彼女に特別の存在の男と思わせる、デートのコミュニケーション


今回のテーマは、

彼女に特別の存在の男と思わせる、
デートのコミュニケーション

について紹介します。

現代社会は画一化、均一化社会です。

誰もが皆、

同じようなテレビを見て、
同じような服を着て、
同じような食べ物を食べる、

もちろんそれは社会が豊かに
なった証拠でもありますが、

現代人は心の奥底で、
何か退屈して不満足を抱えています。

デートもありきたりな
プランだけでは女性は満足しません。

デート・コミュニケーションで
圧倒的な結果を出すコツ、

それは、

あなたが彼女にとってオリジナルの
唯一無二の存在と思わせることです。

女性に自分はあなたにとって
特別の存在なのだと思わせる
一つの方法は、

勝負デートを彼女だけの
イベントにしてあげる事です。

例えばあなたの行きつけの
ラーメン屋さんで、

店主から

「これ好きだって言ってましたよね」

とサービスで多のお客さんには出ない
サービスをされたとしたら、

そのラーメン屋をますます好きに
なりますよね。

彼女にあなたが特別の存在と思わせる方法

人間心理を踏まえた上で、
コミュニケーションをする、

仕事でも恋愛でも通じる
このサイトで伝えたいテーマです。

そして特別な印象を与える、

そのきっかけは特別な事でなく
些細な事でも構わないのです。

つまり、あなたは彼女の望み通り
のことをすれば良いのです。

私の経験から言えば、
デートの間中彼女に注目し、

彼女が何を望んでいるのかに
注意を向けることが大切です。

ただし、自分も楽しむことを忘れないように、

それすら彼女が望む事なのです。

デートの計画を立てるときも
デート中も、後でデートの出来を
反省して見るときも、

この態度を守るようにしましょう。

今後、このサイトでは

彼女への関心を示し、感情を高め、
彼女を参らせる特別の方法も教えます。

しかし、女性の趣味嗜好も個人差があります。

その女性にとって特別な事をするが大切です。

デート・コミュニケーションの極意

だからこそ、注意深く、
観察眼を磨かなければ行けません。

もしも女性が、あなたの目的は
身体目的だけなのだと感じたのならば、

恐らくあなたと寝ることはないでしょう。

たとえ、その女性が、
一晩限りの関係を楽しめる
タイプの女性だったとしても

「君は、ただのセ○レ以上の存在だ」

とあなたに言ってほしいのです。

一晩限りの関係を望まない女性なら
なおさらのこと、

「君は特別な女性だ」

と伝える事が大切なのです。

これこそがコミュニケーション
スキルを発揮する醍醐味です。

自分が面白いこと楽しいことを
喋ることが、会話上手ではありません。

相手の感情を引き出せることが
本当の意味での会話上手なのです。

デートのコミュニケーションでも
これを常に意識するべきです。

君は特別だと伝える事によって
彼女にあなたが特別の存在と思わせる
ことができるのですから。

理解と尊重こそがコミュニケーションの秘訣

こうした女性の思いに答えるために
一番効果的な方法は、

女性の立場に立って考えてみる事です。

そして、自分が彼女だったらどうしたいか、
どう扱われたいかを想像してみましょう。

恐らく、女性の気持ちを完全に
理解することはできないでしょうが、

それでも自分がどう行動するべきかを
考えるための良い指針にはなるはずです。

人間関係のいざこざの原因は
9割がたこの理解不足にあるといいます。

親とこの関係も

「自分は理解されていない」

友人同士の喧嘩も

「こいつは分かってくれない」

…恋人関係でも同じです。

またもしもあなたが、

女性への思いを理解してそれを
行動の随所に表すことができれば、

女性は自分の値打ちが
認められたと感じるものです。

人が思う心は、相手への
敬意の上に成り立っています。

あなたは、彼女に好き嫌いを
尊重しなければいけません。

例えば、

「女は花が好き」

と言うイメージがありますが、

花嫌いの女性もいます。

そんな女性に花をプレゼントしても
あまり喜んでくれません。

これから様々なイベントを
彼女のために用意するとして、

例えあなたが、
自分はよく気が付く男ではないと
考えていても、

デートのときには女性の希望を尊重し、
限度を超えて踏み込まないことが大切なのです。

さもなければ
あなたは数多くのチャンスを
フイにしてしまう事になるでしょう。

「理解と尊重」こそが
コミュニケーションの根幹なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>