銀行もファイナンシャルプランナーも資産運用の専門家ではない


今回のテーマは、

銀行もファイナンシャルプランナーも
資産運用の専門家ではない

について紹介します。

前回紹介したような、

トイチや詐欺師などの
悪徳業者には関わらないし、

引っかからないから
私は大丈夫、

とたかをくくっている人も
いるかもしれませんが、

気を引き締めないと
罠がたくさんあります。

この世界には自称専門家
を自負するプロがいます。

彼らにお金を運用してもらう、
或はアドバイスを聞けば、

うまく行くのでしょうか?

残念ながらそうではありません。

金融のプロであるなら、

例えば、自分が
勧めるような商品を、

自分でも投資している、

例えばよくセミナーなどで、

海外ファンドを勧める
講師の人がいますが、

その講師自身が
そのファンドを買っているか

といえば、そうではない
ケースが多いのです。

金融のプロというのは
実に曖昧な定義なのです。

例えば新聞や雑誌の
特集などでありますが、

日本では、

FP(ファイナンシャルプランナー)

の資格を持っている人に、

「あなたはこれまでどんな
運用方法をしてきましたか?」

と質問すると、

圧倒的に多くの人が、

定期預金や国債の購入など
という答えが上がります。

勧める理由も運用の
素人っぽいですし、

運用の修羅場をくぐり抜けた
プロの意見とは言えません。

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーの知識とは?

彼らは確かに詐欺ではありません。

ルール違反、違法行為を
しているわけではありません。

むしろ善意を誠意を持って
あなたに近づいてくるはずです。

しかし、、です。

その善意とは関係なく、

彼らのアドバイスに従えば
豊かになるかと言えば、

そうではないことが
この世界の難しいところです。

金融業界にはFPの
資格を持っている人が、

実に多くいます。

銀行や証券会社、保険会社
などに勤める人の大半は、

FPの資格を持っている
と考えていいでしょう。

だからこそ

お金の専門家だ

と認識してしまい、
資産運用も良く知っている

と思い込んでしまいますが、

FPになるためのテキストでは、

不動産には固定資産税がかかる、

保険にはこれだけの種類がある、

など税法や法律を含め

一般的な金融商品の知識を幅広く
勉強できるようになっています。

確かに、基本知識を
身につけるには、

最適の資格だと思いますが、

運用する能力とは
あくまでも無関係、

お金を稼いだり、
増やしたりする能力が
それでつく訳ではありません。

これからどの会社が伸びて、
どんな業種に将来性があるか、

どこに投資すれば有利かなどを
感知する能力とは何の関連性
もありません。

ところが、

「大手○○銀行のFPの
有資格者である◇◇さんです」

と紹介されると、

思わずお金のプロ、専門家だと
感じてしまうものです。

そして彼らのアドバイスを
鵜呑みにする人が多いです。

彼らは資産運用の専門家ではない

ウェディングプランナーや
イベントプランナーなど、

その道を取り仕切るプロ、

というようなイメージです。

ファイナンシャル(金融)
プランニング(計画)

などという、FPという名称
自体がお金に関連していると
連想させるので、

知らない人はつい
信用してしまうものです。

ところが、実情は想像と
全然違うものです。

しかも銀行というのは特定の
顧客と親密になりすぎるの
を防ぐため、

数年で部署を交代
しなければなりません。

転勤や部署異動が頻繁にあり、

顧客との良い意味での
関係を築く事が出来ません。

それは悪い事を防止
する手段ではありますが、

顧客の側としては
理不尽とも思える制度です。

顧客としては、

長期間資産運用の
アドバイスをしてもらうことで

利便性も増してくる訳ですから、

良い人に当たった場合は、

ずっとお世話になりたいと
思うのが人情でしょう。

しかし、銀行の実情は
そうなってはいないのです。

とは言え銀行員の中に
金融の専門家、プロがいるか
と言えばそれも疑問です。

「投資信託には格付けがある」

というの知っている人には
当たり前の常識ですが、

私の知人の話では、

銀行の窓口に行って

「この投資信託の
格付けはいくつですか?」

と聞いたところ、

銀行員から

「格付けってなんですか?」

と逆に聞かれたと言う
笑い話もあります。

窓口の担当者は、

その程度のレベルだと
思っていた方がいいでしょう。

日本の金融業界にプロはいない?

欧米に比べて日本では、

金融機関が力を
持ちすぎているのです。

政治献金などにより、

自分たちが都合がいいように
官僚などを利用して、

いわゆる護送船団方式を
作り上げてきました。

色々な分野で自由化が
叫ばれていますが、

金融の世界は今でもこの
システムが保たれています。

そのため、他の国にあるような、

まずまず優良と評価できる

ファンドが日本には
ほとんど存在しません。

あまりに金融機関が
力を持ちすぎていて、

その金融機関が属している
企業グループや、

協力関係にある金融機関が販売
している商品のみを売りたい、

という本音があるのです。

私の知人に証券会社の
営業マンが多いですが、

彼らは営業活動に励んでいると、

勉強する時間は
それだけ少なくなります。

営業の仕事の本質は
商品を売る事にあります。

つまり、商品を売る能力と
お金の運用能力は別物です。

彼らは投資家ではなく
むしろセールスマンなのです。

銀行もまったく同じです。

あなたの担当の銀行員が
たまたま運用能力を磨ける
機会を持っていた人や、

自らそうした環境に
身を投じて磨き続けていた人に
アドバイスを受ける事になれば、

とてもラッキーでしょう。

銀行もファイナンシャルプランナーの役割

しかし、普通の銀行員は本社が
勧める商品を売る事が仕事であり、

運用が仕事ではないのです。

ファイナンシャルプランナー

とはいえ、自分が働く会社の
意向を受け継ぐアドバイス
しか出来ません。

いくら大手銀行の看板を
掲げていても、

結局はその人個人の
スキルや能力の問題ですから、

それを見抜く力が必要になります。

世界を見渡すと、運用で成功して
いるプロ中のプロはほぼ全員、

一度は地獄を見ています。

運用で我が身をすり
減らしてきています。

絶対に自分の資産をどうするか
という決断を他人に委ねる
ことはありません。

日本ではそうした経験を積んだ
金融マンは、ほとんどいません。

世界一の投資家と言われる、

ウォーレンバフェットさんも
運用を始めた初期の頃に

すっからかん経験を一度しています。

私の知人の資産家に数十億円もの
資産を保有している人がいます。

その人は一度株ですってん
てんになったそうです。

初めは数千万円くらいまで
増えたけれど、

いきなり全て失い、

それが悔しくて猛勉強
したと言います。

身体で覚えるまで
お金の知識を鍛え上げて、

そこから再び資産を
築き上げたのです。

全ては経験が物を言う世界なのです。

金融のプロが、すなわち
運用のプロではないとしたら、

どこで判断したらいいの
でしょうか。

金融機関の看板でもなく、
資格でもありません。

その人のバックグラウンド、

過去の運用実績を
聞いてみる事がいちばんなのです。

そして素晴らしい運用成績を
あげている人はおそらく皆無、、

つまり自分で頑張るしかない、

ということに気づくでしょう。

無闇に資産運用の専門家ではない
銀行やファイナンシャルプランナーに
アドバイスを求めない方が、

身の為と言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>