女性に喜ばれるデートでのささやかな恋愛プレゼント大作戦


今回のテーマは、

女性に喜ばれるデートでの
ささやかな恋愛プレゼント大作戦

について紹介します。

さて、これまで、

モテる男に変身する
行動や習慣、考え方の秘訣を踏まえ、

プレデートを済まし、

いよいよ勝負デートの成功に
ついて紹介している訳ですが、

彼女への好意を表す
もう一つの方法は、

ささやかなプレゼントを渡す事です。

「ささやかな」というのがポイントで、

女性はプレゼントをもらうのが大好きです。

プレゼントを嫌う女性なんて
どこにいるでしょうか?

しかしプレゼントを渡すのが
好きと言う男はそれほど多くありません。

そこでこの

「ささやかなプレゼント作戦」

の素晴らしい所は、

お金をかけずに、高価なプレゼントと
同じくらい強く女性の心を捉える事が
出来る所です。

スポンサーリンク

女性に喜ばれるデートでのプレゼント

高価なプレゼントが
恋愛において効果的か?

一概には言えませんが、

私はオススメしません。

高価なプレゼントは確かに
あなたの相手への想いを伝える

手っ取り早い方法ですが、

女性と男性の間では
気持ちや熱意に違いがあります。

そのプレゼントが高額であるほど、

その誤解が生じたときに
摩擦が大きくなる可能性もあります。

そもそも、

高価な贈り物をまだ会って
間もない人にするより

付き合いが深くなり
関係が深まった相手にする方が、

お互いにとってメリットがあります。

しかし贈り物やプレゼントを
全くしないというのも問題です。

ですから恋愛初期の勝負デートでは、

このささやかなプレゼント
という作戦をとってほしいわけです。

勝負デートや大切なデートでは、
ぜひこのプレゼント作戦を
試してみて下さい。

ロマンティックな気分を高め、
二人の心のきずなが深まる事でしょう。

恋愛プレゼント大作戦のメリット

ささやかなプレゼントは、
たくさんのメリットがあります。

まず一つ目に、

サプライズの要素によって
彼女の注意をひきつけることができます。

思いがけないものをプレゼントする事によって、

あなたが面白くてアイデア豊富な
人間であることをアピールすることができます。

二つ目のメリットが、

プレゼントであなたの気前のよさを
示すことができる所です。

三つ目が、

彼女のためにわざわざプレゼントを
買いにいったという事実によって、

あなたが彼女に好意を持ち、気に掛けて
いる事を知らせることができます。

そして四つ目が、

ささやかなプレゼントは、
そのデートの思い出の品となって

彼女は家に帰ってからも
それを見てあなたのことを
思い出すことができるのです。

もしも彼女がそのプレゼントを
気にいったのであれば、

ずっと後になってからも
その品物をじっと眺めたり、使ったりします。

こうしたあなたへの思いは、
間違いなくよりロマンティックで
好意に満ちたものに変えてくれます。

例えあなたがそばにいない時でもです。

女性に喜ばれるささやかなプレゼント大作戦

プレゼントの中身と同じくらい大切なのが、

いかににそれがきれいに包装されて
いるかというポイントです。

ここは本当に重要な点です。

なぜなら、女性にとって、
プレゼントの包みを開ける事は
心ときめく儀式であり、

あなたにとっても彼女が包みを
開けるのを見るのは楽しいものだからです。

プレゼントが高価なものでないなら、
そしてそれが良い所なのですが、

そのまま手渡すよりも
キレイに包装して手渡した方が、
10倍ほど価値が上がります。

ここを決して忘れないで下さい。

あなたの目的は
彼女を楽しませる事なのです。

プレゼントの包みを開けたときの思い出は、
その先いつまでも彼女の心に残り続けるでしょう。

プレゼントを手渡す時の5つのルール

1.キレイに包装されている事、

2.趣味のいいもの

3.高価ではない事

4.楽しい、面白い、と彼女が感じるもの
或いはロマンティックなものである事

5.プレゼントはきまぐれに渡す事、

デートの度に女性がプレゼントを期待し
要求するようになっては困るのです。

以上5つのルールを守り、
彼女に好かれるささいなプレゼント作戦を
ぜひ使って見て下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>