モテル男のデート中に女性を褒める技術

モテル男のデート中に女性を褒める技術
今回はモテる男のデート中に
女性を褒める技術について紹介します。

女性は褒められる事が大好きです。

だからこそモテる男になるために
彼女の心を動かすような褒める
フレーズを言う事が出来るスキルは、

非常に大きな武器になるのですが、

ここでクイズです。

出会ってまだ間もない女性の
どこを褒めれば良いのでしょうか?

「『キレイ』とか『可愛い』
は女性が誰でも喜びますよ〜」

確かに、、無難な答えですが、
嘘っぽさがバレる事があります。

「じゃあ、、『胸』とか『尻』を
褒めるべきなのでしょうか?…」

フフフ(笑)確かに嘘は無いでしょうが、
正直すぎて逆に引かれます。

「そうですね、彼女が
こだわっている部分を褒めるのでは…」

なかなか良い線ですが、
短期間にどうやってこだわりを
把握すれば良いのでしょう。

こう考えると、
女性を褒める技術と言うのは
なかなか奥深い事なのですが、

映画「アメリカン・プレジデント」
の中のシーンで、

マイケルダグラス扮する大統領が
妻を亡くしてから初めてのデートに
出かける場面があります。

その時、大統領の娘が

「靴を褒めるのよ、
女性は靴を褒められると弱いわ」

と父親に助言するシーンがあります。

そして大統領が半信半疑のまま
女性の靴をほめると

デートの相手は
その言葉に感激するシーンがありました。

スポンサーリンク

女性は外見を褒められたいもの

そうです。

女性は自分の外見に目をとめられ
褒められることが好きなのです。

中でも自分が磨いた
自信のある部分を褒めてもらいたいのです。

なにしろ彼女たちは

男性に綺麗だと思われるために
かなりの時間と労力を費やしているのです。

男がそれに気がつかなくてどうするのか?
と言う話しになります。

また当然のことながら
あまりにも性的な褒め言葉はいけません。

「その服を着てると、お○ぱいのラインが良いね〜
思わず触りたくなるよ」

…という褒め方は、
あらゆる恋の可能性をなくします。

そういった部分ではなく、
彼女の靴をほめてみましょう。

以前モテる男の靴の選び方
と言うテーマでも話しましたが、

女性は男の何倍もの時間と
労力を靴に注いでいます。

だからこそ靴に注目して
デート中に褒める男はモテるのです。

デート中に一度は外見を褒めよう

褒める事を苦手とする
日本人男性は多いですが、

デート中に一度は褒める事を
心がけておきましょう。

それが本当に素敵な靴だった場合には
靴をそのまま褒めるのもいいですし、

あるいはまたセンスが良いと褒めるのもいいです。

笑顔が素敵であると褒めるのもいいでしょう。

とにかく、何かいい所を見つけて褒めるのです。

もちろん「美人だ」「キレイだ」という
褒め言葉は誰にでも通用する
ルールとは言えます。

しかしこのルールにも
唯一の例外があります。

その女性がかなりの美人で

しかも自分でもそれに気が付いている場合、

男から褒められることが
珍しい事でもなんでもありません。

実際そういう女性の中には

褒め言葉を口にする男を
そのせいで非難する女性もいます。

ある女性はこう言います。

「よく顔や体を褒められるわ、

素敵だ、キレイだって
私を褒める男はたくさんいる…

でももっと別の褒め方はないの?
皆何も考えてないのね」

…と、

外見以上の部分を褒める男はモテる

もしもこういう女性を
褒める必要性に迫られた時に、

あまり人が目を向けない事に
注目すると良いでしょう。

例えば、

私の友人の伊藤君は

ある講演会で素敵な女性大島さんに出会いました。

大島さんは驚くほど美人でした。

ここで伊藤君は彼女の美しさの前で
ちやほやするか、ひざまづくかの
男たちの一人とされて終わりたくないと

こう褒めたのです。

「君は本当にきれいで足りない所はない

だけど君とデートしたいと思ったのは
あの講演会で君が質問するのを聞いた時なんだ

なんて興味深い質問をする女性なんだ
そんな女性のことをもっとよく知りたい」

伊藤君はあまり皆が注目しない事

つまり彼女の知性を褒めようとしたのです。

しかも彼は彼女の美しさを
認める事も忘れませんでした。

伊藤君の褒め言葉は大島さんの
心に強く響き、

既に聞き飽きている褒め言葉の
一つとして片づけられる事はなかったのです。

モテる褒め方をするには
観察眼やボキャブラリーなど

スキルを磨く必要があります。

が褒めて嫌われる事は無いので、
早速次回のデートから心がけて
女性を褒める事をやってみててください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>