彼女との最初のデートを台無し、失敗しないための予防策


今回のテーマは、

彼女との最初のデートを台無し、
失敗しないための予防策

について紹介します。

想定通りにはいかないのが人生です。

最初のデートでは必ずしも
すんなりと運ぶとは限りません。

その多くがうまくいかない可能性を持ち、
実際失敗に終わることが多いです。

しかし、必ずしも、
すべてがうまく運ばなくても
デートは成功させることができます。

「なんとか成功させなきゃ」

と思いが強すぎるほど
肩に力が入ってしまい、

いつも通りの自分が出せなくなります。

「まあ、失敗してもいいや」

と気軽な気持ちで臨む方が、
結局はうまくいくことが多いのです。

人生何が起きるか分かりませんが、

行動すれば必ずそこから
何かを得ることができます。

そういった様々な角度から
考えられるテクニックの一つが
プレデートなのです。

意気込んで、用意周到で臨んだ
デートの最中に問題が起こると、

たいていの男性はパニック状態に陥り、
すべてが台無しになったと考えがちですが、

しかしそれは全くの思い違いです。

問題が起きた時に、
それに対処できる手腕が必要なのです。

これからあなたには最初のデートで
起こりがちなどんな問題も解決できる
アドバイスを紹介していきます。

スポンサーリンク

彼女がデートに現れない時の予防策…

最初のデートで起こりがちな
最もよくある失敗例やトラブルは、

相手の女性が約束の場に
現れすらしない事です。

女性達が、こうもしばしば
コーヒーショップでのデートの約束を
「忘れてしまう」のは驚くべき事ですね。

そして、二十代前半の
魅力的な女性にその傾向が強いのです。

「約束は守るもの」と言う思いが強いほど、

彼女が来ないだけでデートが台無し、、
失敗だと言う思いが強まり、

恋愛にトラウマを抱える事があります。

しかし、色々な女性と付き合うようになれば、
そのうち何人かに約束をすっぽかされるのも
仕方のない事なのです。

それに実の所、

女性にすっぽかされる事は、
あなたにとっていい経験にもなるのです。

プレデートの目的を思い出すべき

デートがうまくいかないからと言って
自分を責める必要も無い事が分かるようになります。

また女性にいい気分にさせてもらおうとか、
女性に問題を解決してもらおうと

期待してはいけない事も教えてもらえます。

ただ、これも女性の立場に
なればよく分かると思うのですが、

知って間もない男性に
デートに誘われたとして、

絶対に行かなくては行けない義理も無い

事も理解は出来ます。

私たち男性であっても

もし知り合って間もない女性から
デートに誘われた場合

「美人局ではないか?」
「何か騙されているのではないか…」

など勘ぐる事もありますね。

ただ男の方が行ってしまう傾向にあり、
女性の方が警戒心が強いと言えます。

だからこそ、
警戒心を解くための色々な
作戦が必要とこれまでも解説してきました。

彼女とのデートを台無しにしないための心の対策

ただし、女性にすっぽかされた時、

あなたには自分の感情をコントロールし、
拒絶されても自信を失わず、

自分の生き方を守る責任があります。

そんなすっぽかしを
自分に都合よく受け止める必要があります。

とにかくまずは自分を責めない事です。

デートの相手が遅れてくるのは当然です。

約束をすっぽかされるのも、
良くある事です。

しかしそれは、
その女性に嫌われている事を
意味するのでもなく、

彼女にあなたと寝る意思がない事を
示している訳でもありません。

この段階では恋愛に発展する
可能性は十二分にあるのです。

ここで失敗だと決めては行けません。

理由は様々でしょうが、

ただ会うのが怖くなったとか、
もっと大切な用事が出来たとか、

さもなければ、
単にデートに出かけるのが
億劫になっただけなのです。

或いは忘れてしまった
と言う事も考えられます。

だからそのことで
くよくよする事はありません。

次回から事態を好転させ、
すっぽかされたことを逆に利用して
誘惑に役立てる方法をいくつか教えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>