金融危機の個人的な対策はお金持ちになる覚悟を決め努力する事

金融危機の個人的な対策はお金持ちになる覚悟を決め努力する事
今回のテーマは、

金融危機の個人的な対策はお金持ち
になる覚悟を決め努力する事

について紹介します。

一生懸命やること、

これは

どんな分野であれ
いつの時代であれ、
どこの世界であれ、

求められる成功法則と
言えるのではないでしょうか。

そして、これからの時代は

一生懸命に頭を使うことです。

高度成長時代のように
景気が右肩上がりの時代なら、

真面目に働き、

コツコツと保守的に
貯金をするだけで、

問題はありませんでした。

ある程度の資産を得て老後まで
悠々自適に生活できたでしょう。

しかし、金融資産の
根本的価値が崩れている

と言っても過言ではない
現代社会では、

旧態依然とした
貯蓄方法、資産の運用に
こだわっていては問題です。

お金持ちになるには何かに
依存しては絶対になれません。

私の知人の1人に、

かなり稼いでいる医師がいます。

医者というのは高所得の
イメージがあるかもしれませんが、

実際には格差が開いて
きているようです。

これに気づかない医者は将来
貧乏で苦労するかもしれません。

彼はこのことに気づき、

医者もただ病院の言いなりで
働いているだけではダメだ、

と若い頃からビジョンを持って
仕事をしてきたそうです。

クリニックを5つ経営していて、
医師は自分1人、

1人で五カ所を回っています。

スタッフは抱えていますから
経営者の役割も担っています。

まさに馬車馬のように
働いている人なのですが、

金融面にもかなり詳しいので
いつも勉強になります。

スポンサーリンク

金融危機の個人的な対策は?

そんな彼は近い将来、日本の
金融危機が来ることを予見していて、

対策、対処法を考えているのですが、

結局のところ

「完全に手を打つ」

ということは難しいようです。

リスクを完全に避ける
ということは不可能ですし、

未来を完全に読める人はいませんし、

日本が金融危機に襲われて
100%それを回避する

という日本人は少ないはずです。

日本で経済活動を行い、
生活する上で、

必ず影響を受ける物です。

ただリスクを把握していないと
次の手も打てなくなります。

だからこそ大切なのは、

金融危機に見舞われても
受ける打撃を少しでも

減らす為の努力をする
しかないと結論づけており、

この意見に私も同感です。

結局は個人でどうにか
対策をするしかないのです。

国や企業に頼っていれば
振り回されるだけなのです。

金融危機の対策はお金持ちになる事

その彼が面白いことを
言っていました。

「今世界経済全体が沈んでいく中、

自分も沈む行く船に乗っている
のだとすれば、

その船の中だけでも上に上がれる
状態を作っておく為にも、

自分のブランド力を
付けておかないと行けない。

仕方が無いと何も手を
打たないのではなく、

全体が沈んでいる状態にあっても、

自分は少しでも浮かび上がれる
努力をしていくことが
大切なんだと思う」

そうです。

結局は個人次第なのです。

お金持ちは幸運だけで
なれるものではありません。

お金持ち、資産家には
それぞれ個性があります。

ウォーレンバフェットさんは
自分の欲望に左右されないで、

じっと待つ、ひたすら待つ

常人レベルではない
忍耐力があるからこそ、

世界有数の投資家になりました。

優れた投資家には何か
突出した精神性があります。

彼らか決して耳より情報に
乗っかりお金持ちになった
訳ではありません。

覚悟を決め、努力をして
自らの手で掴んだのです。

金融危機における最良の資産運用

あなたがお金持ちになれるか、
なれないか?

それは国の経済にかかっている、、

という訳ではないのです。

あなたの給料が上がらないのは

「景気のせい」ではありません。

自分の努力次第な訳です。

成功者たちの働きからこうした
態度を学ぶことができます。

確かに良く考えてみれば、

どれだけ景気が悪くなっても、

経済活動がゼロになる
ということはあり得ません。

不景気な時代ほど、

品質のより高いものや
サービスに集中するのは
当たり前のことでしょう。

「いくらの貯金がある」
「これだけ資産がある」

ということよりも

「自分ブランド」を高める、

ビジネスのスキルを磨いたり、
ファイナンシャルリテラシーを磨く

信用を高める努力を
コツコツとし続ける方が、

実は最良の資産運用
だったりします。

やはりこうした時にも
最も役に立つ投資は、

自己投資な訳です。

脳に入った知恵はどんな
災害が来ても流されませんし、

税金でも取られません。

役人でも政治家でも
没収できない財産です。

金融危機が起きて、

いちばん被害を被るのは、

他人に依存する人です。

国や企業に決断を
任せる人なのです。

お金持ちになる覚悟を決め努力する事

自分の能力が高ければ、

好景気であれば波に乗れ、
不景気であっても打開できます。

正しいお金の知識に
鍛え上がられた脳があれば、

世界中どこであっても
富を築くこともできます。

お金持ちになる為には
お金の能力を高める、

これが最強なのです。

その為の覚悟を決め
努力をする事が、

いちばんの近道です。

金融危機も金融不安も
何も関係ないのです。

仮に日本沈んでも海外に出て
豊かになってやるというくらいの
気概を持ちましょう。

そもそもお金持ちになることは

「世の中に大きな貢献をする」

と覚悟をする事でもあります。

お金とは信用力、

言い換えれば、お金持ち
になると言うことは、

信用を積み上げる努力を
厭わないということです。

価値を世界に提供するからこそ
お金というリターンを得るのです。

「お金持ちになりたい」

と堂々ということは、

「世の中に大きな貢献をする」

と宣言するような物です。

その覚悟が出来たのであれば、

あなたもお金持ちになる
準備ができたということなのです。

そして将来どうなるか分からない
未知の危機にも耐えられる、

今こそ力を付ける時なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>