ハイイールド債に見る金融のプロ、証券会社のアドバイスの是非


今回のテーマは、

ハイイールド債に見る金融のプロ、
証券会社のアドバイスの是非

について紹介します。

世界一の投資家である、

ウォーレンバフェットさんは、

多くの名言を残していますが、
こんな皮肉も言っています。

「地下鉄で通勤している連中の助言を、

”ロールスロイス”で乗り付けてきた
連中がありがたく拝聴するような場所は、

ウォール街以外には存在しない」

この言葉の真意を心から
理解したならば、

金融の世界で騙される確率は
大きく減るのではないでしょうか。

高い知性を備え、努力家であり
ビジネスで大きな成功を収めた人も、

なぜか自称金融のプロや

証券会社の人の意見を
素直に聞いてしまうのです。

つまり自分で投資する
お金も持っていないような、

証券会社に雇われる
サラリーマンの助言を
簡単に受け入れてしまう状況に、

バフェットさんは常々
違和感を覚えてきたようです。

スポンサーリンク

ハイイールド債のと格付け

彼らの目的はお客さんを
豊かにすることではなく、

売買手数料を稼ぐことである
ということが分かれば、

彼らの意見を鵜呑みにすることの
リスクも分かってくるはずです。

最近では販売が好調な
投資信託の中にも

非常にリスクの高い
商品があります。

例えば、

「高利回り社債ファンド」

もその一つで、

「ハイイールド債」

と呼ばれて、ここ数年
良く売れているそうです。

リスクが高い商品を
買うことを否定はしませんが、

よく理由もわからず

債券なら安心と間違った認識で

ハイリスク商品に
手を出しているのであれば、

それは問題と言えるでしょう。

お金の教養が低い行為です。

ハイイールド債のハイは
「高い」のHighで、

イールドは「利回り」のこと、

高利回りと言えば聞こえは
いいですが、

前にも紹介した通り、

高利回りというのは
品質が低いということです。

別名、ジャンクフードならぬ

ジャンクボンドファンド
などとも呼ばれているのです。

ハイリスク商品に投資するならば

高い利回りですから当然、
低い格付けがなされています。

金融の世界で使われる
格付けでは、

上から

トリプルA(Aが三つ)
ダブルA(Aが二つ)
シングルA(Aが一つ)

となっていますが、

その下がトリプルBで
Bが三つです。

シングルAより下は、

日本語で直訳すれば
「投資不適格」ということで、

シングルAまでがかろうじて
投資対象となります。

B段階以下のものは、

日本語で分かりやすく言えば、

「投機的水準」で、

投資対象としては
不向きであるということです。

(もちろん格付け会社の格付けを
鵜呑みにするのも素人考えですが。)

ハイイールド債のリスクとリターン

実は、ハイイールド債というのは

ダブルB以下の物を
寄せ集めた金融商品です。

日本語に直訳すれば

「投資不適格債券ファンド」

となるでしょう。

それがこの商品の本質です。

ハイイールド債と聞けば
何となく聞こえはいいですが、

中身は社債が多く、

基本的には数年以内に破綻が予測
される債券が多いのが実情です。

しかし利回りが高いので、

破綻する前に乗り換える
ことが出来れば、

ハイリスクながら
ハイリターンを確保できます。

Wikipediaでも、

このハイイールド債を

「高利回り債券のこと。

投機的格付け債、ジャンク債
と呼ばれる物とほぼ同義である」

と表現されています。

つまり、投機的格付け債であり、

ジャンク(ゴミ)のような
寄せ集めのカテゴリーとして
扱われる物だと言うことです。

こう聞いてもこの債券に
大切なお金を投資しよう
という気になりますか?

恐らく大抵の人が躊躇するはずです。

金融のプロなら、
ハイリスク商品として
認識するはずです。

証券会社のアドバイスの是非

ところが、

大手証券会社や都市銀行などで
人気の商品が、

この種の債券だったりする訳です。

高利回りは人を惹き付けます。

しかしリスクが高いことは
あまり理解されていません。

こうした危険な金融商品が
平気で出回り、

しかも日本を代表する
金融機関で売り出されている、

この日本の現状をまずは
しっかりと把握しましょう。

金融商品のアドバイスを
受けるのであれば、

証券会社のセールスマンではなく、

自分で実際に資産運用している
人が望ましいというのは
言うまでもありません。

しかしそのうえで、

運用のプロであっても、

色々な種類の専門家がいる
ということも知っておきましょう。

私の知人の元ファンドマネージャーは

数千億単位の債券を
トレードするプロでした。

が、その人はただ債券に
詳しい人であり、

個人資産の運用は

ごく当たり前の債券、株式、
不動産の運用をしていただけです。

これから新興国
伸びそうだからと、

私に相談してきましたが、

それほど先見の明がある
分析ではありませんでした。

当然、リーマンショックや
サブプライム問題の際には、

周りの人と同じように
損失を出しています。

数千億円の運用の
専門家だからといって、

腕がいいとは限りません。

金融のプロ、証券会社のアドバイス

とはいえ、アドバイスを
受けない方がいいのかと言えば、

そうでもないのです。

人は自分の欲望を
コントロールすることは

極めて難しいので、

ある程度、運用のプロの
アドバイスを受けるのも
大切なことです。

このあたりのバランスの
見極めこそ重要なのですが

金融のプロと言われる
人の中には、

3~5年の予測をほぼ
確実に的中させる、

正しい判断をしている
優秀な人も、

少数ながら存在します。

しかし彼らを見ると凡人には、

なぜそんなところに
投資をするんだろうと、

首をひねってしまうような
投資をしたりするので、

一般の人にはなかなか
理解できないのが実情です。

極端な話、

太陽の黒点の数までが
選別の基準に入れている
ような人までいます。

1800年代の
恐慌の時代とまったく同じ
現象が今起こっている、

と力説する人もいます。

金融のプロの見分け方

ちなみに先ほど紹介した
ジャンク債で巨万の富を得た
とされる人物が、

マイケル・ミルケンさん

彼は映画にもなった
「ウォール街」で

”Greed is Good”
(強欲は善だ!)

と言い放ったキャラクター

マイケル・ダグラスが演じた
主人公ゴードン・ゲッコーの
モデルになったと言われる人物です。

ジャンク債投資がダメ、
というわけではないわけです。

とにかく、投資の世界も
様々なスタイルがあり、

世間一般の基準では
奇人変人がうごめいている
と見えるような世界が、

投資の世界なのです。

そうした一般人には理解
しがたいような、

超一流の人たちの
情報を噛み砕いて、

紹介していくのも
このサイトの役割の一つ
だと考えています。

もちろん教科書的な

「長期運用、分散投資」

も大切ですが、

超一流のやり方を
学ぶのも大切です。

ただ、いくら数千億円の
トレードをしていても、

ある分野の極狭い範囲の
プロでしかない、

広い意味での運用では
何の変哲もない方法しか出来ず、

全体的には洞察力が足りない、

そう言う金融のプロが
多いのが日本の現状です。

それだけではなく
ほとんど無知にも関わらず、

決められたセールストーク
だけをする、

証券会社のセールスマン
もいます。

ハイイールド債という
高リスク商品を

証券会社のアドバイス
=金融のプロのアドバイス

と勘違いして投資する
人もいるのです。

大きな組織の看板に
踊らされることないよう、

自分で金融の勉強をすることが、

信頼できるプロを見極める
目を養う方法でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>