お金持ちになる財布の使い方、小銭入れ、カード入れの管理法

お金持ちになる財布の使い方、小銭入れ、カード入れの管理法
今回のテーマは、

お金持ちになる財布の使い方、
小銭入れ、カード入れの管理法

について紹介します。

前回は収入を配分するという
お金の管理方法を学んだわけですが

これはある程度、抽象的な
お金の管理だったわけですが、

もう少し具体的にお金と
どう接するかに付いて、

今回は考えて見ましょう。

昔、銀行員をやっていた
私の友人と、

お金持ちになれる人には
何か共通点があるのではないか?

と話し合った事があります。

彼は仕事上、お金と接し、

様々な人と出会い、

彼らのお金に対する接し方
付き合い方を見てきました。

私もお金持ちと呼ばれる
人をたくさん見てきたのですが、

ひとことで、

お金持ちになり、お金が貯まる人
の特徴というのは、

『お金をとても大切にする』

と言えます。

仕事もビジネスモデルも
お金の稼ぎ方も多種多様ですが、

お金を大切にしないお金持ち
というのは一人も知りません。

これを証明するような
事例はたくさんあるのですが、

まず実感として感じるの

が彼らの財布へのこだわり
使い方です。

スポンサーリンク

お金持ちになる財布の使い方

もちろんこれから先、

時代は変わりキャッシュレス化が
進むかもしれないですが、

お金を持ち歩くときに
基本的に財布は必要です。

お金と財布はペアのようなもので、

お金との接し方の態度は、
財布の使い方にも現れます。

さて、お金を大切にする
というのはどういう事でしょうか?

これから順を追って
できるだけ具体的に
説明していこうと思いますが、

ここで一つ質問です。

あなたは、お札用の財布と
コイン用の小銭入れを
別々に持っていますか?

実は一緒にしている人は、

少々、お金と距離感がある

お金を大切にしきれていない
と言えるかもしれません。

「財布を別々に持つのは
煩わしいじゃないか…」

という意見も聞こえてきそうですが、

ここであなたの生活を
振り返ってみましょう。

例えば紙幣とコインを
一緒に財布に入れておくと、

コインがじゃらじゃらと
音を立てていないでしょうか?

