お金には意志、気持ちが伝わる、お金持ちほどお金を丁寧に扱う

お金には意志、気持ちが伝わる、お金持ちほどお金を丁寧に扱う
今回のテーマは、

お金には意志、気持ちが伝わる、
お金持ちほどお金を丁寧に扱う

について紹介します。

これまでお金を増やす、
お金を稼ぐための

ノウハウやマインドセットを
色々と紹介してきた訳ですが、

外せないポイントがあります。

お金に関して、

私が確信を持って
言える事が一つあります。

それは

「お金には意志がある」

という事です。

意志があるということは、

あなたの感情が全てお金に
伝わってしまうという事です。

「お金なんて汚らわしい」
「お金が全てじゃない」
「お金よりも大切なものがある」

というような言葉は、

あえて口に出して
言っては行けません。

思って念じるのもいけません。

こう考えて見てください。

あなたに山田さんと言う
友人がいるとします。

もしあなたが、

「山田さんなんて」
「山田さんが全てじゃない」
「山田さんより大切な人がいる」

と言っている事を、

山田さんが聞いたらどんな
気持ちになるでしょうか。

スポンサーリンク

お金の悪口を言わない事

お金も一緒です。

無用なお金の悪口を
言ってはいけません。

悪口を言う人の元に
いたいとは思わないのです。

将来お金持ちになれる人は、

「お金って大切だね」
「お金が大好き」
「お金が全てじゃないと言えるには、
まず自分がお金持ちになる」

など肯定的なことを言います。

この気持ちの使い方として、

「お金持ちになれた」

と過去形で言う事がミソです。

「お金持ちになりたい」

と言うと、

なりたい自分の状態
(つまり、お金持ちになる前の状態)

をイメージしてしまう訳です。

これでは逆効果で

「なった」状態をインプット
する事が重要です。

お金には意志、気持ちが伝わる

これは、おまじない
でも何でもありません。

正真正銘の事実です。

あなたの周りにお金持ち
がいるのであれば、

「あなたはお金が好きですか?」

とぜひ、質問してみてください。

「好きだよ」

と即答するはずです。

グズグズ理屈を並び立てる
人がいれば、

それは本当のお金持ち
ではありません。

あるお金持ちの人は、

お金が好きで好きでたまらず、

一日一回は分厚い札束に
ほおずりしていました。

お金の匂いがたまらないと、

鼻に当てながら
ぺらぺらめくる人もいました。

「一人でいるのは可哀想」

と財布に各国のお札を
綺麗に入れている人もいます。

人は「好きだ」と言われたら、
嫌な気持ちがしないものです。

その人の力になって
あげたいと思ったりするでしょう。

でも「嫌いだ」と言われたら、

間違いなくあなたも
嫌いになるはずです。

これは、お金でも
まったく同じなのです。

お金にも意志、気持ちがあり、

それが伝わると考えれば、
付き合い方は必ず変わるはずです。

お金持ちを観察してみよう

お金持ちが札束を
持っている姿を見ると、

まるで自分の子供のように、
大切に慎重に扱います。

お金を支払う時も、

「今までありがとう、今度また
仲間を連れて戻ってこいよ。」

などと念じてお金を使うと言います。

逆にお金持ちでない
人を観察すると、

不思議な事に気づきます。

お金を払う時に
お札を放り投げたり、

もらったお釣りを
クシャクシャにして、

ポケットに入れたりする人を
見る事が良くあります。

また、お尻のポケットに
財布を突っ込んでいる人に、

お金持ちはまずいません。

1円球の扱いが
ぞんざいな人にも

お金持ちは1人もいません。

ぜひあなたも観察して
みてください。

お金持ちほどお金を丁寧に扱う

お金の扱い方を見ると、

その人の他人に対する
接し方がとてもよく分かります。

お金の扱いが丁寧な人は、

他人に接する態度も
同様に丁寧ですし、

礼儀正しい事が多いのです。

もちろん人にもお金にも
好かれます。

逆に、支払いの際に
お札を放り投げたり

財布をお尻のポケットに
突っ込んでいるような人は、

他人に対しても無礼な
人が多いのです。

部下に対して人とも思って
いないような扱いをしたり、

人望のない人は、

そうした態度が結局、
さらにお金を遠ざけている
ことに気づく必要があります。

そして私たちも
富を築いていく際に、

こうした態度を見習い、
実践していくべきでしょう。

お金を丁寧に扱うメリット

お金持ちになるという事は、

ただ単に紙切れ
集まってくる事とは、

根本的に違います。

お金には、今までそれを
手にした人の汗や涙が
詰まっています。

お金というのは人間にとって
それほど深い関係なのです。

あなたが手にしたお札は、

恐らく造幣局から出発して
何百人、何千人、何万人の
人が触れてきたものです。

まさにリレーのような状態で、

それが永遠に続いていきます。

お金を丁寧に扱うほど
お金から丁寧に扱われます。

そのリレーのランナーの
人があなたであり、

あなたも次の人にしっかり
バトンを渡さなければ
なりません。

バトンを持ったままずっと
握りしめていると、

これまたお金に嫌われて
しまいます。

お金は循環、旅をするのが
大好きなのだとも言えます。

お金には喜びの気持ちが伝える

そこで、バトンの
渡し方が重要になります。

実は、お金を使う時に喜びの
感情を持って使う人は稀で、

ほとんどの人は、

「惜しい」とか「高いなあ」

という不満の感情を
持ってしまいます。

そこを

「これでまた幸せになれる」

という喜びと満足感
一杯の気持ちでお金を使う
ことが出来れば、

あなたの次のランナーも
気持ちよくバトンを受け取る
事が出来ます。

お金の意志、気持ちが
ポジティブに連鎖するのです。

お金との関係を良好にしよう

お金は、大切に丁寧に
敬意を払って接しながら、

リレーのバトンのように
しっかりと、

次の人に流通させる
必要があるのです。

中にはお金を手放す
(支払う)ときに、

怨念のようなものを
込めてしまう人もいます。

お金にはそのような
怨念も積もっていると
考えていいでしょう。

でもお金持ちになりたいな
今日から態度を変えるべきでしょう。

「お金が好きだ」

とはっきりと言えるようになり、

お金に好かれて、
どんどんお金持ちになって、

次の人にお金を
渡していってください。

このような行動を続ける事で、

自分自身の意識が変わっていき、

お金に対する意識も
変わっていくのです。

すると、ますます
お金に好かれて、

ますますお金持ちになります。

お金には意志、気持ちが伝わるのです。

善のスパイラルというのは
この状態を指すのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>