子供、幼児が兄弟ケンカ、姉妹遊びを通じて学ぶ、一人っ子は不利

子供、幼児が兄弟ケンカ、姉妹遊びを通じて学ぶ、一人っ子は不利
今回のテーマは、

子供、幼児が兄弟ケンカ、姉妹遊びを
通じて学ぶ、一人っ子は不利

について紹介します。

「一人っ子は上手く育てにくい」

と良く言います。

親がかまいすぎて、
依存心の強い、

精神的に打たれ弱い
性格になる傾向がある
だけでなく、

兄弟姉妹からの刺激が
まったくないため、

それだけ脳の発達には
不利になってしまいます。

いくらお父さん、お母さんに
遊んでもらっても、

親は親です。

兄妹の代わりにはなりません。

また、兄弟姉妹と言っても、

五歳以上も歳が離れた
お兄ちゃんとお姉ちゃんでは、

遊び相手というより

保護者の役割を
演じてしまい、

小型のパパやママに
なってしまって、

やはり刺激と言う点では
不利になりがちです。

スポンサーリンク

兄弟ケンカ、姉妹遊びを通じて学ぶ事

「兄妹は他人の始まり」

といいますが、

二歳過ぎてから、

幼児、子供はそろそろ
家庭の外の、

他人の社会に入っていって、

社会性を獲得する準備を
しなければなりませんが、

いきなり、よその子供と
遊ぶには抵抗があり、

一足跳びには行かないのです。

そういうとき、

赤ちゃんの頃から、

家族の一員でありながら、

お父さんやお母さんと違って、

他人という要素を持つ、
お兄ちゃんやお姉ちゃん
との接触の経験、

それを通じた学習が、
役に立つのです。

例えば、

6~7ヶ月頃、

手に持ったオモチャを

お兄ちゃんがきて
もぎ取ろうとしたりします。

親は普通、こんな
ことはしませんね。

それまでは、取られても
平気でニコニコ笑っていたのに、

このころになると、

しっかり握って渡そうと
しなくなります。

幼児が兄弟ケンカ、姉妹遊びのメリット

無理に取られると、

怒りの感情をあらわにして
泣きわめきます。

所有欲ができたのです。

満一才が過ぎ、

ハイハイをして、

お姉ちゃんのおもちゃ箱から、
人形を持ち出しました。

お姉ちゃんがたちまち
飛んできて、

奪い返そうとします。

なかなか離さないと、

ひっぱたくかもしれません。

いくら泣きわめいていても、

お母さんのように
渡してはくれません。

子供はこう言う

兄弟姉妹のケンカの
なかから、

自分の物と他人の物の
区別を学んでいくのです。

一才半頃、熱心に
お絵描きをしているお兄ちゃんの
そばに行って、

弟は紙を引っ張ったり、
クレヨンに手を出したり、

邪魔をされたお兄ちゃんが、
癇癪を起こして
突き飛ばしました。

真っ赤な顔をして大声で
泣きわめき、

手足をばたつかせて
暴れたりします。

子供は一人っ子より兄妹がいる方が良い

あまりの騒々しさに
根負けしたお兄ちゃんが、

余分な紙とクレヨンを一本、
渡してくれました。

さっきまで泣いていた
弟ももう笑って、

お兄ちゃんの真似をして、
お絵描きを始めます。

もっとも、お兄ちゃんの
ように上手くかけるはずはなく、

めちゃくちゃな線を
引っ張るだけですが、

これは兄姉にとっても
弟妹にとっても、

発達のステップに応じた
社会性獲得への
良い刺激です。

一人っ子には味わえない
脳への刺激なのです。

兄弟姉妹遊びの
効果を考えるなら、

計画出産をして、

できれば二年おきくらいに
子供を作るのがいいでしょう。

人数は三人くらいが
望ましいでしょう。

二人兄妹では、

一人っ子を二人作る
のと同じ結果になる
恐れもあります。

子供、幼児の一人っ子は不利

一人っ子の場合は、

刺激の不足を補う為と、

幼稚園に行った時に、
上手く溶け込めるように、

赤ちゃんの時から
気を付ける必要があります。

ハイハイをし出したら、

同じ年頃の赤ちゃんの
ところへ連れて行ってあげましょう。

また、遊びが急速に
多様化する二歳頃からは、

公園の遊具のあるところや
砂場に連れて行って、

少し歳かさの幼児も
混じった遊びに、

参加させてあげましょう。

もっともまだ、一緒に
協同して遊ぶ事はできません。

初めのうちは、
他の子のする事をじっと
見ていて、

遊びを観察し、

自分でも真似し始めています。

しかし、お砂場遊びでも

自分勝手にやっているだけで、

よその子と一緒に
山やトンネルを造ったり
しようとはしません。

それどころか、

自分の山を作る為に、

人の作った物を
こわしたりします。

この頃の幼児はまだ
自己中心的なのです。

グループ遊びができるのは
三歳以降です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>