子供、幼児の記憶力と高めるテレビの見せ方、テレビ子守りの弊害


自然派育児の観点から見ると、

現代社会の文明というのは
子供の脳の教育に、

あまり良くないものが多いです。

人工的な刺激がやたら多く、

自然な刺激を与えにくくなります。

テレビを子守りに
させるのはよくないと、

良く言われます。

確かにその通りです。

子供の賢さを奪うものです。

しかし、現代の生活で、

子供の周囲から、テレビを完全に
締め出すのは不可能に近いです。

だからこそむしろ、

上手な見せ方を考えた方が
賢明なケースもあります。

この辺りも極端に考えると
バランスを崩しかねません。

だからこそ、

のんべんだらりと
見せるのではなく、

子供の発達段階を考えて、

知能の発育を助けるような番組を
選んでみせてやるということです。

平凡な事かもしれませんが、
そうするしかありません。

スポンサーリンク

受け身ではなく積極的に参加する

幼児向け番組では

「セサミストリート」

などは良いかもしれません。

「ディズニー」なども
よく考えて作られています。

ただ、

民放番組の中には

視聴率を気にする
スポンサーの圧力により、

ただ面白くしようとして
刺激的にするだけで、

あたらに人物やぬいぐるみの
奇妙な動きで、

子供の興味を引こうとして
ふざけすぎるものもあります。

あまり騒々しい物や、

画面の転換が早い物は、
敬遠した方が良いでしょう。

忘れては行けないのは、

幼児だけでぼーっと
テレビを見せるのではなく、

見せ方としては、

必ずお母さんがそばについていて、

画面で演じられる
ゲームを一緒にやったり、

歌を歌ったり、内容を
説明してあげたりする事です。

また、

「子ブタちゃんとウサギちゃん
どっちがかわいい?」

と感想を聞いたり、
番組が終わった後で、

「子ブタちゃんはオオカミに
食べられてしまったのかな?」

などと思い出させるのも
良いでしょう。

こうなれば遊びながらの教育です。

受動的に見せるのでなく
能動的に見せるのです。

これだけで変わってきます。

子供、幼児の記憶力を高めるテレビ

こうしてテレビを見せれば、
記憶力のトレーニングになります。

テレビは一方的
コミュニケーションで、

子供の側からテレビに
働きかける事はできませんから、

テレビを見ながら、

お母さんとコミュニケーション
する必要があるのです。

そして見るときは見て、
見ないときは消しておきます。

見てもいないのに付けっ放しで

音や映像だけ流していると、
幼児の脳に変な偏りができます。

また子供だけが、じっと
座って見ているだけでは、

言葉の発達の助けにもなりません。

しかし、幼稚園に入って
五歳児くらいになると、

テレビアニメなどを
全然見せていない子供は、

友人の話題に入っていけないで、
仲間はずれになる事があります。

これは悲しいことです。

だからこそある程度テレビを見せる
のもしょうがないという側面があり、

望ましい事では
決してありませんが、

これが現実です。

お友達の会話についていける
くらいはテレビも見せたり、

うまくバランスをとりましょう。

子供のテレビ子守りの弊害

五歳頃になると、

コミュニケーションの
手段も多様化してきて、

テレビの害に対する抵抗力も
ある程度ついてきますから、

多少の妥協もやむを
えないでしょう。

お父さんやお母さんが
あまり神経質になりすぎると、

逆効果を招く恐れもあります。

しかし、テレビを
付けっぱなしにする事だけは

絶対に避けましょう。

記憶力や脳に対する
弊害があるからです。

特に、受動的に
幼児にテレビを見せる、

「テレビ子守り」の害は、

はっきり現れています。

二歳を過ぎても、

ほとんど言葉を
しゃべられないのに、

テレビのコマーシャルだけは
上手に言える子供の家庭を
調べたところ、

赤ちゃんの時から付けっぱなしの
テレビのそばに寝かしていた事が
分かりました。

外で遊ばせる事がやはり一番

お母さんはきっと
忙しかったのでしょう。

あまり赤ちゃんを抱き上げて
語りかけたりはしなかったのですが、

赤ちゃんがむずかった時は、

テレビを付けると
静かになるので、

ついテレビを付けっぱなし
にしたという訳です。

もちろんたまには
しょうがないケースもあります。

もちろんそれぞれ環境が
違うことはあるでしょう。

でも、これでは、

幼児は本当のお母さんを
ままだとは思わず、

テレビがママなのだと
勘違いしてしまいます。

こんな不幸な事はありません。

あなたの家でも、

子供の部屋にテレビを
置いていませんか?

食事のとき、テレビを
つけっぱなしにしていませんか?

子供を置いて買い物に行くとき、

つい

「テレビを見せておけば
大人しくしているから」

と、テレビをつけて、
前に座らせたりしませんか?

住宅事情もあるでしょうが、

子供の部屋はなるべく別にして、

テレビから遠ざける事です。

また、できるだけ外へ連れ出して
遊ばせる方が良いのは当然です。

子供の脳の土台はしっかりと
自然のもので作ってあげる、

そして成熟してから少しずつ
人工物のバーチャルな世界も
理解させてあげるのが、

やはりスムーズな流れです。

家でテレビ、漫画、ゲーム、

に浸かってしまえば将来も
大きく影響するのです。

外で元気いっぱい遊ばせるのが
子供、幼児の記憶力と高める
方法なのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>