかと心配し、
裸の彼女をいつ見られるのかと想像している。

さらにそんな関係性を解消しようと
余計な事をしてしまい結局大失敗…

大きな心の揺れがある
タイミングだからこそ、

ひとつのきっかけで、

好き嫌いのどちらかに偏り
勝負デートが失敗に終わる事もあるのです。

これはプレデートの段階では
あまり見られないものです。

あと一押しで彼女は
あなたの恋人になる所まで来ています。

ここで気を緩めないよう、
しっかりと対策しておく必要があります。

デートで起こる気まずい関係性を解消する方法

例えばひょんなきっかけで
口論に発展してしまった、

デート中に彼女以外の
別の女性を目で追ってしまう。

一時的にある話題で盛り上がったものの、
その後しばらく沈黙が続く、

共通の知り合いに合い、
相手の意外な過去を知らされる、、

そこで妙な嫉妬心から
余計な質問をしてしまう。。

そういったことすべてが
トラブルを生みます。

勝負デートをプレデートに比べて
不安定なものにしているもう一つの理由は、

ここまでくると、
プレデートの時に比べて

二人とも相手にかなりの
投資をしていると言う事です。

時間も、お金も、感情エネルギーも、

だからこそ、それが

期待と緊張感を生み、
問題を引き起こす事につながります。

人間である以上当たり前の
心理状態です。

「むかつくな、でもまあ
この人とは気が合わないだけだ…」

と、プレデートなら簡単に
切り上げられた問題も、

勝負デートではそうもいかなくなる
ケースがあるのです。

ここでやるべき対策は

男であるあなたが

冷静になり、じっと我慢をする事です。

感情的になったらおしまいです。

デートで起こるトラブルを解消する方法

彼女が何らかの
理由で動揺を見せた時、

それは問題が起こったことを意味します。

気まずい関係性が生まれたとき、

恐らくあなたが
言ったことや、したことが、

彼女に気に障ったか、

或いは彼女の価値観に
反していたのでしょう。

二人でした何かが、
彼女の気持ちを動転させ、

彼女はその事について
あなたと話し合いたいと
思っているのかもしれません。

しかし彼女を動揺させた
出来事が何であれ、

解決策は同じです。

冷静になりあなたが折れるのです。

デートの場はフェアな世界ではありません。

このデートの段階では
女性と争っては行けません。

大丈夫です。

解決策はあります。

これから紹介して行く方法は、
どんなデートにも、どんな女性にも

そして二人の関係がどの
段階にあっても通用します。

いくつかの項目に修正を加えさせすれば
結婚生活におけるトラブルの解決にも
役立てることができます。

冷静に対処できれば、

勝負デートを経て見事
恋人関係にゴールインできます。

そして今回まず覚えて欲しいのが、

一度出来た人間関係のトラブル

嫌いとか憎悪とかではなく、
90%以上が「誤解」から生まれるものです。

ミスコミュニケーションが原因です。

お互いの誤解、勘違いの溝が埋まれば
たいていは解決されます。

それでは次回からデート中の
具体的なトラブル解消について詳しく
紹介していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>