お金の話は下品か?お金のコンプレックスを克服しお金と付き合う

お金の話は下品か?お金のコンプレックスを克服しお金と付き合う
今回のテーマは、

お金の話は下品か?お金のコンプ
レックスを克服しお金と付き合う

について紹介します。

あなたは、例えば
友人同士の集まりの席で、

堂々とお金の話をする
ことができるでしょうか?

日本にいるときは当たり前の事
として気づかなかったのですが、

アメリカに留学中、
私が実感したのは、

日本人はお金に関する話がタブー
になっているということです。

これは日本独自の文化
とも言えるでしょう。

アメリカでは小学校でも
投資の授業があったり、

家庭でもお金に関して
色々と教えられる事が多く、

しっかりとお金に対する
免疫が出来ています。

この辺りの文化の違いは
経済にも影響をしている気がします。

日本人は勤勉で細やかな
気遣いができるので、

製造業にはとても
向いているでしょう。

その為か、

頭(情報や知識)を
使って稼ぐ不労所得を
敬遠する傾向があります。

株や投資でお金を生むことを

「楽してお金を稼いでいる」

と思われている人が多いです。

しかし、労働収入
だけに頼っていると、

事故や病気で働けなく
なった場合には、

収入が途絶えてしまう
リスクがあります。

スポンサーリンク

お金のコンプレックスを克服する

そこで、労働収入以外に
不労所得を持つ事によって、

(実際には頭や神経を
使っているのですが)

不意の事故や病気に
備える事が大切になってきます。

ところが、

そうした不労所得、

金融資産から生まれる
金融所得を築き上げる為の
正しい情報が、

日本にはほとんどないと言って
も過言ではないでしょう。

恐らくこれは、

お金に対するコンプレックスに
由来するのではないでしょうか。

「お金の話をするなんて下品だ」

という教えが小さい頃
から刷り込まれており、

お金を稼ぐ事に後ろめたさを
感じるのかもしれません。

何事も、隠せばそれが妙な
形で表に出るものです。

心理学の世界を勉強すれば
よくわかるのですが、

幼少期の抑圧が妙な行動を生み、

トラウマまで行かなくても
ストレスやフラストレーションを
生み出します。

オープンにすれば
健全な形のまま残ります。

正々堂々と実力で
お金を稼いでいる人には、

後ろめたさも
コンプレックスもないので、

お金を有効に活用し、

お金と上手につき合う
ことが出来ます。

アメリカのお金持ちなどを
みると、それがよく分かります。

お金の話は下品か?

どっちみちお金と切り離して
生活することは不可能です。

変に隠したり、下品なことと
眉をひそめるよりも、

オープンになった方が、
メリットが多いでしょう。

もう一つ日本に
ほとんどない情報は、

お金の使い方に関する
知識です。

海外では富裕層が
寄付行為をするのは一般的で、

ある程度著名な
お金持ちであれば、

どのような寄付行為を
行っているのか、

社会が注目しています。

日本には、どのように
お金持ちになるかと言う
ハウツー本はあっても、

どのようにお金を使うべきか
と言う情報が少ないのが現状です。

「生き金」と「死に金」

という言葉がありますが、

私にはお金との正しい
つき合い方を教え、

正しい哲学を持って
正しく行動する為の授業が

義務教育にない
ことが不思議でなりません。

なぜなら、多くの人
たちがお金で苦しんだり、

不幸になっているからです。

お金の話は下品だと臭い物には
蓋をするような態度であれば、

それは徐々に悪化します。

お金と正しく付き合うメリット

世の中の事件や犯罪の
半数以上は、

その根底にお金が
絡んでいると言えます。

これだけ経済的にも
豊かな国である日本で、

お金に対する正しい
頭痛を鍛えていたら、

多くの事件が未然に
防げたかもしれませんし、

犯罪の件数も減ることでしょう。

お金を否定するのではなくて、

正々堂々と肯定する。

お金に支配されず、

自分が主導権を握って、

お金をコントロールするのが
本当のお金持ちなのです。

また、お金の教育
受けるチャンスがなかった為に、

ちょっと考えれば詐欺だと分かる
ような儲け話に騙されたり、

後で後悔するような金融商品に
手を出してしまいがちなのです。

そこで大きな失敗をして
お金を失ってしまうのです。

後悔先に立たずです。

お金と不倫、浮気のように
お付き合いをして、

後ろめたい気持ちを抱えた
人が多いのが気になります。

お金のコンプレックスを克服し
お金と正しく付き合う為に

まずはオープンにお金と
付き合うことからです。

いまこそ、お金の
勉強を始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>