デートで彼女を男友だち扱いする男はモテない、マナーをよく


今回のテーマは、

デートで彼女を男友だち扱い
する男はモテない、マナーをよく

について紹介します。

男と女はまるで違う生き物、、

その前提でデートに臨みましょう。

デートで失敗する典型例が、
彼女を男友達並みに扱ってしまう事です。

あまり緊張しないため、

古くからの友人と遊ぶように
デートした方が良いと

言うアドバイスもあるそうですが、

女性はあくまで恋人として
特別な存在として扱うべきです。

これまでデートに縁が遠かった
モテない男性ほど無意識でこの失敗を
してしまいがちです。

マナーを間違えてしまい、

ふとした瞬間に下品な言葉や
態度を発してしまう事もあります。

自分がどこくらいの頻度で
「卑猥な」言葉を使っているかに気をつけ、

できるだけ「上品な」な
ふるまいをすることが大切です。

何事にも時と場合があるのです。

男友達と一緒の時は、

手づかみで食べ物を食べても、
毒舌を吐くのも、

ゲップやおならの大音量を
響かせて大笑いするのも

缶ビールをそのまま飲むのも

楽しいことだと思います。

スポンサーリンク

デートで彼女を男友だち扱いすないこと

ただし、、

彼女とのデートのときにはこうした
行為は望ましいものではありません。

大部分の男性はそのことを
直感的に知っているのですが、

よりによってデートのときに
その場にふさわしい行動を取れない
事もよくあるのです。

大きな音でゲップをしておいて
1人で笑っているとか、

自分の同僚たちがいかに
バカであるかという話をし

下品な言葉を得意げに使いまくる。

こういう事をすれば、女性は
さっさとあなたを「恋人候補」からはずし、

デートを早めに切り上げる
口実を考え始めます。

女性の前ではどんな振る舞いがふさわしく
どんな振る舞いがふさわしくないか

を知っておく事によって
こうした失敗は防げるのです。

マナーをよくする男はモテる

もし習慣的にこうした態度が
身に付いてしまっていれば、

意識して変えるべきでしょう。

癖や口癖などはつい
習慣でやってしまうものです。

だからこそ矯正もできるのです。

女性にとって理想の男性像、

これを目指しましょう。

そうでなければいつまでもモテない
まま過ごす事になるからです。

また非常に多くの男性が、

今風のデートのマナーが
分からないと悩んでいます。

男尊女卑の時代から
時代が大きく変わり

差別的な事柄に極度に
敏感になった現代社会において、

男女平等の反動が強く働くこともあります。

女性をどう扱ったら
いいのか分からないと嘆く

男性の声が繰り返し
聞かれるようになりました。

「デートの時に女性のために
ドアを開けると怒られました・・・」

と相談してきた男性がいます。

そして女性の前でどうふるまえば良いか
分からなくなったと悩むようになりました。

現代社会の男女の立場

確かにマナーというのは、

文化や習慣、歴史によって違い、
時代によって価値観も変化します。

マナーの良い振る舞いが何か?

分からなくなり混乱する。

気持ちは分かりますが経験的には、

デートの際は、けた外れの

マナーのよさで女性に
接するのが一番だと思います。

例えば、

彼女のためにドアを開けてあげる、
外に出るときにはコートを渡してあげる、
彼女に手を貸してコートを着せてあげ
あなたより先に彼女が椅子に座るよう気を配り、
彼女より先に食事に手をつけたりしない、

という事を実践するのです。

とはいえ、こう行為で、
あなたはいつでもすべての女性を
喜ばすことができるわけではありません。

あなたにできる事は自分の
信念に従って行動することです。

ただしあくまで女性を特別の存在と認める。

決してデートで彼女を男友だち扱い
してはいけないのです。

女性を尊敬する気持ちを持てば、

仕草やマナーも変わるはずです。

意識を高くデートの臨みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>