恋愛関係を結ぶ成功する勝負デートのための準備と戦略、考え方

恋愛関係を結ぶ成功する勝負デートのための準備と戦略、考え方
今回のテーマは、

恋愛関係を結ぶ成功する勝負デート
のための準備と戦略、考え方

について紹介します。

適切な要素を適切な順番で
行うことができれば、

どんな分野であっても、
結果というのは出るものです。

付き合う前の段階で、
プレデートをしておくことが、

その後の関係をうまくやるコツです。

前回までプレデートの戦略について
詳しく解説してきましたが、

それでは遂に今回から
成功する勝負デートのための
準備や戦略について紹介していきましょう。

これからいよいよ
彼女と男女関係を結ぶために

恋愛関係を結びつき愛を深めるための
勝負デートの戦略や考え方について
詳しく解説していきます。

勝負デートでの目的は

ベッドインにに結び付くような
ロマンティックな経験を共有をする事です。

いよいよあなたのお目当ての
女性との恋愛関係、あるいは
肉体関係に結ぶデートです。

ここから先は恋人関係に
発展するためのステージになります。

スポンサーリンク

恋愛関係を結ぶ勝負デートの考え方

プレデートでは、

会話を通じて彼女との信頼感を育てました。

彼女の心に恋愛感情の種を植えました。

それと同じことを、

勝負デートでは、ひとつの経験を
共有することによって行うのです。

勝負デートは、あなたが彼女に
ロマンティックな関心を抱いている
事を彼女が知っていて、

彼女もあなたとデートすることを
楽しみにしている事を前提に始まります。

あなたは既にプレデートで
彼女が男性に求める資質や

どのような事をロマンティックだと
感じるかという事に付いて

調査済みのはずです。

そうしたすべての情報が
勝負デートで実を結ぶのです。

蒔いたタネを刈り取っていく
時期でもあります。

勝負デートのためには時間を準備する事

恋愛関係を結ぶために
勝負デートのための考え方は、

これまでのものと違います。

そしてプレデートでは
デートの相手と長時間一緒に
すごさないことが重要でした。

プレデートは早めに切り上げ

雰囲気のある喫茶店
決して食事はせずに、

30分からせいぜい1時間15分くらいが
ちょうどいいとアドバイスをしました。

なぜなら、時間が長くなると

バカなことを言って全てを台無しに
してしまう可能性が高くなるからです。

そしてプレデートの目的は、
女性に物足りなさを感じさせることです。

もう一度合いたいと思わせる事でした。

ところが、勝負デートでは

少なくとも4時間は
二人で過ごさなければ意味がないのです。

恋愛感情や性的な関心が
生まれるまでには何時間も
かかるのが普通だからです。

そして場所やアクティブティにも
こだわりをみせる必要があります。

プレデートで仕入れた情報をもとに
彼女が喜ぶようなプランを準備します。

成功する勝負デートの戦略

そうした感情は、いくつもの
成功の積み重ねによって
生まれるとも言えるでしょう。

また勝負デートに時間をかける
理由の一つは、

女性は一般的に求愛される過程を
楽しむ傾向にあるためです。

女性にとって勝負デートは
ネズミと猫の追いかけっこに似ています。

女性が猫であなたがネズミです。

主導権を握っているのは女性で、
あなたが女性の気を引くために

何時間もの追いかけっこに
付き合えるほど、

忍耐強いことを証明しようとして
駆け回るのを眺めているのです。

このステージでお互いの
恋愛関係の土台をしっかり築くべきです。

勝負デートが長い時間を要する
もう一つの理由は、

時間をかける事によって、
女性はあなたと肉体関係を結ぶ事を
正当化する理由を見つけられるからです。

たいていの女性は、酒場で会った
男性の自宅にすぐに付いて行くことに
罪悪感を感じます。

後で後悔し、その男を
避けるようになる事も多いです。

しかし、付き合う時間が長ければ

女性達は自分が男性に性的に
惹かれている事を正当化しやすくなるのです。

それではどういった姿勢で
勝負デートに望むのか、

テクニックや考え方など次回はもう少し深く
このテーマについて掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>