トイチに学ぶ利子、複利がマイナスに働く借金の人生破滅の恐怖


今回のテーマは、

トイチに学ぶ利子、複利がマイナスに
働く借金の人生破滅の恐怖

について紹介します。

最初に、お金の特性を
理解していくのに最適な、

極端な例を紹介しましょう。

裏社会を描いた漫画など
ではおなじみかもしれませんが、

「トイチ」

という言葉を
聞いた事があるでしょう。

トイチというのは、

10日で1割の利子がつく
という借金の仕組みです。

トイチで100万円を借りる場合、

業者は最初に次のように言います。

「10万円だけ返して
もらえばいいですよ。」

実は、

この10万円が利子です。

今すぐ100万円が欲しい、
ないと困るという人は、

目の前に100万円を積まれて、

「10日後に10万円だけ
入れて(返して)もらえばいい」

と言われると、

目の前のお金しか目に入らず、

簡単に返済できる
ような気になります。

しかしここに借金が人生破滅に導く
恐怖の罠が存在するのです。

スポンサーリンク

複利がマイナスに働く借金の恐怖

私が最初にこの言葉を知ったのは、

青木雄二さんの漫画
「ナニワ金融道」でした。

このカラクリを理解しましょう。

先ほどの例で言えば、

なんとかその日は10万円
集める事が出来ました。

ところが、

10日後に10万円支払っても、

元本の100万円はそのままなのです。

そして、また利子を
支払わなければ行けません。

そして一回でも利子が
払えなくなれば、

借金総額はどんどん増えていきます。

それが複利の作用が働き
雪だるま式に増えていけば、

確実に破滅です。

複利であればトイチで借りた
お金は年利3142%にもなるのです。

「そんな話に騙される人がいるの?」

と笑うような話かもしれませんが、

そう言う人がいちばん
危険かもしれません。

借金の複利計算を見くびらない

毎日のように似たような
話の被害者が出ています。

お金を借りたい人は、

利子だけに目がいって冷静な
判断力がなくなっています。

悪徳業者はそうした人の心理を
しっかり勉強しています。

もし

「10日後の借金の
総額は110万円ですよ」

と言われたら、

被害者は激減するでしょう。

今100万円に困っている人が、

10日後に110万円
返せる訳がないからです。

でも、貸す側は真実を教える
ような言い方などしません。

このトイチの借金はもちろん
違法行為で犯罪です。

でもなかなか減らないのです。

この犯罪のいちばん
恐ろしいところは、

貸す側が借りる側に
返済の大変さを感じさせない、

焦らないことに
対してエネルギーを
そそいでいる点です。

そして恐ろしいのは、

こうしたい方の闇金だけでなく、

全ての借金、金利、ローン、
利子がマイナスに働いた時、

複利の力が働くと行くことです。

トイチに学ぶ利子、複利の恐怖

私自身はヤミ金には手を
出したことがないのですが、

聞くところによると

最初はにっこり笑って

「いいですよ。また10日後に
10%だけ返してくれれば
いいですから」

と言われると、妙に
安心してしまうそうです。

悪徳業者は10日ごとに現れますが、

始めはとても親切な対応で、

「いつまでも待ちます」

と言って帰っていきます。

これは、利子計算を止めますと、

親切で言っている
のではありません。

利子は毎日、
着実に増えていきます。

その分、負担が大きくなるのです。

「いつまでも待ちますよ」

と言われると、

人は絶対に先延ばしにします。

そのうちに一ヶ月が過ぎ
三ヶ月が過ぎ、半年が
あっという間に経ってしまいます。

トイチでの借金が複利で増えれば

ここからトイチの本当の
恐ろしさが正体を現します。

さて、一年後、ずるずる
と先延ばしにした

100万円の借金は、

10日ごとに10%の
利子がつくと、

いくらに成長するでしょうか?

答えは、

3203万円になります。

更に言えばトイチ利息で
1円だけお金を借りたとします。

しかしそれが十年経つと、

返済資金は、

1283兆3055億8031万3353円

という国家予算をはるかに
超える額になってしまうのです。

これは、

複利計算の基本的な考え方ですが、

自己破産してしまう人の
頭の中には、

残念ながらこの複利
という発想がないのです。

マイナスに働けば
確実に人生破滅への道です。

業者は最初に貸した
100万円の事など、

端から眼中にないのです。

複利で増えていく
利子で儲けているのです。

複利はマイナスではくプラスに働かせる

もちろんトイチは
違法行為なので、

警察に訴えればいいのですが、

それも向こうは分かっています。

恐怖に怯えてそのまま
泣き入りしてしまう人が要るため、
なかなか無くならないのです。

そして、利子が膨らんでくると、

貸した側は積極的に
取り立てにやってきます。

いくら頑張って返しても、

10日ごとに借金は
どんどん膨らんでいきます。

「私は大丈夫」と思っている人が、

実はいちばん危険なのです。

なぜなら、

この借金が複利で増える
という仕組みは、

銀行ローンでも仕組み自体は
何も変わらないからです。

住宅ローン、自動車ローン、

ちょっとした買い物に
カードローンを組んでしまうと、、

始めの頃は危機感もなく、

手の届かない買い物が
できたことに満足しています。

しかしやがて返済に
ストレスを感じるようになります。

そして、、

ちょっとしたネジの狂いが
莫大な借金を増やすのです。

やがて借金の金利を払うため
だけに更に借金をしたり、、

こうなれば地獄です。

もし知人や周りに借金を
している人がいれば、

常に利子と元本を合わせて
考えるようにアドバイス
してあげましょう。

もっと詳しく言うと、

自分の返済可能な金額を
利子が越えてしまうと、

永遠に借金が減らない
という事になります。

その反面、複利で
資産運用が出来れば、

お金はどんどん膨らんでいきます。

これが重要なのです。

複利の力はマイナスでなく
必ずプラスの力に使うこと、

資産家になるための絶対条件です。

かのアインシュタインさんも

「人類最大の発見は複利だ」

と言ったとも言われています。

この毒にも薬にもなる

複利という言う魔法を
借金というマイナスでなく

何としてでもプラスの方向に
使わねばなりません。

ちなみに、

銀行の利子は単利です。

長期間で運用する場合、

複利で運用できる
金融商品を選ぶ事は

極めて有利に働くのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>