最初のデートでキスすべきか、しないべきか?焦ると失敗する


今回のテーマは、

最初のデートでキスすべきか、
しないべきか?焦ると失敗する

について紹介します。

これまでプレデートにおける
失敗の対応策について、

色々と語ってきましたが、

一つ言えるのは、何事も
結果を焦りすぎると失敗します。

これも良くある質問の一つなのですが、

最初のデートでキスすべきか、しないべきか?

と言う問題があります。

さて、こでまで彼女と
付き合う前の段階でのプレデートや
最初のデートと言う話しをしてきたのですが、

今回は前回までの話を参考に、

プレデートの話しを
締めくくる事にしましょう。

最初のデートの最後で
キスをするべきか、しないべきか

ここで彼女にモーションをかけるべきか、
それとも次のデートに持ち越すのか、

それをどう判断すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

最初のデートでキスすべきか?

まず前提として、
プレデートの目的は

お互いに次の段階へ進むか否かの
品定めのようなものです。

彼女を口説き落とすという
目的からすれば、

可能であればもうこの段階で、
素早くキスしてしまうのが得策でしょう。

ぐっと恋愛関係に突入しやすくなります。

そうすれば、彼女はキスを許したのが
妥当だったと思うための理由を
探し始める事になります。

ここでキスをしなければ
彼女があなたのことを友達の範疇に
押し戻してしまうのはずっと簡単です。

ただし、この最初のデートの
最後にキスすることの欠点は、

彼女に心の準備ができていなかった場合、

あなたのこれまでの努力が全て
水の泡になってしまいかねない事です。

もちろん全ては練習なので
それが失敗と言う訳ではありませんが、

焦って先を急ぎすぎて彼女の
心が離れるケースは多々あります。

最初のデートでキスしないべきか?

焦ることなく、じっくりと
攻めた方が確実性は高まります。

プレデートや恋愛初期においては、

男性であるあなたの主観の
欲望はひとまずおいておき、

女性である彼女の欲望を
満たしておく戦略がベストです。

基本的にキスも焦らない方が良いです。

しかし、タイミングと
雰囲気さえ合えば十分に
キスをするチャンスはあります。

喫茶店で一目が気になり
キスするタイミングが見つからなかった。。

と言う相談を受ける事がありますが、

この場合、頭を使う事も必要です。

もしもデートの時間を過ごした後に
彼女が喫茶店に残ると言えば、

キスをするのも難しくなるでしょう。

しかし、彼女を
車で送っていくことになれば、
比較的人気のない駐車場で

最初のキスを促す格好の場になるでしょう。

最初のキスへの進め方について
このサイトでも今後詳しく解説していきますが、

まず前提として覚えておいてほしいのが、

この最初のデートの段階で
例え彼女がキスを拒絶されても、

今は、まだ彼女に心の準備が
できていないと言うだけのことで、

やがては受け入れる日が来る
ということを意味しています。

だからあなたの気持ちが
次に進みたいのであれば
キスすべきと言えるでしょう。

最初のデートでキスより先にすべき事

しかし、プレデートにおける
理想的な締めくくりと言うのは、

そしてもしもあなたが、
次の勝負デートに付いて

彼女との間のハッキリとした
計画があるのであれば、

このプレデートの最後に
次回の約束をして

次のデートの計画を決めてしまう
のが一番望ましいでしょう。

キスで頭がいっぱいになり、
この作戦を忘れる方が問題です。

次のデートに誘うのは、
ただ率直にこう伝えれば良いのです。

「今日は楽しかったよ、また会ってくれるかな?」

次回の約束の時間などについては
彼女と一緒にいる間に決めてしまうのが得策です。

二人がそろっているときに
次のデートが立てておく方がいいでしょう。

あなたが彼女の目の前にいて
あなたと楽しく過ごした余韻が
また残っているうちに

次のデートに誘うのには効果があります。

時間を置いてしまうと、
彼女があなたのことをつまらない男と
みなす理由を思いつく可能性が
それだけ高くなるからです。

計画は大まかにしておいて、

心の中で勝負デートの戦略が
でき上がっているならば話は別ですが、

デートの約束を取り付け
都合のいい日を教えてくれと頼みましょう。

そしてあなたの次なる仕事は
勝負デートの戦略を練る事です。

最初のデートでキスすべきか、しないべきか?
プレデートの段階では

どちらでも言いと言うのが
正確なところです。

次回以降の勝負デートに
にいかに上手くつなげるか?

ここが一番のポイントです。

焦るとキスも恋愛も失敗しがちです。

次回からそういった話に
詳しく入っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>