裕福な人、貧乏な人の分かれ道、お金だけを追いかける事の罠


今回のテーマは、

裕福な人、貧乏な人の分かれ道、
お金だけを追いかける事の罠

について紹介します。

このサイトでは以前も
富が1%と99%に分かれる

という話をしましたが、

富も貧困もまるで仲間を
引き寄せるかのように、

強力な磁力を持っているようです。

この世界にはまるで二つの
協会があるように見えます。

そしてその協会では

ルールも考え方も価値観も
行動パターンも、

違うように見えるのです。

裕福協会に入会した人は、

仲間も裕福ですから、

そう言った人たちと
親しくしながら、

ますます成功をしていきます。

一方で貧乏協会に入会した人は、

貧乏な人同士で集まるので、

ますます愚痴や不平不満
言い合う事になるでしょう。

これはただの比喩ですが、

現実世界に起こっている
実際に大きな問題なのです。

裕福な人、貧乏な人の分かれ道

一度それぞれの協会に
入ってしまえば、

居心地が良くなるため、

もう一方の協会へ移動
しようと言う気になりません。

そして、

両者の格差はどんどん
広がっていきます。

決して縮まる事はありません。

なぜなら裕福な人たちは
お金だけを追いかけている
からではないのです。

人脈、信頼、知恵、情報、
ポジティブな思い込みなど

お金の先にあるものを
大切にしているからです。

このサイトのテーマでも
お金を題材にしていますが、

最終的にはお金の先にある
より大切な何かを掴んで欲しいです。

さて、ここであなたは

裕福な人が集まる裕福協会と、

貧乏な人が集まる貧乏協会

どちらに入りますか?

このサイトを見ているあなたには、

ぜひ裕福協会に入会して
欲しいと思います。

そして

「豊かな人生の実現者」

になって欲しいのです。

実は両者に入会条件という
のはありません。

もちろんスタートラインは
人それぞれ違いますが、

自分の意識次第でどちらに
属するかを決められるのです。

お金だけを追いかける事の罠

お金を否定することは
やめて欲しいです。

ぜひお金をたくさん稼ぐ
成功者になって欲しいと思います。

そして大切なのは、

裕福な人というのはただお金が
あるというだけではないという事、

お金だけを追いかける事には
大きな罠があります。

お金は豊かで幸せな
人生を実現する為の

手段の一つに過ぎません。

所詮は紙切れにすぎません。

手段はあくまで手段であり、
目的ではありません。

必要な分だけ、さっさと
手にした人の価値です。

そして、本当に価値のある
資産に交換してしまうのです。

お金を目的にする人は、

一生お金を追いかけ続けねばならず

決して幸せにはなりません。

またタイミングを間違えれば、
貧乏協会入りも免れません。

なぜなら、

目的にするという状態そのものが、

お金を追いかけている事を
刷り込んでしまうからです。

実はお金だけでなく、
何に置いてもそうなのですが、

「追いかける」

という気持ちや意識は、

「今はそれがない」

という状態を自分に
インプットしてしまい、

それを手に入れにくくして
しまうからです。

お金だけを追いかけると貧乏になる

スポーツの世界では、

イメージトレーニングと言う
手法がよく使われます。

これは、

例えば脳内でリアルに想像し、

自分がスポーツの大会で優勝したり
勝利して祝福されているイメージや

しっかりパフォーマンスを
発揮して上手に出来たイメージを
持つ事によって、

結果に繋げるトレーニングです。

不思議な事に、

脳と体は繋がっているのです。

最終の形がきっちり
イメージできていれば、

その結果に至るまでに
必要な物や情報や人が現れ、

結果に繋げる事が出来ます。

細かい過程をイメージ
するだけはなく、

最終の形を明確に
イメージするようにします。

それができれば、

それを達成する為の「流れ」の
ようなものが発生しはじめるので、

その流れに上手く乗る事が出来ます。

気持ちや意識も大事ですが、

流れを感じる感性というのも
裕福な人になるには、

同じくらい大事なのです。

お金だけを追いかけると
この感性が消えてしまうのです。

真に裕福な人、貧乏な人の分かれ道

お金持ちになるにも
イメージの力は有効です。

しかし紙幣やコインなどお金その
ものが大切なのではありません。

お金だけがあるのではなく、

バランス良く人生の上質な
ものを掴むのが真の裕福な人です。

一時的にお金を手にしても
お金を追いかけるだけの人は、

実は貧乏な人なのです。

これから人生を楽しむ
本当のお金持ちになる為に、

考えて欲しい事があります。

人が生きる目的というのは、
なんなのでしょうか?

もちろんこれは人それぞれ
答えが違うでしょうが、

その答えに含まれているのが、

進化や成長、向上、貢献や提供

であったとすれば、

成功するチャンスが
大いにあるでしょう。

なぜなら、

辛い出来事でも苦しい仕事こそが
人を成長させてくれるからです。

つまり、辛い事や苦しい事を
楽しくこなせる精神力こそ、

幸せなお金持ちになれる
条件だと思うのです。

そしてその豊かさを周りにも
提供して行くことで、

さらに自分の元に価値が
戻ってくるわけです。

成功者は毎日楽しく
仕事をしています。

だからこそ大きく稼げるのです。

もちろん辛い事
苦しい事はありますが、

それを乗り越える事が出来ます。

人の嫌がる仕事をすることで、

人から喜ばれて
幸せを感じる人もいます。

地味で辛い仕事を
している人が要るからこそ、

この世界は回っているのです。

仕事を楽しむべきなのです。

幸せな成功者になる方法

私も多くのお金持ち、
富裕層の知人がいますが、

貧乏な知人もいます。

そう言った人たちの共通点
などを見て言えるのが、

少ない収入で生計を立てていても、

毎日ニコニコ幸せに過ごす
事が出来れば、

疑心暗鬼で自分の死後の相続の事で
悩み苦しんでいる億万長者よりも、

よほど幸せな人生だと思うのです。

そもそも、現在の日本の
相続税率というのは、

最高で50%で、

今後更なる増税が予定されています。

つまりどんなに財産を築いても、

死んだら半分は国に持って
いかれる可能性がある訳です。

この税率を考えても、

三代で財産はなくなる
というのは事実です。

だからと言って、

お金儲けを否定はしません。

お金を稼ぐのはいい事です。

お金があって幸せなら
なおいい人生だと思いませんか?

そしてそれを実現する
為のコツというのは、

ちょっとした気づきなのです。

お金には罠があります。

それを回避しながら、

富を築く知恵を磨いていきましょう。

華僑成功者などが大切にする
中国のことわざに、

「魚を与えるのではなく、
魚の釣り方を伝えよ」

とありますが、

これは後に繋がる世代には、

お金を残すよりもお金の儲け方を
伝える方が良いという意味です。

「儲ける」という文字は

「信じる者」と書きます。

自分を信じる者は
お金を増やす事も出来ますし、

幸せなお金持ちになる事も出来ます。

一緒に学んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>