私も昔コイン入れのある
財布を使っていましたが、

ビジネスの師匠に指摘されて、

少しの間だけ使い
しまい込むようにしました。

そこでお金との使いが
少しだけ変わりました。

もちろん、ちょうどその時期
少しお金に余裕が出てきて、

小銭の支払いをする際にも、

ポケットから財布を
取り出さなければならず、

何となく不用心さを
感じたという事もあるのですが、

幸運なことに財布をすられた
経験は一度もなかったのですが、

わずかな支払いをするのに、

カードやお札の入った
財布を出し入れするのは
やはり少し不安なものです。

こうしたメンタルは繊細に
でも確実に影響します。

財布と小銭入れを分ける管理法

お金持ちだった
師匠から言われたのが

「お金はビクビクと付き合うと、
大きく入ってくる事はない」

とのこと、

お金を持ったとしても

堂々としていないと、
嫌われてしまいます。

お金がないならないなりに、

堂々と付き合う必要が
あるのです。

財布の中を覗き込んだり、

手を突っ込んで
10円玉を探したり、

カードとカードがくっついて
いるのを懸命に離したり…

こう言った事を支払いの
たびに行っていれば、

無意識にお金との距離感
出来てしまいます。

また、物騒な時代ですから、

長々と財布を人目にさらすのは、

管理法としても危険と
認識しておくべきでしょう。

海外に行くときにも
盗難などのリスクがあります。

財布はお札入れと小銭入れを
別々に持つ、

というのは数多くの
お金持ちも実践する、

オススメできる習慣です。

お札の向きを揃えたり、
財布の色をこだわるのも大切です。

領収書は財布に長い間
入れておかないことなども大事です。

が、まずは二つに分けるという
事をやってみて欲しいと思います。

お金持ちが小銭入れを持つ理由

お金との距離感を縮める
財布の使い方は、

以下のような物があります。

1.「財布」と「小銭入れ」は
別々に持つ

2.お札は10枚以内、
カードは4枚以内に収める

3.小銭入れには100円玉と
10円玉だけ入れる

4.財布の中に、定期やSuica
ポイントカード入れない
=カード入れを別に持つ

そして財布や小銭入れは
カバンの中に入れておき、

さっと出して、さっとしまう
のがいちばん安全です。

また私がお金持ちに習った

お金の管理法の習慣で
興味深い物があるのですが、

小銭入れには100円と
10円玉しか入れない

というものです。

基本的に1円、5円、50円、
500円玉は

家とオフィスにある
貯金箱に入れていくと、

自然と小銭が貯まります。

それがいっぱいになれば
銀行で入金すれば

貯金に回すことが出来ます。

或は寄付をしても
良いかもしれません。

いずれにせよ、小銭入れの
管理法としては、

100円と10円しか
入っていないので、

小銭入れを人目にさらす
時間が少なくて済みますし、

支払いも迅速に行えます。

あまり小銭を入れすぎず
財布を傷つけずにも済みます。

財布には10枚までしか
お札を入れないのも
同じ理由です。

小銭入れにもコインが
たくさん貯まってしまえば
出し入れに苦労します。

膨らんだ財布と同様、

パンパンになった小銭入れは

衣服やポケットを
傷つける恐れもあります。

財布とカード入れの管理法

私自身はポイントカードなど
持たない主義なので、

カードは少なく、

カード入れを持たないですが、

お金持ちの師匠は
カードが多い場合は、

これも財布とカード入れを
分けなさいと言います。

またカード入れも別に持つ
というのも、

安全の理由だけでなく、
紛失を防ぐ事にもなります。

以前、たくさんカードを
持っていた時代は、

使う時にいちいち
全部チェックせねばならず、

財布を人目にさらす時間が
長くて不用心でした。

これもカード専門のカード入れを
持つと問題解決します。

ただ、それでも

10枚以上カードを一つの
カード入れにしまっておくと、

同じことが起きてしまいます。

普段良く使うカード

例えば、クレジットカード1枚、
銀行カードにSuica1枚
免許証と保健証であれば、

5枚ほどだけで済みます。

これだけ持ち歩き、
後は自宅に保管しておけば、

紛失、盗難のリスクが
減らせるだけでなく、

支払いも迅速になるでしょう。

持ち歩くカードが3、4枚であれば、

財布に入れても大丈夫です。

でも10枚近くになるなら財布と
別にカード入れを持っておくのが、

お金持ちの管理法と言えます。

お金持ちの財布の使い方、付き合い方

財布というのはお金の住まい
とも言えるわけですから、

できるだけ心地の良い
家に住まわせてあげるほど、

お金の方がその財布に
集まって来たくなるのでしょう。

そしてもう一つ、

「財布とその中身は人に見せるもの」

と勘違いしている
成金の人もいますが、

(恥ずかしながら、私自身
以前はそうでした…)

あなたはお金が増えても
こうした事をしないで欲しいです。

本当のお金持ち、
品のある資産家ほど、

人前で極力お金を
見せる事をしません。

まるで、他人に自分の
お金を見せてしまうと、

お金に羽が生えて
飛んでいってしまうと、

恐れているような
フシすらあります。

頑張って働いて稼いで
貯めたお金を、

自宅で1人で現金を眺めたり、

預金通帳の残高を
見入るのはかまいませんが、

人前でお金を見せびらかす
のは愚の骨頂です。

そしてそうした態度は
財布の使い方、付き合い方にも
現れるのです。

人にお金を見せない事は、

実は蓄財のコツでもあります。

できるだけ財布の中身や
小銭入れの内部を見られない為にも、

財布と小銭入れ、そして
カード入れは分けておき、

それぞれスリムに管理する。

出し入れを簡単にしておく事は
非常に大切です。

もちろんこれはあくまで
一例にすぎませんが、

お金には意志があり、
お金は大事にされるのを喜びます。

現金やカードを粗末に
扱うお金持ちを

私は見た事がありません。

大事にする方法の一つとして、

お札、コイン、カードを
それぞれに大切に管理し、

人目にさらさないようにする
ということは大切なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>