デート代の支払いは男がするべき?割り勘、女性にさせるべきか


今回のテーマは、

デート代の支払いは男がするべき?
割り勘、女性にさせるべきか

について紹介します。

前回まで勝負デートという
テーマに入っており、

具体的なアプローチにまで
踏み込み始めているのですが、

世の中には大変不器用な男がいるもので、

私の友人の鈴木君は

女性の扱いに関しては、
不器用でドジだけでなく、

しみったれでケチでもありました。

自分をモテる男にする為にも、
女性を楽しくさせることにも、

そして誰のためにも
お金を使いたがらない男だったのです。

自分を磨く、男しての魅力を上げるには
外面(ファッション、肌など)
内面(知識、スキル、自信など)
にもお金をかけなければいけませんし、

当然デートの支払いは
男がしなければいけません。

「ベッドインできない
なら無駄金を使う事になる」

…というのが鈴木君の口癖です。

「苦労して働いて稼いだ金をなんで
女のためにつぎ込まなきゃいけないの?」

といつもグチっていました。

そのくせ、しかもいつも

「彼女が欲しい、
俺は何故モテないんだ・・」

と、文句を言うのです。

本人はその矛盾に気づいていないよう。

スポンサーリンク

デートの支払いを女性にさせるべきか?

鈴木君はルックスも悪くなく
なかなか面白い男です。

それでも鈴木君がそれほど
モテない理由の一つは、

彼が女性のために一切の
投資をしようとしない事です。

鈴木君の手口はいつも一つ、

女性の方から身を投げ出して
つき合ってほしい、抱いてくれと

懇願するのを「待つ」だけなのです…

女性のために自分の方から
何かをしようとはこれっぽちも
考えていないのです。

そしてモテナイ男は

こういう思考回路を
持っている傾向が高いです。

ここで私からアドバイスできる事は、

何も、女性のために
大金をつぎ込めとは言いません。

いきなりデートで高級な店、
高価なプレゼントをする必要はありません。

それはそれで愚かで馬鹿げた
事でもあります。

ただ女性と付き合うためには

ある程度の負担は覚悟する必要がある
のだと言っているだけです。

デート代はすべて男が支払うべきで、
女性に支払わせるべきではありません。

割り勘も基本的にはNGです。

デートの支払いは男がするべき

勝負デートの趣旨というのは、
女性を楽しませ、ワクワクさせ、
ロマンティックな気分と大切にされている
気分を味わさせる事です。

そしてその一つの方法が、
デート代の費用を男が持つ事なのです。

映画デートに出かけ、
たった2000円ほどを出し渋るために
鈴木君は墓穴を掘り、

女性とうまくいくチャンスを逃してしまいます。

逆に、自分が払うと言い張る
女性と言い争って、

喧嘩をするケースもありますが、

最近ではしっかり働いて稼ぐ
女性は多いわけですから、

自分の分は自分で払いたい主義の
女性もある程度の数はいます。

そう言ったケースであれば
無理やり払わず引き下がり、

その場は割り勘にしておき、

別のプレゼント作戦など
お金を払える機会を探しましょう。

男と女は経済的にも不平等なもの

モテない男性というのは、

どちらが支払うかにこだわって
ケチな事を言ってしまい、

女性をうんざりさせてしまうのです。

そして同じ間違えを犯してしまう男は多いです。

女性のために支払う時、

あなたは気前の良さをアピール
する事ができます。

女性の意思を尊重して
割り勘であればOKです。

高級な場所に行く必要も
背伸びをする必要もありません。

が、デート代など金払いをよくすることで、

あなたには、男の役割を
喜んで果たそうと言う気があることを
伝えることができるのです。

そして、大部分の女性は

男にデート費用を支払ってもらう事を
当然だと考えていて、

支払いをしない男のことを軽蔑します。

この男と女の不平等性について、

あなたはこのおかしさについて
一日中主張することができるでしょう。

それはそれで結構です。

しかし、今、目を向けるべきは

ほぼすべての女性が、
男に支払ってもらいたいと考えている事を
受け入れる事なのです。

この世界はフェアにはできていません。

これを乗り越える男こそ
デートもうまくやれる男なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>