モテる男がデート中に使うロマンティックな言葉での会話術


今回のテーマは、

モテる男がデート中に使う
ロマンティックな言葉での会話術

について紹介します。

言葉と言うのは不思議なもので、

単なるコミュニケーションツール
と言うだけでなく、

そこに込められた意味、
使う単語によって

相手への印象は大きく変わるのです。

英語を勉強したことがある人は、

同じ意味を表す言葉が
たくさんあることに、

頭を悩ませたことがあるでしょう。

しかし普段無意識に使う
日本語でもそれは同じです。

そして、コミュニケーション
というのは相手にただ情報を伝える、

というだけではないのです。

デート中に私たちは意識的に
ロマンティックな言葉での会話術

これをこここがけなければいけません。

恋について女性と語り合うための
第一ステップとしては、

あなたの方から恋に関する
質問をする事です。

あなたはただ口を開き、
覚えてきたセリフを口にすればよいのです。

スポンサーリンク

デート中に使うロマンティックな言葉

例えしっくりこなくても構いません。

普段使い慣れていなければ
違和感を感じるかもしれません。

それでも良いのです。

まずは始めて見なければ、そこから
先へ進むことはできないのですから。

会話をロマンティックな方向へ持っていく

これがポイントです。

いったん女性がロマンティックな
恋愛の最高の思い出について語り始めたら、

あなたは自然と興味をかきたてられて、
話がはずむでしょう。

女性から逆に、

あなたの最高にロマンティックな
思い出について質問された時には

用意してきた通りに答えて
官能的な恋愛感情について話せばいいのです。

ロマンティックな会話が恋に発展させる

またあなたは女性に対して
力強さを感じさせる姿勢を取ります。

彼女に魅力を感じている事、

あなた自身が魅力的な男であることを
態度で示しましょう。

そして慣れてきてレベルが上がったら

魅惑的な単語を使うよう意識しましょう。

言葉にはロマンティックな言葉と
そうではない言葉があります。

例えば、

「尿」とか「質流れ」とか「抵当権」

といった言葉よりも

「魅せられた」「恋」「愛」という
言葉の方がずっとロマンティックです。

頭がおかしいと思われない程度に
できるだけ多くのロマンティックな言葉を
会話に盛り込むと良いでしょう。

つまり、自分でちょうど良いと思い以上に
ロマンティックな言葉を使い、

同時に他の話題も適度に織り込む事が
モテル男の会話のスキルと言えます。

モテる男が使う会話術の上級編

また必ずしもすべての
デートで有効という訳ではないのですが、

声の調子やトーンを変えたり
もしくはささやくようにしゃべるだけで、

二人のロマンティックな関係が
さらに一歩先に進むことがあります。

全く同じセリフを
声のトーンを変えるだけで
大きく変えてしまうのです。

ある種モテる男のロマンティックな
会話術の上級編とも言えますが、

ささやきの効果が大きい
理由はいくつかあります。

まず第一にささやくことによって

あなたは女性の注意をより強く
自分に引き付けることができます。

使う言葉だけでなく、
ここまで意識できれば、

さらにロマンティックな雰囲気を
演出することができるでしょう。

デートで彼女と親密になる心理学

ささやき作戦は効果的です。

なにしろ相手の女性は、

注意深く聞かなければ
あなたが何を言っているのか
聞き逃してしまうのですから

第二にささやき声で話す事によって

二人だけの小さな世界を
作り上げることができるからです。

世界で二人しか共有していない
会話をしているような気分になります。

第三に、

ささやくためには、

あなたは彼女に接近しなければなりません。

例えば、テーブル越しに
身を乗り出してささやこうとすると

あなたの口は危険なほど
彼女の耳に近づく事になります。

非常に親密な感じですが、

こういう状況なら
女性は受け入れやすいものです。

そしてこのことが、

後のあなたからの誘惑を
彼女にとって受け入れやすいものにするのです。

モテる男がデート中に使う
ロマンティックな言葉での会話術

ぜひ参考にし、
実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>