浪費癖とストレスの関係、貯金癖をつける生活の意識改革から


今回のテーマは、

浪費癖とストレスの関係、
貯金癖をつける生活の意識改革から

について紹介します。

お金にまつわる私たちの行動は

そのほとんどが癖、習慣であり、
積み重なっていくわけです。

そうであれば、

良い癖を続けた方がよく、

悪い癖はなるべく
早く克服すべきというのが、

当然の戦略と言えるでしょう。

現在、収入が少なくて、

お金を貯める余裕が
ない人が年々増えています。

元手が少ない場合、

お金を貯めるのに
不利なのは確かです。

しかし、

収入が少ないからと言って、

貯金が出来ない訳では
ありません。

一万円でも数千円
でもいいので、

毎月一定の金額を必ず
貯めていく習慣をつける事です。

貯金癖を付けると
人生は大きく変わります。

自分は低収入だから貯金が
出来ないとあきらめてはいけません。

収入が低い時に貯金ができない人は、

大抵収入が上がっても
不思議と貯金はできないものです。

やはりこれも癖なのですから、

極論を言えば幼少期から
貯金癖がついていれば、

大人になっても当然のように
貯金ができるようになるでしょう。

収入いかんに関わらず誰もが
早めに癖づけておくべきです。

収入が低いなりに出来る事を
考える必要があります。

スポンサーリンク

貯金癖をつける生活の意識改革から

日常生活のパターンを
まずは把握しましょう。

アリとキリギリスではないですが、

貯金が出来なくても
仕方がないと諦めている人と、

どれだけ少なくても毎月
5000円は貯めている人では、

年単位で比較すると、
天と地ほどの差が出てきます。

そしてやがて収入が増えた時、

その差は歴然と現れるのです。

貯金癖を付けるには、

まずは、貯金のベクトルを

マイナスからプラスの方向に
向ける事が大事です。

つまり、貯金をプラスにする
ベクトルを持っていれば、

癖さえ付ければ、
将来収入が増えたときには、

貯金に回す割合を
大きくする事ができるのです。

今の日本は不景気だとか、

収入が上がらないとか
言われながらも、

意外に恵まれているものです。

失業率が数十%を超える
ような国と比較すれば、

まだまだ恵まれています。

日本では適切な努力をすれば、

収入を上げることが
十二分に可能なわけです。

その前にお金を守る力を
しっかり身につけておきましょう。

自分の生活をしっかり
チェックすれば、

削れるところや無駄な
支出が必ず見つかります。

浪費癖とストレスの関係

自分の買い物の癖などを
しっかり直視すれば、

思いがけない浪費
支出も見つかるでしょう。

その為には現在の支出を
全て洗い出して、

優先順位を付け、

優先順位の低い支出を削る事です。

そこから手をつけて、

支出を削る努力を
始めてみましょう。

年収が低いと嘆いている
私の知り合いの1人がいます。

貯金が増えない
悩んでいるのですが、

しかしその人は、

混み合う通勤電車が苦手で、

小田急線の特急ロマンスカー
で通勤しています。

確かに、誰にでも絶対に譲れない
贅沢といものがあります。

それを否定はしません。

でも、収入が低いと嘆く前に、

ロマンスカーを辞めれば、

間違いなく支出が減る事に、

気づいてはいても辞められない
のだと思います。

実は、多くの人の
浪費癖というのは、

ストレスに起因する
場合がほとんどです。

逆に考えれば日常のストレスを
軽減する考え方を持てば、

必ず浪費癖を抑える
ことが出来ます。

ストレスを貯金癖に転換する

心が満たされない思いがあるから、

お金を使ってそれを
満たそうとするのでしょう。

逆に心さえ満たしてしまえば
無駄なお金は使わなくなる

ということです。

自分はそんな贅沢などしていない、

切り詰めた生活をしている
と言われる人も多いでしょう。

しかし、貯金を増やす方法
というのは二つしかないのです。

「収入を増やす」

「支出を削る」

かです。

自分の生活を冷静に振り返れば、

ストレスに振り回され、

浪費癖になっている部分は
必ず見つかるものです。

その無意味な支出を
貯金に回せれば、

経済的安定は強くなります。

「収入を増やす」か「支出を削る」

どちらをどれだけ
優先させるかは、

ケースバイケースです。

これは自分で心静かに
分析して見るか、

マネーの専門家に
相談するのもいいでしょう。

ただし、楽しみが
まったくないと

ストレスが溜ってしまい、

逆に浪費癖に走りかねないので、

楽しみに回す預金も必要です。

その際は「お楽しみ口座」
を作ってそこにお金を
貯めておくといいでしょう。

この「お楽しみ口座」についても
今後紹介していくつもりですが、

貯金癖を付ける為の
テクニックは様々あるのです。

まずはストレスと支出について
しっかりと把握しておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>